【草野球公式戦】2018年5月27日(日) 15: 00~ 二子玉川渋谷区野球場(面数当日)野球場 東京リボーン 4 対 17 松岡シーレックス

試合日程 | 2018年5月27日

4

2018年5月27日(日)
15: 00~
二子玉川渋谷区野球場(面数当日)野球場
[試合終了]

17

東京リボーン 0 0 2 0 0 2 4
松岡シーレックス 1 3 1 6 3 3 17
勝
武藤 真道(17)
1225 view 3試合 1勝1敗1S
負
平倉(90)
1783 view 1試合 0勝1敗0S

【試合結果】

2018年5月27日、東京スカイツリーグ・公式 東京リボーン対松岡シーレックスの一戦が二子玉川渋谷区野球場(面数当日)野球場で行われ、4 対 17で 松岡シーレックスが勝利した。

試合スタッツ(打者成績比較)

先攻/後攻










































.3600.520 0.37027254921041001105011

.3870.806 0.54842311712241139000833040

試合スタッツ(投手成績比較)

チーム名


















|














|





19.836(0)000010151292201717

2.336(0)100100505100042

東京リボーン 藤城(10) の試合後のコメント

【東京リボーン】

藤城(10)
1240 view

今回の試合を振り返ってみて?

本年度初戦でしたが、昨年度からメンバー変更もあり、新戦力での挑戦となりました。
今年のテーマ「超変革」に沿って練習試合からいろんなポジション、打順をそれぞれに経験してもらい今回の試合に臨みました。
先発投手として平倉はいつも通りのテンポの良さとコントロールの良さがあり、打線でも3番で安打も出てチームの中心として活躍してくれました。
肥沼は相手に的を絞らせないリードで平倉、角島を引っ張ってくれました。打撃でもチームの今期初安打を放ち存在感を見せつけてくれました。
村井は初の一塁手としての出場となりましたが、守備での安定感、安打も放つなど打席でも存在感を示しました。
矢野はリーディングヒッターとして、2三振はありましたが、2三振で松岡シーレックス様の先発投手(森川様)の投球をじっくり見てからの3打席目で見事な安打、その後チームの今期初となる盗塁でチームを引っ張ってくれました。
本年度から新加入となる北元は安打で出塁して、今後にも期待できる活躍をしてくれました。
清藤は安打こそ出なかったものの守備でのエラーもなくランナーコーチや声出しなど積極的にチームを盛り上げてくれました。
角島は4番としての威圧感、緊急登板からの気迫あふれる投球でチームに活を入れてくれました。
藤城はフォアボール、ショート後ろへのポテンヒットと地味な活躍でした。守備でもバウンドを見誤りまたバンザイしまいました。
最後になりましたが、松岡シーレックス様の明るく元気な雰囲気に当チームも楽しくプレーすることができました。誠にありがとうございました。

東京リボーン 投手陣の調子は?

平倉はストレート、変化球ともに調子は悪くなかったと思います。
ストライクも先行しており、序盤はいつも以上のピッチングができました。
2回裏に2アウトを取ったあと、3者連続フォアボール等もあり、球数が多くなってしまい、スタミナの苦しくなった4回裏に連打をあびることとなってしまいました。
平倉のスタミナを考慮できなかった点が悔やまれました。
緊急登板となった角島はストレートで押していく強気な投球ができました。
ランナーをためてしまってから長打を浴びてしまったことが悔やまれます。
しかし、緊急登板から安定した投球ができたと思います。
きわどい投手ゴロをファインプレーでアウトを取ったあとは気合で投げ切ってくれました。

東京リボーン 打線の調子は?

全体的にバットは振れていたと思います。松岡シーレックス様の先発投手(森川様)のコントロールよくストライクゾーンギリギリに決まってくるストレートと大きく変化するスライダーの前に的を絞り切れず、ランナーを出すことはできたものの続くことができませんでした。
先取点を許した試合展開となったため、早めに追いつくことができませんでした。
矢野の盗塁、新加入の北元の安打と今後の当チームを引っ張っていく2人の活躍が明るい話題となりました。

ポイントとなったイニングは?

打撃の面では、4点ビハインドの3回表藤城のフォアボールから助っ人2名の連続長打もあり、ここまで抑え込まれていた松岡シーレックス様の先発投手(森川様)から2点を奪取することに成功しましたが、丁寧なピッチングの前に、3者連続三振を喫してしまいました。
各バッターとも粘りながら球数を多く投げながらとなりましたが、追加点が取れなかったことが悔やまれました。
投球・守備面では、守備は大きな乱れもなく、角島のファインプレーもあり良かったと思います。
1回裏に被本塁打を浴びたもののここまでストレートと変化球でストライクも先行して、相手に的を絞らせない投球をしていた平倉が2回表簡単に2アウトを取ったあと、2者連続で長打を浴び、続く3者連続四球で球数を多く投げさせられてしまいスタミナを大きく奪われました。
3回裏は気迫あふれる投球で抑えきったあと、スタミナを考慮して、早めに投手交代の判断ができなかったことが今回の敗戦の一番の原因だと思います。

次戦に向けての意気込みをお聞かせください!

点差は大きくついてしまったものの今回の試合では打線も調子は悪くなかったと思います。
出塁すること自体が少ない試合でしたが、矢野の盗塁もあり、今後は足を絡めて有利に進めていきたいと思います。
投手陣も平倉、角島とストレートと変化球ともに調子は良かったと思います。
他のメンバーも含め、継投することで安定して抑えていくことができると思います。
昨年度からメンバーも変わってしまったこともありましたが、本年度は昨年度と比べても戦力的に遜色なく打撃および投球、守備ともにバランスよくまとまっていると思います。
次は当チームのバランスの良さで先行であれば打撃から、後攻であれば投球、守備からリズムを作って勝ちたいと思います。

打撃成績一覧


選手名
OPS







1
2
3
4
5
6
7
8
9
1矢野(2)
1261 view
-.000011010三振三振ニ安
2村井(19)
346 view

-.000100000中飛三振左安(1)
3平倉(90)
1783 view
-.000000000一ゴ一ゴ遊安
4角島(69)
947 view
-.000000001三飛遊ゴニ飛
5肥沼(27)
705 view
-.000000000一安一ゴ遊ゴ
6清藤(51)
595 view
-.000000000捕飛三ゴ
7北元(31)
102 view
-.000000000一ゴ遊安
8藤城(10)
1240 view

-.000010000四球遊安
9助っ人(98)
184 view

-.000110000左2(1)三振
10助っ人(98)
184 view

-.000110000安2(1)中3
11助っ人(98)
184 view

-.000100000三振犠飛(1)


東京リボーン 4 0 0 2 0 0 2


松岡シーレックス 17 1 3 1 6 3 3

選手名
OPS







1
2
3
4
5
6
7
8
9
1沼田 英斗(24)
769 view
-.000021000敵失四球中安
ア飛
敵失
2塩野谷 一樹(7)
284 view
-.500220000三飛四球中3(2)四球四球
3藤田(9)
57 view
-.000421030左走本(1)四球(1)三ゴ(1)ニ飛左3(3)
4森川(26)
56 view

-.000011010三飛中飛邪飛三安三飛
5織田 広慈(13)
581 view

-.500032000ニゴ四球四球四球投ゴ
6武藤 真道(17)
1225 view

-.000133000右ゴ遊安右2(1)死球空三振
7三井 良太(23)
480 view

-.000400000見三振邪飛左安(1)左3(3)
8若松(16)
53 view
-.000DH110000右安(1)一飛空三振中飛
9川原 暖(20)
863 view

-.167131000中3(1)死球
死球
左2
10川原 靖司(30)
1369 view

-.000000000

...OPS:0.1000を越えた規格外の強打者    ...OPS:0.0900を越えたリーグ屈指の強打者    -...規定打席未満

[経験(経験LV)]
…草野球のみ …小学野球まで …中学野球(高校野球1年以内)まで 高大…それ以上 助マ…助っ人・マネージャー

規定打席は、2.3月:3打席、4.5月:8打席、6.7.8月:12打席、9.10月:17打席にて計算

打撃成績一覧の打率は試合前日までの打率を表示。

打撃成績・打撃結果の見方について

松岡シーレックス 川原 靖司(30) の試合後のコメント

【松岡シーレックス】

川原 靖司(30)
1369 view

今回の試合を振り返ってみて?

東京リボーン様、この度は対戦いただきましてありがとうございました!

天候も良く、時間帯も昼過ぎから夕方にかけてと、絶好の野球日和でしたね。

昨年1年全休した当方ですが、ようやく4試合目(練習試合を1試合含む)にして「シーレックスらしさ」が戻ってきたと思います。

新しいメンバーも迎えながらの試合となりましたが、いい意味でみんな砕けた雰囲気で試合を運べたのが今回の勝因かな、と思っております。

毎回加点できたことは出来過ぎですが、各選手が失敗を恐れずにどんどんトライしてくれたことは、非常に心強かったです。

また、東京リボーン様の皆様もそれぞれ人当たりの柔らかな方々ばかりで、最後まで楽しく試合ができたこと、改めて感謝申し上げます。

松岡シーレックス 投手陣の調子は?

今日は先発した武藤と心中するつもりでした。

私は捕手で受けていたのですが、調子は決して良くはなかったと思います。

真っ直ぐはともかく、変化球が最初の3イニングくらいはキレがあまりよくなく、リードに困った場面もありましたが、幸い彼のもう一つの持ち味である制球が安定していたので、何とかしのぐことができました。

明らかにアップ不足だったのがわかったので、攻撃時に武藤が出塁した時にはすべて走らせたのが後半のボールのキレに繋がったのかな、と思います。

彼に関しては、毎回のように書いていますが、小さくまとまってほしくないので要求は天井知らすで求めています。

M球に慣れてくれば、もっと色々できるポテンシャルがあるので、これからが楽しみです

松岡シーレックス 打線の調子は?

先発で出場した選手全員が出塁、唯一安打のなかった織田も3出塁しているので、文句なしです。

特に8番に入った若松は、野球の試合自体、本試合が人生初、という中で、初打席初安打初打点と清宮君もびっくりのスタートで、その後もセンターに惜しいライナーを打つなど、改めて野球は経験と同じくらい「好き」という気持ちも大切なんだな、と感じました。

攻撃面では、盗塁の際でも自分が行ける、と思った時には打っていい、と試合前に伝えていました。とにかく、ひとつ先の塁を、泥臭く取っていくこと。ここを徹底したかったからです。

走塁面でも、3回に武藤が出塁→盗塁後、7番三井のファースト後方のファールフライで2塁からタッチアップを狙って、結果はアウトでしたが、まさにシーレックス野球を体現してくれたと思います。

その他、ランエンドヒットの形となるも、うまく転がすことができずに併殺が2回ありましたが、その積極性の方が大事なので、次の試合以降も同じ形で行けるよう、どんどん自分たちで考えて動いて欲しいと思います。

ポイントとなったイニングは?

攻撃面では、全ての回でいい攻めができていたので、これ、と上げるのが難しいのですが、あえてあげるならまず初回でしょうか。

1番の沼田が出塁するも、2番の塩野谷のランエンドヒットが併殺になり2死。そこから新加入の3番藤田がレフト線を痛烈に破るランニングホームランで得点できたことで、チーム全体が一気にリズムに乗れたと思います。

その後の2回も2死から7番三井の振り逃げで出塁後、8番若松、9番川原(暖)の連続タイムリー、1番沼田、2番塩野谷、3番藤田の連続四球で加点できたことも大きかったですね。

その後はみんな結果を恐れずに思いっきりスイングしていたことが、その後の長短打に繋がっていったので、この感じを大事にしていきたいです。

守備面では失点した回はすべてエラーがらみではあったのですが、エラーしたことよりもその後の方が大事、という意識をみんな持って臨んでくれていたので、これからもどんどんまずはグラブにあきらめずに当てることを重視していきたいですね。

次戦に向けての意気込みをお聞かせください!

3戦消化して2勝1敗ですが、今回の試合は試合結果以上にチームとしての結束力が一段上に上がった手ごたえがありました。

印象的だったのが、5番の織田が、打席内でファールを打った後、相手捕手様が外したマスクを再三拭いて手渡していたことや、ファールボールを自発的に取りに行ったり、グラウンド整備をこちらが声をかける前に自発的にやったり、と当たり前のことを自分たちでしっかりとやってくれたことには、驚きとともに改めて、いいメンバーに恵まれたな、と思っております。

試合ですから、当然勝敗にもこだわっていきたいですが、その前の「人として」の部分を大事に、次戦もモットーである「一戦必笑」で、相手チーム様と一緒に野球を楽しみたいと思います。

投手成績一覧





選手名





















|

1
平倉(90)
1783 view
25.673回1/3
11111519120
2
角島(69)
947 view
21.002回2/3
661416000




選手名





















|

1
武藤 真道(17)
1225 view

1.626回0/3
245105000

注目されている選手

1

東京リボーン
8小松

特命係。2017よりキャプテンに就任
積極的な打撃と輝く守備で正真正銘のリボーンの要。
ムードメーカーでもあり、精神的にも欠かせない存在。

2692 view

2

松岡シーレックス
3工藤 淳輝

チーム期待のスラッガー。
山中とクリーンナップを固める主砲。
リードにも定評あり。
ムードメーカーも兼ねる万能型宴会部長!!

2128 view

3

松岡シーレックス
1松岡 忍

チーム名の冠にもなっている我がチームの大黒柱。

今季からオーナ兼名誉総監督として名実ともにチームの象徴に!

2048 view

4

東京リボーン
90平倉

最強の雨男、リボーンの大黒柱。
この人の機嫌を損ねると雨が降ります。
最年長ながら日々進化し続ける男。
投げて、打ってと手がつけられなくなってきている二刀流。

1783 view

5

東京リボーン
4日沖

週末の野球のために生きる男。
年老いた体と壊れた肩がネック。
何事にも形から入るバカヤロー。

(応援歌)
輝く栄光 突き進めこの

1549 view

6

松岡シーレックス
12山中 威

我がチームの誇る、万能プレーヤー。
そのキャプテンシーは、主将もタジタジ・・・。

特に捕手での出場時の安定感は抜群!!

1406 view

7

松岡シーレックス
30川原 靖司

今季から兼任監督に就任。

続々と集まる新戦力に危機感を抱き、寄る年に波に必死になって抵抗しながら、レギュラー奪取に向けて奮闘中

1369 view

8

松岡シーレックス
22池田 翔陽

武藤と並ぶ、投手の2枚看板。
老練なピッチングで打者を翻弄する。

今季からキャプテンに就任して、さらにチームに欠かせない存在に!

1290 view

9

東京リボーン
2矢野

外野以外は全てこなせるユーティリティープレイヤー!
チャンスで輝く強打で今年こそは打点王に輝くか!?


駆け抜けるスタジアム 君の勇姿

1261 view

10

東京リボーン
10藤城

行動が早い。
常に1時間前到着は当たり前。
最近走り込みしてると噂。
なぜか靴がボロボロ。
だが本人はタフ。

1240 view

過去の対戦成績

初対戦となります。

東京リボーンと松岡シーレックスの現在の成績比較

東京リボーン(最近7試合の結果)
2018
7/16
2018
8/11
2018
8/18
2018
8/25
2018
9/15
2018
9/24
2018
10/13







-

2018年のリーグ成績:251

松岡シーレックス(最近7試合の結果)
2018
3/18
2018
4/1
2018
5/27
2018
6/3
2018
6/17
2018
8/12
2018
8/26







2018年のリーグ成績:430

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■T168cm B87(C) W58 H87
■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司

183088 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキが合言葉の野球少年。

168810 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166020 view

4

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130848 view

5

マガジンズ
32TAKEO KIKUCHI

暗黒時代を知るマガジンズ監督。「頑張るときはいつも今!」を合言葉に手にマメを作る32歳。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128329 view

437

view

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!