[NOBORI リーグ戦総括 2019年4月]激戦のNOBORIクラス!優勝するためにはNOBORI限定ルールの理解が必要!!

三軒茶屋ダイマース・土居うんこ先輩(23) | 2019年5月10日

三軒茶屋ダイマースの土居うんこ先輩(23)投手

平成最後の激戦が繰り広げられたNOBORIクラス。
各チームとも初戦を終えたことでリーグの全体像が見えてきた。

やはりNOBORIクラスで面白いのは、NOBORI限定ルールで順位に差が出ていることだ。
例えば、NOBORI Bのツインリバーズは2勝0敗1分の勝点19で首位、LFDは3勝0敗だが勝点18で2位。
NOOBRI同士の対戦で勝利すると勝点8、引き分けだと6となるため、このような結果になってしまった。

NOBORI限定ルールで1勝でも勝点の価値が変わってしまうNOBORIクラスの4月の総括をしてみたい。

[NOBORI A]クセが強い名前の選手ほど活躍する三軒茶屋ダイマース 怪我人多数で満身創痍の新宿REDEYE

NOBORI Aグループの4月リーグ成績

NOBORI Aグループの4月リーグ成績

三軒茶屋ダイマースが4月に入り2連勝、合計4勝0敗の勝点30で首位に立った。
今シーズンは土居うんこ先輩(23)が投手として覚醒。
中指のマメが潰れてしまうアクシデントがありながらも、リーグ戦3試合に先発して2勝負けなし。
打撃陣は、大野ョロ乳首❤️(50)が満塁本塁打などの大活躍で下位打線にアクセントを加えている。
コンプライアンス的に心配な名前の選手が多いが、今シーズンはそういった選手の活躍がチームを引っ張っている。

【参考URL】
土居うんこ先輩(23)が4回2失点で勝利投手、大野ョロ乳首❤️(50)が満塁本塁打、2選手の活躍で接戦を制した三軒茶屋ダイマース(METI野球部 5 対 6 三軒茶屋ダイマース)

リベンジカップ2年連続優勝の新宿REDEYEに黄色信号がともっている。
4月に入り2連敗、合計0勝4敗と最下位を独走中だ。
多くの選手が怪我を抱えていて、打てない、守れない、走れない、そして投げられない四重苦。
監督のバンビ(村井佳祐)(10)も「負け癖がついて勝てる気がしません(笑)」とお手上げ状態。
唯一マキ(6)が打率.500と一人気を吐いている状況で、主力の怪我が治るまで辛抱が続く。

【参考URL】
4安打、7死四球を奪いながらもチャンスで1本が出ず2得点で敗戦の新宿REDEYE(新宿REDEYE 2 対 10 東京シーガルズ)

打撃好調のマガジンズは1勝、合計2勝2敗1分で2位。

BBジャンキーズの4月は試合がなく合計2勝1分で3位。

新規参加の東京アーネストシャルズは4月から始動し、開幕勝利など2勝1敗で4位。

東京アクアホークスの4月は試合がなく合計1勝1敗で5位。

【参考URL】
3安打2得点ながら先発・飯泉(11)の完封でス・リーグ初勝利を挙げた東京アーネストシャルズ(Spallows 0 対 2 東京アーネストシャルズ)

-- 現在の順位を見てどう思うか?また、今後のグループ内の動きをどう見てる?

東京アーネストシャルズ

スカイツ渉外担当★薄井★一塁手(51)

結果より内容を重視して、個人のレベルアップ、チームとしての幅を広げ、より良い試合をしていくことを目指していますので、現在の順位は特に気にしていません。
NOBORIリーグは全チーム10試合消化することが予想されますので、一戦一戦大事にいい内容の試合をして、結果的に上位3チームに入ることが出来ればいいと考えています。

[NOBORI B]苦しい投手事情をオープナーで乗り越えたツインリバーズ 新戦力でさらなる厚みを増したLFD

NOBORI Bグループの4月リーグ成績

NOBORI Bグループの4月リーグ成績

「全員が主役」というチーム方針のツインリバーズが4月に入り1勝、合計2勝0敗1分で首位を守った。
エース・戸田雄大(11)を怪我で欠く中、最近流行のオープナーを起用した戦術が大当たり。
山崎貴浩(99)が先発し1回1失点(自責点0)で抑えると、宇佐美(9)→坂本(5)のリレーで合計3失点に抑える。
打撃陣は戸田雄大(11)、小泉雄三(3)が好調の打線を引っ張り、苦しい投手事情をサポート。
まだ序盤戦だが、「全員が主役」となり長いシーズンを乗り越えたい。

【参考URL】
二回に5安打4死四球の打者一巡の猛攻で8点を奪い快勝したツインリバーズ(新宿REDEYE 3 対 11 ツインリバーズ)

LFDは4月に入り1勝、合計3勝0敗ながら勝点1差で惜しくも2位。
チームは順調そのもの。
エース・角(19)は防御率1.75と磐石だが、荒井(23)が初先発で好投を見せるなど戦力に厚みを増した。
首位のツインリバーズは2勝0敗1分で勝点19、LFDは3勝0敗ながら勝点18、これはNOBORIクラスとの対戦の有無が勝点の差に出ている。
これからNOBORIクラスとの対戦が増えてくるだろうが、WS進出のためには勝点の計算が必要になってくる。

【参考URL】
初先発・初登板の荒井(23)が6回3安打無四球1失点の好投で勝利を呼び込んだ!!(LFD 3 対 1 Raidars)

侍EXECUTIVEは4月に入り2連勝、合計2勝1敗で3位。

東京シーガルズは1勝、合計2勝0敗で4位。

TOKYO SKYHAWKSは1勝、合計1勝1敗で5位。

METI野球部は1敗、合計1勝1敗だが得失点差で最下位。

【参考URL】
監督のT-KAZUKI(55)曰く「投打がガッチリ噛み合った今シーズンのベストゲーム」で快勝した侍EXECUTIVE(侍EXECUTIVE 5 対 0 YAKITORI RAKUDA)

-- 現在の順位を見てどう思うか?また、今後のグループ内の動きをどう見てる?

東京シーガルズ

藤井(8)

2勝0敗という結果は順調だと思います。
ただ、まだ2試合しか消化しておらず他チームもまだこれからという状況なので、他チームの星取り状況を含め、順位については全くもって気にしていません。
チームとしては今まで通り目の前の1試合を丁寧に戦うこと、監督としてはNOBORIチームとの対戦の仕方をどう考えるか、こういったことが重要なのではないでしょうか。

[NOBIRI C]オーシャンズが負けなしで首位!しかしNOBORI同士の対戦次第では下位チームの逆転優勝も!?

NOBORI Cグループの4月リーグ成績

NOBORI Cグループの4月リーグ成績

オーシャンズは4月に入っても勢いが止まらず2連勝、合計6勝0敗1分で首位独走。
エース・喜多村治郎(14)がヒジ痛を抱えながらも粘投し、打撃陣も2試合で計33死四球を奪いよく繋がった。

【参考URL】
4回まで無安打ながら四死球で9点を奪い、効率良く得点を重ね大勝したオーシャンズ(埼京シティーボーイズ 3 対 16 オーシャンズ)

MuddyWatersは4月に入り怒涛の3連勝、合計5勝1敗で2位。
上位打線に元気が無いのが気がかりだが、下位打線がよく繋がり試合終盤に得点を重ねた。

東京 PERFECTSは1勝、合計4勝1敗で3位。
エース・村田峻平(10)が投げては5回1失点、打ってはサヨナラ適時打の大活躍で接戦をものにした。

【参考URL】
チームのヒットは2本のみだが、そのうち1本がサヨナラ適時打で逆転勝利した東京 PERFECTS(Werewolf 1 対 2 東京 PERFECTS)

Brainsは1勝1敗、合計3勝1敗で4位。
2試合とも打撃面で苦しんだが、榎本(直)(16)が2試合で5打数3安打2打点と大暴れでチームを引っ張った。

スレイヤーズは1敗、合計1勝3敗で5位。
今シーズン初戦こそ大勝したが、NOBORIクラスとの対戦では3連敗とクラスの壁に苦しんでいる模様だ。

【参考URL】
2回までに4点リードしながらも、先発・三栖(26)が踏ん張りきれず逆転負けを喫したスレイヤーズ(スレイヤーズ 4 対 6 ボードベースボールクラブ)

Pe Angelsは4月の試合がなく、合計0勝2敗で6位。

ギャルソンジャイアンツはシーズン初戦を飾れず1敗で最下位。
昨シーズンまでリーグ戦3連覇の強豪だが、失策5ではチームも流れに乗れない。

NOBIRI Cはオーシャンズが7試合消化し勝点47で首位に立ったが、2位のMuddyWatersは6試合消化で勝点40とその差は7。
そのため、MuddyWatersが次戦でNOBORIクラスのチームと対戦し勝利すると逆転で首位に立つ。
3位以下も同じようなことが言える。

NOBIRI Cは各チームが好調で、NOBORIとの対戦で勝利を重ねるとどのチームでも優勝が狙える。
激戦のNOBIRI Cで優勝するためには、NOBORI限定ルールをきちんと理解し戦略的に対戦相手を選ばなければいけない。

-- 現在の順位を見てどう思うか?また、今後のグループ内の動きをどう見てる?

Brains

大沼(30)

初戦で同組のMuddyWatersを破り、勢いをつけさせていただきました。

3戦目のStingRays戦は、完全に前週のCS戦の敗戦を引きずりましたが、4戦目の東京アザーズ戦、5戦目の新宿REDEYE戦を、ものにできたのは大きく、順位は妥当かと思っています。

同組対決での楽しみは、あと一つ。
スカイツ・レジェンドカップ(準備中)に、エントリーされる予定のスレイヤーズ戦になります。(いわゆるスカイツで言う巨人対阪神戦みたいなものです)

FBのメッセンジャーグループ「監督の集い2019」では、かなり東京 PERFECTS様が注目されていますが、勢いを止められるかは、Brainsにかかっています。

オーシャンズ様が独走するとは思っていません。
10試合消化の可能性があるチーム同士で、1位から4位までは混戦になると予想します。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

【関連記事】
[MIYABI リーグ戦総括 2019年4月]混戦模様のMIYABIクラス!上位チームは投手陣が安定!! 投稿:2019年5月10日  Total:373 view
[IKIリーグ戦総括 2019年4月]どのチームも優勝を狙えるIKI 好調の新規参加組は勢い失速か!? 投稿:2019年5月10日  Total:407 view
[SATELLITE リーグ戦総括 2019年4月]熱い戦いが続くSATELLITE!初優勝チームが複数誕生しそう!? 投稿:2019年5月10日  Total:331 view

三軒茶屋ダイマース 土居うんこ先輩(23)のプロフィール

所属:三軒茶屋ダイマース / 投打:右投右打 / 役職:
四国の荒波に乗ってやってきたダイマースの新星。別名「虎のカツオ」

詳細を見る

2019年の三軒茶屋ダイマース・土居うんこ先輩(23)の成績詳細

投手成績

日付





















|
詳細
2019年06月22日チーム・バビグリン(○10-2)-2番手1回(0/3)002100000詳細
2019年06月08日Blue Radiants(○4-5)-1番手4回(0/3)142314000詳細
2019年05月18日WiCKS(○0-11)1番手4回(0/3)002412000詳細
2019年05月11日東京アクアホークス(●2-0)-2番手4回(1/3)001112000詳細
2019年04月20日Aspens(○0-9)1番手7回(0/3)0010020000詳細
2019年04月13日東京アーネストシャルズ(○4-8)-1番手4回(0/3)243105100詳細
2019年04月06日METI野球部(○5-6)1番手4回(0/3)224213000詳細
2019年03月24日TOKYO MONSTERS(○1-2)1番手5回(2/3)114102000詳細

打撃成績















2019年06月22日チーム・バビグリン(○10-2)2番打者 - 遊ゴ - 遊ゴ - 空三振 - 三ゴ(1)100000詳細
2019年06月08日Blue Radiants(○4-5)2番打者 - 右安 - 四球 - 一飛 - 右安(2)210000詳細
2019年05月18日WiCKS(○0-11)3番打者 - 投ゴ - 進塁打 - 右2(1) - 右安110000詳細
2019年05月11日東京アクアホークス(●2-0)2番打者 - 犠打 - 三ゴ - ニゴ000000詳細
2019年04月20日Aspens(○0-9)2番打者 - 右飛 - 右安(2) - 四球 - 遊ゴ200000詳細
2019年04月13日東京アーネストシャルズ(○4-8)2番打者 - 三振 - 中2(2) - 四球210000詳細
2019年04月06日METI野球部(○5-6)2番打者 - 遊ゴ - 中安 - 四球010000詳細
2019年03月24日TOKYO MONSTERS(○1-2)5番打者 - 三ゴ - 右直 - 中2(1)110000詳細
2019年03月17日侍EXECUTIVE(○1-5)5番打者 - 三ゴ - 四球 - 空三振010000詳細

打撃成績・打撃結果の見方について

こんな記事も読まれています

[勝手にベストナイン 2018 MIYABI]ライター・Koyaが考えるMIYABI最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月6日  Total:1694 view

[SC 2019 注目選手] 浮上するのみ!サテライト注目の5人の逸材を見よ! 投稿:2019年4月24日  Total:1390 view

[逸材シリーズ 第一回]“ミスター完投” Z’s・山本剛 男がマウンドを守り続ける理由 投稿:2019年2月15日  Total:1040 view

※1/5追記有り![2018 第一回スカイツ・ゴルフコンペ]野球だけじゃない!スカイツ参戦8チーム15名がナイスショット!初代優勝者はAbendsの柳田選手に決定!! 投稿:2019年1月5日  Total:902 view

[祝 SC優勝 2018]歴戦の監督陣がここ一番で本領発揮!“無敵艦隊”Z’s撃破で下馬評を覆し初代栄冠勝ち取る! 投稿:2019年2月7日  Total:859 view

[逸材シリーズ 第三回]“ドクターK”Pe Angels・YOSHIMASA(29) 不屈の闘志でチームを勝利に導く男 投稿:2019年5月7日  Total:850 view

[勝手にベストナイン 2018 IKI]ライター・Koyaが考えるIKI最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月7日  Total:844 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司
■好きなタレント:松岡 昌宏

184831 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキから焼酎ロックへ

181916 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
①1971.11.23生(176.85)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ

171080 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

147807 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129019 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

123065 view

9

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

117293 view

10

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

521

view

レジェンドカップ

サテライトシリーズ

島の少年少女が離島甲子園に出場する為に応援サポーター募集中