【スカイツ・リベンジカップ戦】2019年5月18日(土) 14: 00~ 亀戸野球場 A面野球場 HYBRIDS 6 対 4 ワセダレッズ

試合日程 | 2019年5月18日

6

2019年5月18日(土)
14: 00~
亀戸野球場 A面野球場
[試合終了]

4

HYBRIDS 0 0 0 3 0 0 3 6
ワセダレッズ 0 1 2 0 0 1 0 4
勝
クロカワ(96)
2498 view 7試合 4勝3敗0S
負
イナガキ(8)
1308 view 0試合 0勝0敗0S

【試合結果】

2019年5月18日、東京スカイツリーグ・スカイツ・リベンジカップ HYBRIDS対ワセダレッズの一戦が亀戸野球場 A面野球場で行われ、6 対 4で HYBRIDSが勝利した。

試合スタッツ(打者成績比較)

先攻/後攻










































.2120.242 0.25735336710056000114010

.2590.556 0.37532273731130000414000

試合スタッツ(投手成績比較)

チーム名


















|














|





3.007(0)100100714410043

0.009(0)000010604113060

HYBRIDS 市川(監督・渉外)(100) の試合後のコメント

【HYBRIDS】

市川(監督・渉外)(100)
96 view

今回の試合を振り返ってみて?

39度のとろけそうな脳。
金曜夕方の微熱が、日付が回る頃には一気に上昇、扁桃腺も痛みあがる。
一縷の望みを賭けた薬でも太刀打ちできず朝の体温39度。
季節の変わり目かストレスか。
耳鼻科で早く診察してもらうべく開院1時間前から並ぶ。
並びながら、試合参加メンバーに連絡を取る。
・熱が出た
・預かってる道具を最寄り駅まで受け取りに来てくれ
・最終オーダーは、参謀のシゲノに
・監督代行は、倉本に
・会計は、コサカに
これらを決めながら診察、検査、点滴、処方箋で10時。
患者の順番は50番。

自宅に戻り、蕎麦と薬を流し込み、道具の準備をする。
12時過ぎ、駅で倉本と助っ人・モリに道具を渡す。
自分のユニフォームを入れて、ベンチに飾ってくれるようにお願いした。
帰宅し、布団に横臥する。
高熱のときは熟睡できない。
私以外初めての亀戸野球場、みんな無事に辿りつけるだろうか。
亀戸で最後に野球をしたのは、何年だ?
メンバーのSが結婚式を挙げた翌日だ。
挙式翌日なのに新郎も来て、Yは挙式当夜の新婚夫婦宅に泊まって、Uのカメラが壊れた。
数珠つなぎに記憶を戻すと、2009年秋以来だと確信した。
初めてM先生とK先生に会ったのも亀戸、あれは2010年春か。
帰り道、外国人女性を両脇に抱えたおっちゃんのポケットから札束がポロリと落ちて、それをおっちゃんに渡したのも亀戸だ。

10年近く亀戸に行っていないのか。
亀戸野球場で試合に出たメンバーで、今も残っているのは私ともう1人しかいない。
人は流れるし、熱は下がる。
スマホがあれば、初めての場所にも行けよう。

今日はワセダレッズとの再試合。
前回4月は良く引き分けた。
エース・クロカワの球は捉えられていたが、いつもどおり粘りのピッチング。
2ケタ安打は許したが、長打は1本だ。
こちらの打線も、シゲノの指示通りにチャンスを作った。
両チームとも「あと1本でれば…」という後悔はあっただろう。
この日参加の強打者エンドウが整列直前に腰の故障がなければ…。
しかし、こちらからすればレッズ相手によく引き分けに持ち込んだという達成感だ。
もう1試合できる。
2試合できるのは、2回戦進出と一緒だ。
トーナメント2つのマッチングは大変だし、今日負けても悔いなしだ。

14時を回りそうだった。
試合が始まる。
結果は2時間後、とにかく寝るしかない。
しかしまだ熱を帯びた脳だと、睡眠が浅い。

H 000004
R 63000×

先攻は予想通り。序盤、強力レッズ打線が2回目の対戦のクロカワを攻略。
序盤の大量点で主導権。
3回以降は試合が落ち着くも、攻撃も落ち着いたまま。
グラウンド使用時間終了間際の6回表、4点を返してゲームセット。

浅い睡眠が見せる胡蝶の夢は、亀戸の試合経過を告げていた。
妙にリアルな夢だ。
負けるならこれしかない。
スマホは16:50と、新着メールを表示していた。
コサカとシゲノからだった。

「見てるかい…やったよ俺たち…」

添付画像にはスコアと、ベンチに飾られた背番号1のユニフォーム。
同点の6回裏に勝ち越され、7回表に逆転し、裏をゼロでしめる。
スコアだけでも激闘だったことが分かる。
体温計は37度に下がっていた。

道具の受け渡しについてコサカと連絡しながら、送られてきたスコアブックの画像を見た。
「S(盗塁)」の多さが目立つ。レッズは長打攻勢。最終回表は無死23塁から二死23塁まで追い詰められた。その裏は二死満塁。どちらが勝ってもおかしくない試合だった。

19時過ぎ、最寄駅でコサカから道具を受け取る。7回表、決勝の2点タイムリーを打ったヒーローだ。
10分ほど話し込んだだろうか。
自分のチームの、自分がいない試合の話が面白い。
MVPがホームに上り、私は帰宅する。

HYBRIDS 投手陣の調子は?

先発は、エース・クロカワ。
7回完投、被安打7、与四死球5、奪三振4、失点4。
ナイスピッチング。
いつもより与四死球が多いが、強力レッズ打線が相手だからコースを攻めるしかないから仕方ない。
奪三振がいつもより多いのがその証左だ。
イルトン選手をはじめ、3-6番の中軸から三振を奪ってる!
被安打7のうち、長打が6!
リーグ屈指の重量打線。
逆に6長打で4失点に抑えるのが、クロカワ・ヨネヤマバッテリーの真骨頂。
そして、守備陣もよく頑張った。
特に倉本・モリのゴリラーズ三遊間が固かった。
感謝!

HYBRIDS 打線の調子は?

レッズ打線に比して、こちらの長打は1本。
与四死球も2個しかもらえず。
その分、盗塁など足が活躍しました。
ヨネヤマの3盗塁はじめ6盗塁。
また、4回表1死3塁では、3走のソネが野選を誘う走塁は野球脳溢れていました。

攻撃のハイライトは、7回表。
3-4の1点ビハインドも、無死23塁。
しかし、リリーフエース・イナガキ投手が踏ん張って二死23塁。
万事休すで、6番・ともや。
「4月に出場した対戦経験のあるメンバーを上位打順へ」という作戦から今日は6番も、普段は4番。
仕事人は冷静。だから土壇場に強い。
3ボール1ストライクから叩きつけた打球は高く上がり、3走が還り同点。
続く7番・コサカ。
前回のレッズ戦でもセンター前安打、2週間前のリーグ外の試合でも現役大学生投手からチーム唯一の長打、チーム勝利打点王。
2ストライクに追い込まれてから、低い弾道でセンターに抜ける勝ち越し2点タイムリー。

打点5は、6-9番で。
「上位がチャンスを作り、下位が返す」という『線』でした。

ポイントとなったイニングは?

7回裏。
先頭の9番・ウソン選手をライト前で出し、上位へ。
1番、2番を冷静に抑えて、2死2塁。
迎えるは、イルトン選手。
4回には柵越ツーランの放っている主砲。

7回表、倉本監督代行とシゲノ参謀はこの場面を想定していました。
「イルトン選手は、一塁が空いてたら敬遠。走者無しでも状況次第で敬遠」
柵越を踏まえ、敬遠策を念頭においていました。

2点差の2死2塁、敬遠すれば2死12塁。
同点のランナーを出してしまうし、次の4番・ユウキ選手、5番・ギフン選手も前の打席で長打。
ホームランならサヨナラ。
完全な賭け。
しかも、ユウキ選手に死球を与えて、満塁にしてしまうという誤算。
(シゲノ参謀はこの瞬間に青ざめたとか…)
何とか抑えましたが、この回の勝負の天秤は一球に両ベンチに傾いていただかもしれません。

次戦に向けての意気込みをお聞かせください!

ワセダレッズの皆さま、このたびは対戦、グラウンド&審判手配まことにありがとうございました。
また当方の監督兼渉外担当不在のため、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

リベンジカップ優勝候補ワセダレッズさんにまさかの勝利。とはいえ強いチームはまだまだまだまだあるわけで。
2回戦はZaK Japanさん。昨年の対戦は引き分け。また激戦不可避です。
今日の勝利でもう1試合スカイツリーグで試合ができるのが嬉しいです。

チームとしては今週末にパワーオブザゴリラーズとのリーグ戦。
この試合を監督代行してくれた倉本チームとです。今までは勝ってますが、実力はもう抜かれているか。何とか草野球経験値で乗り切りたいと思います。

打撃成績一覧


選手名
OPS







1
2
3
4
5
6
7
8
9
1シゲノ(15)
2636 view


1.058
.407000000中飛遊安三ゴ三ゴ
2ヨネヤマ(99)
923 view
0.625.240013000遊失左安三振遊失
3クロカワ(96)
2498 view
0.561.233011000遊ゴ三ゴ遊ゴ中安
4ひろぽん(37)
1163 view

1.333
.667010000三振右2遊失遊飛
5ソネ(11)
161 view
0.655.227011000中飛一失中飛三振
6ともや(31)
1988 view

1.167
.500111010遊ゴ左飛三振三安(1)
7コサカ(59)
1769 view
0.502.172210000投ゴ三選四球中安(2)
8倉本(55)
1487 view


1.467
.667100000ニゴ右安(1)死球三ゴ
9モリ(助っ人)(217)
22 view

--100000三ゴ遊ゴ(1)ニ飛


HYBRIDS 6 0 0 0 3 0 0 3


ワセダレッズ 4 0 1 2 0 0 1 0

選手名
OPS







1
2
3
4
5
6
7
8
9
1ヒョジュン(6)
811 view

1.089
.286000000投ゴ四球三ゴ三ゴ
2イナガキ(8)
1308 view
0.444.000DH010000遊ゴニゴ三ゴ三ゴ
3イルトン(10)
2660 view


1.038
.400210000右2右本(2)三振敬遠
4ユウキ(5)
1039 view

0.413.182010000三振四球右3死球
5ギフン(47)
44 view


2.000
1.000100000三ゴ投ゴ中2(1)三振
6ヨンウン(7)
1491 view
0.490.182000000左2左安三振
7グァンヒ(21)
50 view

0.762.333000000三失三ゴ遊ゴ
8ゴニ(52)
711 view
0.333.000000000左飛四球
守備交代ミンギュ(38)
18 view
--000000投ゴ
9ウソン(33)
17 view
--000000投ゴ遊ゴ右安

...OPS:0.1000を越えた規格外の強打者    ...OPS:0.0900を越えたリーグ屈指の強打者    -...規定打席未満

[経験(経験LV)]
…草野球のみ …小学野球まで …中学野球(高校野球1年以内)まで 高大…それ以上 助マ…助っ人・マネージャー

規定打席は、2.3月:3打席、4.5月:8打席、6.7.8月:12打席、9.10月:17打席にて計算

打撃成績一覧のOPSと打率は試合直前までの成績を表示しています。

打撃成績・打撃結果の見方について

ワセダレッズ イルトン(10) の試合後のコメント

【ワセダレッズ】

イルトン(10)
2660 view

今回の試合を振り返ってみて?

HYBRIDS様、この度は対戦有難うございました。
引き分け再試合の大事な試合でした。
何とか勝利をしたかったんですが、終盤の集中力の差が出てしまいました。
守備では基本的なエラーが少し目立ち、しっかり試合に臨む準備が不足していましたね。

ワセダレッズ 投手陣の調子は?

先発サンドクは、いつも通りのスタートでまずまずの投球をしてくれました。
中盤、失点をしながらもなんとか踏ん張ってくれましたね。
そのあとのイナガキは決して悪くはなかったのですが、味方の不運なエラーがあり、
最後は適時打を許してしまいました。

ワセダレッズ 打線の調子は?

相変わらず、相手投手の緩急に見事に翻弄されました。
打席でどっちに絞って打つか明確にしてあげればよかったですね。
監督として、しっかり、もう1点をとる采配をするべきでしたね。
非常に悔やまれます。

ポイントとなったイニングは?

6回の勝ち越しをした攻撃の場面ですね。
1点で終わってしまい、非常に悔やまれます。
結果からポイントになってしまった回になりましたね。

次戦に向けての意気込みをお聞かせください!

今年のリベンジカップは終わってしまいました。
また、上を向いて次の試合の準備をしっかりしていきます。
これからどんどん暑くなってきますが、試合でも熱い試合をしていきたいですね。

投手成績一覧





選手名





















|

1
クロカワ(96)
2498 view
2.747回0/3
344417100




選手名





















|

1
サンドク(99)
825 view
5.005回3/3
032004030
2
イナガキ(8)
1308 view
0.002回3/3
032112000

HYBRIDSの熱戦フォト

注目されている選手

1

ワセダレッズ
10イルトン

監督一本に専念。自慢の豪打に期待大。

2660 view

2

HYBRIDS
15シゲノ

軍師。
18年の躍進の立役者。
打ってはチーム三冠王。
リーグ最多安打を今年こそ獲得する。
膝に爆弾があることをチーム全員忘れているが、それくら

2636 view

3

HYBRIDS
96クロカワ

新エース。
18年はキャリアハイの73イニング5勝。
ノーヒットノーランも達成。
制球力は健在。
テンポ良いピッチングが、守備にリズムを作る。<

2498 view

4

HYBRIDS
31ともや

4番。
4番のプレッシャーに負けない数少ない選手。
チームフミハナ戦は、堂々たる4番の風格で同点の押し出し四球をもぎとった。
腰痛からの完全復帰を熱望。

1988 view

5

ワセダレッズ
28ジョンイル

早く、彼のチーム完全復帰が待ち遠しい。
今シーズン中かな?

1927 view

6

HYBRIDS
2カトウ

※ HYBRIDSの正規メンバーですが、スカイツリーグ所属の別チームとの掛け持ち(パワーオブザゴリラーズ)。
そのため2019年シーズンよりHYBRIDSのスカイツリーグ登録は助っ人扱い

1876 view

7

HYBRIDS
1牛丼太郎

ベンチウォームが板についてきた。
プレーでチームの役に立ちたいが、頭合わせが精いっぱい。
打撃成績は隔年で変動。
19年は上昇年だが、どうなるか。

1784 view

8

HYBRIDS
59コサカ

渡辺WINSキラー。
WINS戦に滅法強い。
フミハナ・池貝投手からのタイムリー、プレアデス・けん投手からマルチなど、スカイツ好投手相手にも活躍。
自身のリー

1769 view

9

HYBRIDS
3エンドウ

大エース。
18年は2試合の出場も、初めて握るM球にもすぐ対応した。
投打の要。
エンドウの復帰が最大の補強。

(2018年)<

1730 view

10

ワセダレッズ
7ヨンウン

チームの財務省。
チーム予算をもう少し増やしてください!!

1491 view

ワセダレッズの関連記事

まだ関連記事はありません。

過去の対戦成績

対戦形式日付/球場先攻スコア/
開始時間
後攻先攻
先発投手
責任投手後攻
先発投手
詳細
RC2019年04月13日
大井ふ頭中央海浜公園 F面

ワセダレッズ
4 対 4
13:00~

HYBRIDS
サンドク(99)
825 view
クロカワ(96)
2498 view
詳細

HYBRIDSとワセダレッズの現在の成績比較

HYBRIDS(最近7試合の結果)
2019
6/1
2019
6/8
2019
6/15
2019
7/14
2019
7/20
2019
7/27
2019
8/10







------

【2019年の試合結果】
リーグ成績(530 分) / 全成績(841 分)

ワセダレッズ(最近7試合の結果)
2019
6/1
2019
6/8
2019
6/15
2019
6/22
2019
6/29
2019
6/29
2019
7/27







---

【2019年の試合結果】
リーグ成績(130 分) / 全成績(351 分)

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

184834 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキから焼酎ロックへ

181916 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
①1971.11.23生(176.85)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ

171080 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

147807 view

471

view

レジェンドカップ

サテライトシリーズ

島の少年少女が離島甲子園に出場する為に応援サポーター募集中