※追記11/16[IKI 順位予想 E-H]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?

 | 2018年11月16日

グループFは5位チームまでまだ3位進出の可能性があり、混戦で推移している。また、グループHは5位までが勝ち点50を超えるハイレベルな争いになっており、6勝4敗のチームでも3位に進出出来ない状況になっている。グループGではちょっとした波乱が起き、昨シーズンリーグ戦2位のCOBAINSが最下位に沈む展開になっている。

[追記内容]
11/16 RIZIN、葛飾レイダース、YAKITORI RAKUDAのコメントを追記しました。

[グループE] 上位2チームはほぼ確定。3位以下は試合消化数が少なめ

ここは全体的に試合消化数の少ないチームが目立つグループで、11月9日現在で7試合以上を消化した2チームが順当に1位(Were Wolf6勝3敗)と2位(YAKITORIRAKUDA4勝1敗2分)となっている。

もったいないのが3勝3敗ながら2試合をリーグ規約違反で勝ち点を大きく落とした葛飾レイダースだ。勝ち点10は3位江戸川マーチスと18も差があるため、残りの日数でこの勝ち点差を追いつくのは厳しい状況となっている。こういった実力があるチームがチームのマネージメントを誤ってしまうのは実に残念だ。本人たちも来年に向けての課題にしてほしいところだろう。

従って来期は試合開始時刻までに必ずメンバー全員が揃うなど、基本的なことから立て直し、規約違反によるマイナスをなくしたいところだ。

[1位] Werewolf 下川のコメント

全勝で意気込んでやっておりましたが、
負けてしまったことが悔しいですね。(プロレス感)


[2位] YAKITORI RAKUDA サンシャイン訓子府♫のコメント

不服です。
栽培マンが打てません。
ちゅうえいが出塁しません。
浜がギター始めません。
これじゃリーグ優勝は出来ません。

[4位] 葛飾レイダース 荒木のコメント

4位という結果なのですが、正直このチームのレベルを考えれば1位を目指せる所ではあります。しかし、人数が揃わないという問題が現状あるため、中々試合ができていません。
なので今季は試合消化せず、メンバー募集に力を入れていきたいです。
そして来季はきっちり1位を目標に10試合消化していきたいです。

[グループF] 5位まで3位進出の可能性がある混戦グループ。追い上げをかけてきたギャルソンジャイアンツの動向がグループ内の明暗を分けるか?

このグループFは混戦だ。11月9日現在ではRIZINが勝ち点50で首位の座にいるものの、2位一番星との勝ち点差はわずか4、3位練馬レッドサーティーンズとの勝ち点差も5しかない。

しかも4位ギャルソンジャイアンツが虎視眈々と試合消化を目指しており、試合結果によってはRIZINが4位まで落ちてしまうことも予想できる。5位松岡シーレックスも残りあと3試合であるため、今後の試合消化によっては奇跡の逆転首位という可能性もあり、今後の展開が予断が許さないグループとなっている。

ちなみに6位城東ルーキーズは昨年スカイツ・フューチャーカップで優勝したチームである。実績のあるチームが6位にいるのは本当にもったいないところだ。

[1位] RIZIN 金谷のコメント

あと勝ち点1つで順位が1位になれいていたので、勿体無かったと思う。
今年はOP戦や練習など行わずにリーグ戦開始だったので、序盤に負けこんでしまった。
来年は、しっかり準備してリーグ戦に臨みたい。

[2位] 一番星 佐藤和興のコメント

今季は試合数を消化できそうなので、まずそこについては満足しています。残り1試合何とか勝利できればなお最高です。

[3位] 練馬レッドサーティーンズ 八木のコメント

序盤に中々勝ち星を積み重ねられなかったことを考えると、この順位は上出来だなと感じています。
正直夏頃はこの位置に付けられると思っていなかったのですが、せっかく優勝も狙えるというところまで来れたので、次戦は全力で勝ちに行きたいと考えています。

特にここ2戦は安定したゲーム運びで勝利を収めており、チーム状態はとても良いです。
春先と比べても確実にメンバーの実力は伸びてきていますし、来季はもっと上を目指せるチームになっているという自信もついてきました。
絶対トーナメントへの参加権を得て、プロ球場での試合を狙っていきたいと思います。

[4位] ギャルソンジャイアンツ 宇津木のコメント

今シーズンは、かなり厳しい状況です…
現時点 4位でまだ 7試合しか消化出来ておらず、上位チームは9試合消化済み。おそらく、10試合消化してくるでしょう。
勝ち点も離されています。
ウチはあと 2試合予定していますが、雨が降らず、連勝出来れば3位に滑り込める可能性があるかも知れません。
試合が出来れば、1試合 1試合を勝利に向けて全力投球するのみ
です。

[グループG] 首位はGBCでほぼ確定。二位争いは熾烈を極める。

ここはグループ内の全チームが8試合以上の試合を消化しており、結果を見るとGBCが8勝2敗と首位らしい成績を残している。来年のトーナメントやカップ戦など先々が楽しみなチームである。

二位以下は混戦だ。現在二位の野CUBEはやはり7敗が痛かっただろう。どこかで勝ち星が取れた試合もあったと思う。今までのような試合消化だけでは簡単にAクラスには行けないことも肌で感じただろう。

現在5位の東京ビシソワーズは11月9日現在で5勝3敗と勝ち越し。残り2試合の結果次第で2位浮上の可能性も残しているだけに本人たちも楽しみにしていることだろう。

尚、昨年のリーグ戦2位だったCOBAINSが今シーズンはまさかの最下位に転落したのも意外だった。今シーズンのリーグ戦の開幕戦で0-23で大敗したことが最後まで尾を引いたのだろうか?ただCOBAINSは立派に10試合を消化してきている。こういったチームをマネージメントする能力は長く草野球を楽しむためには必須の能力である。あと一つか二つのキーとなるプレイヤーが現れるとさらに面白いチームになるのではないだろうか。

[2位] 野CUBE 竹村 遼のコメント

今年はサテライトリーグが新設されたこともあってか、試合消化をされるチームが同じグループ内でもかなり多くなったため、去年より激しい争いになったと思っています。
野CUBEはM球の効果もあってか自慢の投手陣も防御率が悪くなってしまった上に、課題の打線もあまり成績が上がってきていないのが今年の現状かと。。。
先日、リーグ戦を消化し終え、あとは他チームの展望を待つのみですが、チャンピオンシリーズへの進出は難しいかと

今一度、このオフに練習などでチーム力を上げていきたいです!

[4位] Muddydrys シゲのコメント

ひどい!まずい!!やばい!!!
終わってしまう、、、、、(泣)
来年はもっと早く始動しなければ、、、、
その前に、このまま終わってテンションがダダ下がり、、、、、、、(笑)(´;ω;`)
とりあえず、天気!晴れてくれ!!

[5位] 東京ビシソワーズ 鎌形裕太のコメント

11/3現在グループ3位という位置につけております。ですが、仮にこのまま来年のCSの出場権を得ても現状では厳しい戦いになると思います。
厳しい話ですが、それくらい現在のチーム状態は悪いです。エースの山本は背中の怪我でしばらく復帰できそうにありません、山本頼みの野球の脆さがここに来て浮き彫りの状態です。また、今期は特に雨天中止が多く現在9試合となっています。メンバーの多く集まれる日を狙って公式戦を組んでいるのですが、ここまで中止が多いと来年のCSの出場権の前に残りの公式戦2試合をどう消化するか、という話になってきます。
なんとか2試合を消化して3位以内に滑り込みたいとは思っているので、メンバーには何とか都合をつけて参加していただきたいです。
また、勝ち抜けばプロ球場での試合が約束されている大会に出場する事はモチベーションに繋がりますので、もちろん狙っていきたいと考えています!

[6位] COBAINS 佐藤和興のコメント

今季は残念ながら現時点でグループ最下位・・・。
大きく負け越しております・・・。
昨年のリーグ戦勝ち越しがまぐれにならないよう、意気込んでいただけに残念な結果となっております。
来季こそは2年ぶりの勝ち越しを目標にチーム一丸戦って行きたいと思います。

[グループH] 5位チームまでが勝ち点50を超えるハイレベルグループ。初の勝ち越しもチームフミハナは惜しくも3位進出ならずか?

ここは全6チーム中、5チームが勝ち点50を超えているハイレベルグループだ。そんな中、9勝1敗のオーシャンズと7勝2敗1分のAspensは3位以内が確定。

また、11月9日時点では勝ち点50で4位のAlbatrossがあと1試合の試合日程を組んでおり、その試合を無事に消化すれば現在3位で全10試合消化済のチームフミハナの勝ち点を上回って3位に浮上する見込みとなっている。

昨シーズンの最多奪三振王池貝竜哉(21)を擁するチームフミハナは、スカイツリーグ参戦4年目で初のリーグ戦勝ち越しのシーズンとなったが、ハイレベルグループに入ってしまった不運にモロに、見舞われ惜しくも3位以内進出を逃すことになりそうだ。

ちなみに5位raVensは草野球ワールドシリーズに3年連続出場チーム、6位PATRIOTSは今シーズンのスカイツ・フューチャーカップで準決勝まで進出したチームだ。こういった実力のあるチームが5、6位になってしまっているのもこのリーグの面白いところだろう。

[2位] Aspens 秋山のコメント

全チーム10試合消化見込みという中、3位以内の座を確定できほっとしています。
試合は順当にこなすことができたので、来季トーナメントも頑張ります!

[3位] チームフミハナ 池貝 竜哉のコメント

今期は6勝4敗とリーグ参加以来初めて勝ち越す事が出来ました。ブロックの順位は現在3位ですがリーグ内でもかなりの激戦区に入ってしまいましたので今年の3位以内は諦めております(笑)
でも熾烈な順位争いのおかげでこの好成績をあげられた部分もあると思うので結果楽しい1年間でした!
来年も10試合消化出来るように体制を整える事と来季ドラフト指名選手との契約にオフは力を注ぎます。

[4位] Albatross 阿部寛明のコメント

今季から参戦させて頂きましたが、昨年度の傾向を見て3~4敗程度してもトーナメント進出出来るのかな?と思い、前半は戦ってきましたが、とんでもない。

同グループの経過を見ていたら3敗も怪しくなってきて、正直焦りました(笑)
その中で年間60試合している当チームはグランド確保は問題ないので安心してましたが、雨などで消化がギリギリになるとは・・・
延長処置に感謝です!

何とか残り1試合消化すれば進出決定まで来ましたが、ここまで9試合して納得出来る試合は1試合あるかないかですね。

しかし、リーグ屈指のボードさん等と対戦できて負けた試合は大収穫でした。
来年トーナメントで挑戦できる機会があれば、リベンジしたいと思います!

【関連記事】
※追記11/16[IKI 順位予想 A-D]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?  投稿:2018年11月16日  Total:342 view
※追記11/16[IKI 順位予想 I-L]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?  投稿:2018年11月16日  Total:248 view

こんな記事も読まれています

[RC 2018 二回戦]痛恨落球…まさかの最終回逆転負け…それでも前を向くBrains・大沼監督に草野球の美学を見た(スレイヤーズ 8 対 6 Brains) 投稿:2018年10月3日  Total:2746 view

これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:2109 view

これがIKI最強布陣だ!2017年のIKI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:1702 view

2018年 CS MIYABI優勝予想!優勝ドンマイ・ロックス、2位YAKITORI RAKUDA、3位武蔵台ARROWS、ギャルソンジャイアンツ 投稿:2018年4月10日  Total:1536 view

15ミニッツ田口監督 新ユニフォームで史上最大の下克上を 3年以内にCS優勝宣言 投稿:2018年2月23日  Total:1395 view

【WS決勝 西武ドーム】ドンマイ・ロックスが悲願の初優勝! 3度目の正直でついにリーグの頂点に立つ!!(BBジャンキーズ 0 対 1 ドンマイ・ロックス) 投稿:2018年4月2日  Total:1375 view

これがス・リーグのアマチュア最強布陣だ!草野球経験のみで構成される最強オールスター(打者編)を考えてみた! 投稿:2018年6月6日  Total:1359 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

183280 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキが合言葉の野球少年。

168916 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166276 view

4

Brains
30大沼

①1971.11.23生(176.83)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ(2009)④首位打者・最高出塁率(1996)、盗塁王(20

133651 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

132722 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130912 view

7

マガジンズ
32TAKEO KIKUCHI

暗黒時代を知るマガジンズ監督。「頑張るときはいつも今!」を合言葉に手にマメを作る32歳。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128415 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

122233 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

116251 view

10

KOREANS
2896PARANG

パラン

111474 view

340

view

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!