※追記11/16[SATELLITE 順位予想 A-D]混戦のリーグ終盤戦!来年の決勝プロ球場トーナメントへの切符を手にするのはどのチームか?

 | 2018年11月16日

混戦のグループAは、現在5位ながら目先3試合の日程を組み入れていてスパートをかけているSHUーGUNの動向次第で最終順位が大きく変わる可能性がある。グループCは勝ち点差1の3位争いをかろうじてザ・チキンハーツがMAPPA!を凌いで3位以内確保を確実にしている。また、超レアケースとも思える状況がDグループで起きており、11月6日現在9戦全勝のZ’sと0勝9敗の荒川 Lucha Libreがともに3位進出を果たしそうな見込みだ。

[追記内容]
11/12 まいーんず、SHO-GUNのコメントを追記しました。
11/16 荒川 Lucha Libre、FUKAGAWA GRANDSLAM、NSユナイテッド海運、横浜T-BREAKERSのコメントを追記しました。

[グループA] 混戦グループ。5位SHUーGUNが追い込みで3位以内進出なるか?

グループAは混戦だ。11月6日現在、首位は勝ち点43の新宿Beppsだが、新宿EVERとHangover'sがわずか勝ち点1差の42で迫っており、上位争いが白熱している。また、4位スカイツカントクJAPANも勝ち点40と差がなく、5位SHUーGUNも目先3試合の試合日程を組めていて今後の動向によって最終順位が大きく変わる可能性を秘めている。

特に5位SHUーGUNが不気味だ。現在3勝4敗で勝ち点34だが、今後組んでいる3試合を無事に消化すると3連敗しても勝ち点+12が加わり、3位以内に進出してくる可能性がある。従って現在上位にいるチームも頑張って試合スケジュールを組み入れ、SHUーGUNの猛追をかわしたいところだ。

[1位] 新宿Bepps HIDEのコメント

今年から新規参加させていただいておりますが、現状グループ首位といことで非常に満足しております。
しかしながら今シーズンは雨での中止が多く10試合の消化がギリギリの状況です。
なんととか勝ち点を積みCSに進出したいと思っております。
また、兄チームであります道玄坂カクタス様とCSの舞台で対戦できることを夢見ております!

[2位] 新宿EVER 佐竹のコメント

すでに年間の負け越しが確定している我がチーム。しかし格上にも果敢に挑む積極的なブッキングと、土日においては何よりも野球を優先するメンバーの熱い草野球魂によって、ここまで順調に試合数を消化することができました。気付けば11/6現在で9戦消化、グループ2位というポジションにつけています。ここまできたら何としても上位3位までに入りたい!というところです。
しかし!ここに来て思わぬハプニングが。我々のホームグラウンドである西戸山公園野球場(新宿区)が台風被害によりしばらく使用できないという事態に。ジプシーとなった新宿EVER。リーグ戦の開催期限まであと1カ月を切り、渉外担当の松田・佐竹は日に何度も他チームの対戦募集をチェックする眠れない日々を過ごしています。何とか11月中に最終戦を開催して、上位進出を狙いたいと思います!

[3位] Hangover's こーちゃんのコメント

今期残り一戦を前に現在三位
次戦を勝利に飾り、プロスタへの挑戦権を近づけたいと思っています!

[5位] SHO-GUN メガマック小沢のコメント

今の自分達の順位を見て思うの事ですか…
監督として思うのは
「うちのチーム力を考えるともはや奇跡的。しかしここまで来たらプロ球場目指したい!」という熱い思い…。
そして「でもそんな事より美熟女の網タイツ被りたいな〜」という願い…。
または「女子大のプールの水で焼酎水割り作りたい」という祈り…。
様々な思いが折り重なって「あ。そういえばここ野球チームだったな。」という感じですね!

今度についてはなんとかリーグ管理人さんを抱き込んで八百長行為を図りプロ球場で涙の胴上げというプランでいきたいと思います!!!!!!!!!

[グループB] 上位3チームはほぼ決まりか。4勝3敗のNSユナイテッド海運にも可能性はあるが・・・

グループBは上位4チームが勝ち点46で並んでいるが、今後1試合ずつスケジュールが組めている文教スパッツとMARVELLがさらに勝ち点を追加する見込みで3位以内をほぼ確定にしている。

また、3勝7敗とともに10試合を戦い終えた村上パイレーツと横浜T-BREAKERSは、得失点差で上回った前者が上の順位となり、このまま3位以内進出を決めそうだ。動向が気になるのは4勝3敗で勝ち点36の6位NSユナイテッド海運だが、11月6日現在で先に試合日程が組めておらず、状況的には3位進出がやや厳しいと思われる。

[1位] 文教スパッツ 横山のコメント

勝率5割程度で楽しめるリーグを探していたので、今の結果にはとても満足しています。
管理人さんを始め、運営に携わっている方々がリーグを盛り上げるための工夫や手立てを考えてくださっているおかげです。
年度当初の勝てない時期から考えると今の立ち位置は出来過ぎです。
10試合目まで上位争いを楽しめるとは考えてもいなかったので、1つでも上を目指して次戦も最善を尽くしたいと思います。
やっぱり1位争いをしているMARVELLさんの動向が気になりますね笑

[2位] MARVELL 前沢のコメント

トーナメントには行けると信じていますが、グループ内優勝のためにはリーグ最終戦に勝たなければな、と思っています!
希望も込めて我らMARVELLがグループ内優勝予想ということで!!

そしてトーナメントに出場した暁にはプロ球場に足を踏み入れたいですねぇ…!

[3位] 村上パイレーツ 吉田 薫のコメント

今季、3勝7敗という結果にもかかわらず3位の位置にいるというのは光栄です。これも順調に試合消化できた賜物だと思います。

決勝トーナメントに参加の際は他チーム様方に胸を借りるつもりで挑みたいと思います!

[4位] 横浜T-BREAKERS 川島ナオキのコメント

我々のグループは大混戦で、得失点差によりギリギリ3位に残れないという、非常に悔しい結果となりました。シーズン後半の大量失点が響きましたね。
しかしSATELLITEリーグ新設のおかげで最後まで諦めずにシーズンを楽しむことができました。
スカイツリーグにもメジャーの「ワイルドカード」のような仕組みがあれば・・・笑

[6位] NSユナイテッド海運 川北 崚平のコメント

今年は雨天等で流れた試合が多く、あまり試合ができませんでした。
現在のチーム力をみても順位はもう少し上を目指せるものと考えており、来年以降もこれに甘んじず、チーム一丸で上を目指していきたいと思います。

[7位] FUKAGAWA GRANDSLAM 鈴木啓太のコメント

今シーズンは試合消化不良で調子は良かったと思いますが、勝点で残念ながら上位進出は厳しそうです。
来年巻き返せたらという感じでしょうか。

[8位] まいーんず TAKAICHIのコメント

お恥ずかしいとしか言えないです。ただただそれだけです。

[グループC] 惜しくも勝ち点1差で3位を逃したMAPPA!。上位2チームは勝ち越し5以上と上々の成績

グループCは5位チームまでが11月6日現在で9試合以上を消化。2敗しかしていないケンズとMuay Thai Oceansは3位以内進出をほぼ決定づけ、3位争いも勝ち点1の差でザ・チキンハーツがMAPPA!に競り勝って3位以内を確保しそうだ。

3,4位争いは5勝5敗のザ・チキンハーツと4勝5敗1分のMAPPA!ということで、MAPPA!が引き分けた1試合が順位を分けた格好だ。MAPPA!は2013年シーズンにリーグ戦2位になって以降、翌年からこれで5年連続リーグ戦4位以下となってしまったが、来シーズンこそ3位以内復活を遂げたいところだ。

[1位] ケンズ 金山 訓兵のコメント

今年は出来すぎでした。接戦を制したことがこの順位にいる要因だと思いますが、全日程を消化できたことが大きいと思います。

決勝プロ球場に関しては、高校・大学・社会人・プロの経験者(特に投手)が一人でも多く在籍しているチームがどう考えても優位だと思いますが、もしそのようなトーナメントに参加させていただけるなら、そのトーナメントの目の前の試合を楽しめたらと思っています。

[2位] Muay Thai Oceans C-C-B k.A-t.u(カトゥ)のコメント

今の自分たちの順位については、サテライト2位は現状満足しておりません。
以前から比べると戦力が充実してきていますし、未経験のメンバーも段々と
野球に慣れてきています。もう少し良い結果を残せていいのではないかと思います。

今後の展望については、来期からはMIYABI IKIのリーグでやろうと考えています。
未経験のメンバーも多く在籍している関係もあり、今年から始まったサテライトに
所属しました。MIYABIリーグでも勝負できるのではないかと思える、試合も
いくつかありましたので、そのように考えております。

[3位] ザ・チキンハーツ 丸田のコメント
うち3位確定かと思ってますー。
上の2チームも順位確定じゃないでしょうか。

[グループD] 9勝0敗と0勝9敗のチームが揃って3位以内を確保?超異例のグループ

11月6日現在9勝0敗のZ’sはゆうゆうと3位以内を確保。残り1試合もすでに予定が組めているので、ここも勝って全勝でリーグ戦を締めくくりたいところだろう。また、2位パワーオブザゴリラーズも5勝3敗1分と勝ち越して3位以内進出をほぼ決定づけている。

注目すべきは3位の荒川 Lucha Libreだ。現在まで今シーズンのリーグ戦9敗1分で、1つも勝てていない。しかし4位以下のチームがいずれも試合消化が6試合以下ということで、10試合すべてを消化して勝ち点41の荒川 Lucha Libreと4位以下のチームの勝ち点差が13もある。

4位以下のチームは目先の試合日程もほとんど組めていないため、このまま荒川 Lucha Libreが3位を確保することが濃厚となっている。ちなみにこの荒川 Lucha Libreはスカイツリーグ参戦初年度の昨シーズンもリーグ戦0勝6敗と1つも勝てず、これで今シーズンと合わせた2シーズン合計のリーグ戦成績が0勝15敗1分となった。

[1位] Z’s 近藤貴春のコメント

Z's主将の近藤です。昨年からスカイツリーグに参加させていただいておりますが、初年度は2勝7敗1分と公式戦全10試合消化のチーム内ノルマは達成したものの、諸先輩方の厚く高い壁に阻まれ正直悔しい思いしかないホロ苦デビューとなりました。しかしその内の貴重な2勝はスカイツ屈指の強豪チームと一目置いているマガジンズさんとTOKYO SKYHAWKSさんだったという非常にGiant Killingな勝利だったことから、投手が踏ん張り守りからリズムを作っていければ必ず巻き返せるポテンシャルを持ったチームなんじゃないかと…そこに気付かせて貰えた事が大きな収穫でした。そこで2018年は投手力を中心にチームを立て直す種蒔きの一年にしようと最下層のサテライトから初心に帰ってやり直すことにした訳ですが、気付いてみれば現在9戦9勝と怖いくらいの出来過ぎな結果に少し困惑しつつも、ここまで来たら10戦10勝を狙って、今年の自分たちの全てを尽くして全員プレーで勝ちに行こう!と思っています。またトーナメント戦のサテライトカップも準決勝まで進む事が出来たのでこちらもここまで来たら優勝を目指して最高の結果で一年を締め括れたら…などと密かな野望を抱いております。去年の屈辱を忘れず、奢ることなく謙虚な気持ちで最後までチーム一丸で行けるところまでいってやろうと。決意を新たに気を引き締めている今日この頃です。

[2位] パワーオブザゴリラーズ 倉本たけみのコメント

Z'sさん?強いよね。序盤・中盤・終盤・隙がないよね。だけどおいら負けないよ(負けフラグ)

[3位] 荒川 Lucha Libre 福田 紘之のコメント

空模様も味方して、「勝たずして勝つ」が濃厚になってまいりました。
スカイツリーグの夢のあるルールの恩恵をビシビシ感じながら、このまま3位フィニッシュを願っています。
そしてどデケえ球場で見せてやりますよ、これがスカイツドリームだい!!ってね。

[4位] 東京パイレーツ CHAE.H.Sのコメント

今年は雨の影響で試合がほとんどキャンセルされて残念です。
残っている期間中に試合が出来れば良いですが、
最後まで頑張ります。

こんな記事も読まれています

[RC 2018 二回戦]痛恨落球…まさかの最終回逆転負け…それでも前を向くBrains・大沼監督に草野球の美学を見た(スレイヤーズ 8 対 6 Brains) 投稿:2018年10月3日  Total:2746 view

これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:2110 view

これがIKI最強布陣だ!2017年のIKI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:1702 view

2018年 CS MIYABI優勝予想!優勝ドンマイ・ロックス、2位YAKITORI RAKUDA、3位武蔵台ARROWS、ギャルソンジャイアンツ 投稿:2018年4月10日  Total:1536 view

15ミニッツ田口監督 新ユニフォームで史上最大の下克上を 3年以内にCS優勝宣言 投稿:2018年2月23日  Total:1395 view

【WS決勝 西武ドーム】ドンマイ・ロックスが悲願の初優勝! 3度目の正直でついにリーグの頂点に立つ!!(BBジャンキーズ 0 対 1 ドンマイ・ロックス) 投稿:2018年4月2日  Total:1375 view

これがス・リーグのアマチュア最強布陣だ!草野球経験のみで構成される最強オールスター(打者編)を考えてみた! 投稿:2018年6月6日  Total:1359 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

183280 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキが合言葉の野球少年。

168916 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166276 view

4

Brains
30大沼

①1971.11.23生(176.83)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ(2009)④首位打者・最高出塁率(1996)、盗塁王(20

133651 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

132722 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130912 view

7

マガジンズ
32TAKEO KIKUCHI

暗黒時代を知るマガジンズ監督。「頑張るときはいつも今!」を合言葉に手にマメを作る32歳。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128415 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

122233 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

116251 view

10

KOREANS
2896PARANG

パラン

111474 view

409

view

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!