[公式戦レビュー]ランキングポイント4位の強豪・Pe Angels相手に、考える野球が炸裂!勝利に飢えたTOKYO SKYHAWKSが約一か月ぶりの価値ある一勝!(TOKYO SKYHAWKS 6 対 1 Pe Angels)

 | 2018年6月18日

Pe Angelsの二倍以上の安打数を放ったTOKYO SKYHAWKS=試合スタッツ(打者成績比較)

果敢なヘッドスライディングを見せたTOKYO SKYHAWKSの藤井 (7)捕手

6

2018年5月26日(土)
15: 00~
芝公園野球場
[試合終了][詳細]

1

TOKYO SKYHAWKS 2 2 0 2 0 0 6
Pe Angels 1 0 0 0 0 0 1
勝
西川 (1)
1912 view 4試合 1勝0敗0S
負
YOSHIMASA(29)
3987 view 3試合 2勝1敗0S

昨年のIKI・Cグループの覇者・TOKYO SKYHAWKS対MIYABIのCS王者・Pe Angelsのリーグ公式戦は、西川の好投に加え、粘り強い打線の奮起、守備陣の好連係プレーなどもあり、ランキングポイント13位以上の実力差を感じさせない内容で、TOKYO SKYHAWKSが6対1で勝利した。

勝つための秘策とは何か?勝利に飢えたTOKYO SKYHAWKSはそのことを知っていた

Pe Angelsの二倍以上の安打数を放ったTOKYO SKYHAWKS=試合スタッツ(打者成績比較)

Pe Angelsの二倍以上の安打数を放ったTOKYO SKYHAWKS=試合スタッツ(打者成績比較)

焦点は、Pe Angelsのエース・YOSHIMASA(29)をどう打ち崩すか、という点に絞られた。
2016年、スカイツ・JAPAN選出の好投手だ。
今年防御率1点台をキープし、スピード、コントロールも申し分ない。キレ味鋭いスライダーとカーブもある。

TOKYO SKYHAWKSは、試合前、上体を突っ込まないこと、逆方向を狙っていくことを、チーム全体で確認し合った。
さらに、各選手が独自で対策を考え、試合中でも情報交換を怠らなかった。

刻々と変わる戦況に合わせ、選手自らが考え行動し、気づきを共有し合える土壌がTOKYO SKYHAWAKSにはある。
勝利に見放され、忘れていた感覚が、よみがえってきた。

Pe Angels戦の初打席で左3を放つTOKYO SKYHAWKS・久保田(8)

Pe Angels戦の初打席で左3を放つTOKYO SKYHAWKS・久保田(8)

初回から、約二か月ぶりの登板となったYOSHIMASA(29)を襲う。
先頭打者・高宮(10)の3塁打、続いてミートセンスの高い左打者・久保田(8)が左へ流して3塁打で先制。後続の西川(1)もセンター前ヒットでこの回、2点を奪った。
2回表にも久保田の2点タイムリーで追加点。
この日の彼は2番打者でありながら、3安打4打点のスラッガー並みの活躍を見せた。

本来の調子が出る前に相手エースを打ち崩せたのは大きい。
試合前から対策を練り、チームとして『考える』野球を実践できた結果だろう。
その裏には、勝利への飢餓感があった。
終わってみれば、強豪相手に6対1。
TOKYO SKYHAWKSは、約一か月ぶりの勝利に沸いた。

「何も持ってない男」・時代錯誤な西川(1)が、これからの新トレンドだ!

お互いに死球1に抑える好ゲームを展開=試合スタッツ(投手成績比較)

お互いに死球1に抑える好ゲームを展開=試合スタッツ(投手成績比較)

絶対的エースのいないチームにあっては、消去法で登板することも多い。
それでも西川は毎年ある程度の成績(昨年は4勝!)を残し、大炎上を何度経験しようが、登板を断らない。

「何かを持っている」ことが尊ばれる昨今、西川は逆を行く。
西川は何も持ってない。
いや、正確に言えば、こうだ。
彼は、「何も持たなくていい男」なのだ。
手ぶらでも平気、それが西川だ。
投手とは、キャッチャーミットに球を投げ込むこと―。
単純にそんなふうに思っているフシさえある。

そのベースにあるのは、メンタルの強さ、言い換えれば、極端なほどの無頓着さだろう。もちろん、100%天然由来成分だ。

Pe Angels戦で6回1失点5奪三振を奪う活躍をみせたTOKYO SKYHAWKS・西川 (1)投手

Pe Angels戦で6回1失点5奪三振を奪う活躍をみせたTOKYO SKYHAWKS・西川 (1)投手

例えば、銭湯へ行く場合、諸事情さえ許せば、西川はフルチンで家を出る。
そんなことをやりかねない男なのだ。

この試合も、不可解な理由で、少年野球なら大目玉級のけん制死を喰らい、試合後、選手会長・遠藤(25)から「ボールから目を離すな」とダメ出しされた。

そして、ランナー1塁3塁の局面。1塁ランナーの西川は走ったが、明らかにアウトのタイミング。あえて挟まれて3塁走者の生還を助けることもなく、2塁に突っ込んで爆死。

『考える』野球を実践するチームの中で、唯一、西川だけが『考えない』。
その欠落感は大いなる凹となって、凸型のチームにハマり、破調をも含んだ絶妙な均衡をもたらしている。
このチームにあって、西川は乙な存在だ。

「何も持たなくていい男」、西川から目を離すな―。

変動期を迎えつつある新生TOKYO SKYHAWKS、凸と凹の両翼で勝利の空を舞い上がれ

強豪・Pe Angelsを破ったTOKYO SKYHAWKSは、この試合、走者なしの2アウトから粘り強く打線がつながり、課題だった序盤の突き放しが成功した。
これは本来チームにとっての理想の試合運びだろう。
ランキングポイント上位チーム相手にできたことは、今後も自信になるはずだ。

試合後の円陣を組むTOKYO SKYHAWKSメンバー

試合後の円陣を組むTOKYO SKYHAWKSメンバー

現在、チームはメンバーの入れ替わりの激しい変動期を迎えつつある。
野球から離れていた選手の野球勘の再生、怪我や仕事、就活で戻ってくるメンバーが揃えば、戦力層去年以上に厚みを増してくるだろう。

充実のラインナップに、手ぶらの西川がうまいことハマれば、新生TOKYO SKYHAWKSは目が離せない魅力的なチームになるに違いない。

リーグ専属カメラマンの熱戦フォト(全194枚)

注目されている選手

まだ関連選手の情報はありません。

こんな記事も読まれています

これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:1919 view

これがIKI最強布陣だ!2017年のIKI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:1537 view

2018年 CS MIYABI優勝予想!優勝ドンマイ・ロックス、2位YAKITORI RAKUDA、3位武蔵台ARROWS、ギャルソンジャイアンツ 投稿:2018年4月10日  Total:1348 view

15ミニッツ田口監督 新ユニフォームで史上最大の下克上を 3年以内にCS優勝宣言 投稿:2018年2月23日  Total:1259 view

これがス・リーグのアマチュア最強布陣だ!草野球経験のみで構成される最強オールスター(打者編)を考えてみた! 投稿:2018年6月6日  Total:1233 view

[MIYABI 総括] ドンマイロックスの強さはもはやV9の巨人を彷彿させるものだ! 投稿:2018年1月9日  Total:1193 view

【WS決勝 西武ドーム】ドンマイ・ロックスが悲願の初優勝! 3度目の正直でついにリーグの頂点に立つ!!(BBジャンキーズ 0 対 1 ドンマイ・ロックス) 投稿:2018年4月2日  Total:1150 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

182630 view

2

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

165825 view

3

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキが合言葉の野球少年。

131476 view

4

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130746 view

5

マガジンズ
32TAKEO KIKUCHI

暗黒時代を知るマガジンズ監督。「頑張るときはいつも今!」を合言葉に手にマメを作る32歳。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128058 view

6

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

126791 view

7

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

121851 view

8

Brains
30大沼

①1971.11.23生(176.85)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ(2009)④首位打者・最高出塁率(1996)、盗塁王(2001・2

116466 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

115877 view

10

KOREANS
2896PARANG

パラン

111287 view

535

view

サテライトカップ

2017年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手