2016年 草野球ワールドシリーズの対戦期限や不戦敗の決定方法について

 | 2016年7月19日

2016年 草野球ワールドシリーズの対戦期限や不戦敗の決定方法を下記に記載いたします。

▼組み合わせ表
http://ts-league.com/game/cup.php?id=11

【WS グループA】
1.ボードベースボールクラブ(品川区)44.0 pt
2.BBジャンキーズ(豊島区)34.5 pt
3.ヤングメン(墨田区)31.71 pt
4.雑魚軍(練馬区)26.4 pt

【WS グループB】
1.ドンマイ・ロックス(大田区)41.7 pt
2.プレアデス(板橋区)38.3 pt
3.不動前ECE(品川区)33.2 pt
4.raVens(練馬区)26.5 pt

▼2016年 草野球ワールドシリーズ
http://ts-league.com/game/cup.php?id=11
※トロフィー:優勝チーム、準優勝チーム
※景品:優勝チーム、準優勝チーム

▼グループ戦について
・グループ戦は対戦期限までに最大3試合を行うことができる。
・Aグループ、Bグループ関係なく対戦することができる。
ただし、順位表はAグループ、Bグループのそれぞれ上位2チームが勝ち上がりとなる。
・同じチームとの対戦は不可とする。
・勝ち上がり条件は通常のリーグ戦と同じとする。
勝→6、引→5、負→4、未消化→0。勝ち点が同点の場合は得失点、得点数、試合数の順で上位にする。
・不戦勝敗の決定方法は適用されない。

▼トーナメント戦について
・グループ戦上位2チームのみが進出することができる。
・トーナメント初戦は、グループA1位とグループB2位、グループA2位とグループB1位との対戦とする。
・不戦勝敗の決定方法が適用される。

▼対戦期限
対戦の遅延が予想されるため、下記対戦期限を設定してあります。
対戦期限を超えた場合は、下記の【1】から【3】の順番に判断し、不戦勝敗を決定します。

-----------------------

グループ戦(最大3試合) 11月27日(日)まで
準決勝          12月25日(日)まで
決勝戦は年内または別途調整(例えば来年リーグ開幕前に大きな球場を確保してなども可)

-----------------------

▼不戦勝敗の決定方法

【1】対戦の打診回数
グランドを確保し、対戦チームに打診した回数の差
※9:00以降開始~17:00以前開始のグランドに限る。
※東京23区の土日祝グランドに限る
例)17:00-19:00の打診→打診回数に含む。
例)19:00-21:00の打診→打診回数に含まない。

【2】連絡の遅延回数
出場しているトーナメント・カップ戦の自チームに関係している試合に関するリーグ管理人からの連絡に返答が3日以上経過した回数
例)管理人からの進捗状況の確認メールに3日目に返答→遅延回数に含む。
例)管理人からの進捗状況の確認メールに2日目に返答→遅延回数に含まない。

【3】ジャンケン
チーム代表者によるジャンケンにより勝敗を決定
双方から5回分のジャンケンを管理人にメールで連絡し、双方の勝敗数で勝敗を決定する。
※決着が付かなかった場合はサドンデス制とする。
例)Aチームからのジャンケンメール「グー、チョキ、パー、パー、グー」
例)Bチームからのジャンケンメール「グー、パー、チョキ、グー、グー」
その結果、Aチームが2勝1負2分、Bチームが1勝2負2分のため、Aチームが次の試合に出場決定

▼ランキングポイント
http://ts-league.com/game/rank.php

その他不明点などあればご連絡ください!

797

view

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!