※追記11/16[IKI 順位予想 I-L]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?

 | 2018年11月16日

グループKとLはほぼ3位進出チームが確定したとみていいだろう。また、6チーム中5チームが勝ち越したグループIはハイレベルな争いが繰り広げられたが、得失点差がモノを言い、Madrushがなんとか3位以内をし死守しそうな見込みである。勝ち越しチームが1チームのみのグループJは、10試合を消化する見込みのチームバビグリンが首位で逃げ切りそうな状況となっている。

[追記内容]
11/16 Fullspeed A Cuppers、埼京シティーボーイズ、DIME野球部、VICCESSのコメントを追記しました。

[グループI] 5チームが勝ち越しのハイレベルグループ。レインドッグスはあと一歩のところで惜しくも3位進出ならずか?

ここはグループ所属6チーム中、5チームが勝ち越しているハイレベルグループだ。11月9日現在、8勝2敗のスレイヤーズは3位以内が確定。また、7勝1敗1分でもう1試合日程が決まっている東京PERFECTSは無事にその1試合が消化されさえすれば負けても勝ち点4が加算されて3位以内が確定する。

惜しいのは現在5位のレインドッグスで、6勝3敗で勝ち点48、もう1試合組まれているリーグ最終戦を勝てば勝ち点54で現在2位のMadrushに並ぶが、得失点差で及ばない可能性が大だ(現時点で得失点差60のMadrushに対し、レインドッグスは22)。

結果から振り返ると、Madrushは今シーズンの開幕戦でまいーんずを30-0の大差で下して勝利したが、この時に稼いだ得点差が最終的な順位争いで生きてくることになったというわけだ。

[2位] Madrush うめのコメント

なんとか3位には入れたのではと思っています!
今シーズンの第1目標のリーグ優勝は果たす事が出来ませんでしたが、第2目標がCS出場権(3位)だったので良かったです。
来年こそはリーグ優勝を目指したいと思います!

[3位] 東京 PERFECTS 北口 貴暁のコメント

まだまだ実力が出せていない!
一人一人のポテンシャルの高さは監督が一番知っている!1敗する様なチームじゃまだまだ上にはいけないと思っている!
全員の力とやる気を引き出すのが私の役目!

負けないチームに今後成長し、ワールドシリーズに出場したい!

[4位] Cadenza 清水のコメント

当チームはリーグ所属1年目のチームですが、同IKI Iリーグのチームさんとは2度対戦させていただきました。
しかし2度とも10点差以上つけられ、完敗いたしました。

まだ他のチームさんが試合を残されていますが、当チームは6チーム中5位で終了予定です。

力量の差はすごくあるとは感じないものの勝率5割以上でも5位という順位を考えると、組み込まれたリーグの中では実力差があった(他チーム様が強かった)のかなと感じます。
しかし恐らく当チームはサテライトなどに割り振られても、優勝などできるようなチームでもないような気がします。
しかし本日で全試合終了しましたが、一年間楽しくやらせていただきました。

[5位] レインドッグス 長谷川 歩のコメント

エントリー初年度、どうやら「死の組」に入ってしまったようです。
これまで9試合消化で6勝3敗と、まずまずの成績だと思うのですが、なぜか5位(泣)。
仮に11月11日の最終戦に勝ったとしても、
得失点差の関係で上位3チームに食い込むのは厳しい状況です(38点差で勝たないとアウトです)。
でも、こればかりは時の運なので仕方ないです。
最終戦、ベストを尽くします!

[グループJ] 勝ち越しチームが1チームのみ。2~4位の争いから最後まで目が離せない

このグループはグループIとはうって変わって勝ち越しチームが11月9日現在1チームのみ(VICCESSの5勝2敗)というローレベルグループだ。また、このVICCESSは現在2位だが、試合消化数がまだ7ということで4位JHEROESまでの勝ち点差が4しかない。

従って油断すれば最終順位が3位以下になる可能性もあり、全く安心は出来ない現状だ。ちなみに11月9日時点では先の日程は組めていないようだが、このまま7試合消化で足踏みするのか?3位DIME野球部も同じく現時点では試合日程が組めてないが、4位JHEROESは1試合を組み入れており、虎視眈々と3位進出をうかがっている。

果たして最終的に3位に進出するのはどのチームなのか?ちなみに3勝4敗2分と負け越しながら首位のチームバビグリンは、最終10戦目の日程も組めているため、下位チームの試合消化のペースが上がらなければこのまま首位でリーグ戦を終えそうである。

[2位] VICCESS 青山 佳広のコメント

勝ち越せているのでまずまずといったところです。
最近は試合が組めないので上位には厳しいとおもいます。。

[3位] DIME野球部 石川のコメント

まだ3位ですがすでに6敗しており、今後の試合予定もないため今年は厳しいと思っています。

[4位] JHEROES 山本 将樹のコメント

今年は最初は調子がよかったが怪我人が続出し日程調整と天候に恵まれずしばらく試合が出来ない日々が続き、おそらく10試合に届かずあと1試合消化でグループ4位で終わってしまいそうです。

来年は個人個人で、まずしっかりと体を作り、他チーム様からもよく言われる「明るくて元気のあるチーム」をモットーにしリーグを盛り上げて行ければと思っております!

今後共ご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが宜しくお願い申し上げます。

[グループK] 3位と4位の勝ち点差15。ほぼ上位は決まった感があるグループだ

ここは上位3チームと下位チームで試合消化数にやや差があり、それがそのまま順位に反映しているグループだ。

上位2チーム(CCナショナルズ、PALYBALLS)はいずれもすでに10試合を戦い終えて勝ち越し、3位埼京シティーボーイズは負け越し2ながら9試合をすでに消化して勝ち点43をマークしている。

下位チームでは5位WildBoarsが8試合消化と試合消化数は評価出来るが、1勝しか出来なかったうえ、1試合をリーグ規約違反でー6を記録したため、勝ち点が28しかない。

リーグ規約違反がなければ現在勝ち点35でまだ首の皮1枚3位争いに加われたとも考えられるのでメンバーが試合開始時間までに揃わなかった1試合が非常に残念であった。

[1位] CCナショナルズ 小林のコメント

参加初年度の目標は『なるべく早く10試合を消化しきる!』でした。
スカイツリーグ加入理由のひとつに充実したコンテンツに魅せられたところがあり、過去の記事から10試合消化することは難しいことなんだなと感じていました。
今年は全チーム中でも5番目ぐらいの早さで10試合消化することが出来ましたが、来年はリーグ戦以外にトーナメント戦も加わってくるのでマネジメントが難しいなと思います…そこは監督の頑張りどころですね。皆さん是非ともC.C.Nationalsをよろしくお願いします!

成績については6勝3敗1分でほぼ1位確定、出来過ぎくんだなあ…と思います。勝敗が逆でも全くおかしくないぐらい接戦に次ぐ接戦でした。
現在行われているMIYABIのCS決勝チームの両方に勝っているなんて未だに信じられません…マディさんもバビグリンさんもたぶん10回やって2勝できたらいい方かなと思いますが、その2勝がたまたまリーグ戦で引けたのかなというところです。

来年はぼくらもプロスタを目指せる!ということでより気合い入れて頑張っていきたいと思います!
今オフの補強でまずは黄色い声援の確保からでしょうか?いえ、筋肉が足りません!筋肉を増やして備えます!

[2位] PALYBALLS ショウイチのコメント

今シーズンは5勝4敗1分.現状2位で,他チームの結果次第でCS出場権獲得できるかとなるので,非常にヤキモキしております.
強豪プレアデスさんに運良く引き分けて得られた1分が,キーとなるのではないかと思っております.
3位以内に入れると信じて,結果を待ちたいと思います.

[3位] 埼京シティーボーイズ 高山のコメント

現在とりあえず、3位にはついていますが勝率が低いのと安定して好ゲームが行えていないのが現状なので、なかなかトーナメントでは勝ち上がることは難しいと思います。

今後の展望としては、1つでも多く勝てるように、また安定して好ゲームが行えるように、1試合1試合を通じて反省考察を繰り返して、少しでも強いチームになるように試行錯誤していきたいと思います!

[4位] StingRays 鷹木のコメント

ダメダメですね。
来年がんばります。

[グループL] ほぼ順位が確定しているグループ。計算上は最下位Cookie Baseball Clubにも可能性はあるが・・・

グループLはほぼ順位が確定したとみて問題ないだろう。計算上は11月9日現在で最下位のCookie Baseball Clubにも残り4試合を全勝すれば3位進出の望みはあるものの、現実的には試合消化をしてさらにそれらすべてに全勝というのはかなり難しいと思われるだけに上位3チームはWANDS、Brains、Fullspeed A Cuppersで決まったといっていいだろう。

また、このグループで惜しかったのは侍エグゼクティブだ。リーグ戦はすでに10試合を戦い終え、6勝4敗と勝ち越したが、1試合リーグ規約違反をしたことが響いて勝ち点を伸ばせず、4位でリーグ戦を終えそうである。

6勝4敗ならば普通ならば勝ち点は52でこの勝ち点ならば3位進出の可能性は十分だっただけに、何とも悔やまれるリーグ規約違反での1試合の敗戦だった。

[1位] WANDS タマローのコメント

11/4現在グループ首位ですが、Fullspeed A Cuppers様が10試合こなされてかつ2連敗以外だと2位になります。
とはいえ、3年連続のCS出場はほぼ手中におさめているので上出来です!
欲を言えば初のグループ首位だと嬉しいのですが…

[2位] Brains 大沼のコメント

今季の公式戦を振り返ると、やはり苦しい台所事情を隠しきれなかった、の一言に尽きます!

先発の柱として任せている、
#18 宮坂・#1 恩田・#16 榎本(直)とも、今季はなかなか参加できず、
#17 佐々木(弘)の孤軍奮闘でした。
彼には、かなり負担をかけたんだと思います。

そして本来、クローザーの役割を担うはずの#22 羽田野が、なかなか肩痛から逃れられなかったことも、監督としては痛かった(計算を狂わせた)点です。

それでも10試合中、1点差ゲームが4試合。
引き分けた試合が2試合あったのは、参加したメンバー全員が必死に食らいついて、野球をしてくれた結果だと思っています。

正直、ブレインズが引き分け、星を落とした試合の中には、確実に勝てる試合もありました。

とにかく、今後は無駄な失点を防ぐ!
じゃないと公式戦どころか、トーナメント戦には勝てません!

それと…、ブレインズは、動画を撮っていただいているチームに弱い!
意味わかりません!
これを何とかしたいです!

[3位] Fullspeed A Cuppers YO4のコメント

1 WANDS
2 Brains
3 Fullspeed A Cuppers

このままいくでしょうね。

同リーグ対決したかったですね。

残り一試合で、勝ち点50or48
10試合消化できなかったのが、悔しいです。

仮に10試合消化していたら

勝ち勝ち 56
勝ち負け 54
負け負け 52

1位になれたのに、仕方ないです。

トーナメントも頑張ります!!

[4位] 侍エグゼクティブ T-KAZUKIのコメント

既に3位以内は厳しい状況。後半巻き返したが、前半で取りこぼした試合が最後まで響いた。今後の展望はまだ見えていない。

[5位] 吉原オールディーズ 小林 琢磨のコメント

まだ一勝しかあげれていないので順位もクソもありませんが、今年初参加という事でスカイツリーグの雰囲気を味わえているかなと感じます。
来年度からはまず一つ一つ勝利を重ね決勝トーナメントのチケットを手にしたいと思います。目標は勝率4割以上!!

【関連記事】
※追記11/16[IKI 順位予想 A-D]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?  投稿:2018年11月16日  Total:341 view
※追記11/16[IKI 順位予想 E-H]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?  投稿:2018年11月16日  Total:339 view

こんな記事も読まれています

[RC 2018 二回戦]痛恨落球…まさかの最終回逆転負け…それでも前を向くBrains・大沼監督に草野球の美学を見た(スレイヤーズ 8 対 6 Brains) 投稿:2018年10月3日  Total:2745 view

これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:2107 view

これがIKI最強布陣だ!2017年のIKI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:1701 view

2018年 CS MIYABI優勝予想!優勝ドンマイ・ロックス、2位YAKITORI RAKUDA、3位武蔵台ARROWS、ギャルソンジャイアンツ 投稿:2018年4月10日  Total:1534 view

15ミニッツ田口監督 新ユニフォームで史上最大の下克上を 3年以内にCS優勝宣言 投稿:2018年2月23日  Total:1394 view

【WS決勝 西武ドーム】ドンマイ・ロックスが悲願の初優勝! 3度目の正直でついにリーグの頂点に立つ!!(BBジャンキーズ 0 対 1 ドンマイ・ロックス) 投稿:2018年4月2日  Total:1374 view

これがス・リーグのアマチュア最強布陣だ!草野球経験のみで構成される最強オールスター(打者編)を考えてみた! 投稿:2018年6月6日  Total:1358 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

183277 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキが合言葉の野球少年。

168915 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166276 view

4

Brains
30大沼

①1971.11.23生(176.83)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ(2009)④首位打者・最高出塁率(1996)、盗塁王(20

133651 view

5

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130909 view

6

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

130904 view

7

マガジンズ
32TAKEO KIKUCHI

暗黒時代を知るマガジンズ監督。「頑張るときはいつも今!」を合言葉に手にマメを作る32歳。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128413 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

122228 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

116249 view

10

KOREANS
2896PARANG

パラン

111472 view

245

view

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!