[2019年タイトル総括・SATELLITE投手編]新顔が目立つSATELLITE投手編!龍谷大平安で鍛え抜かれたセンスが爆発!?吉田 大(31)が投手二年目で74奪三振を記録!

JAPAN FLASH・吉田 大(31) | 2020年2月13日

最多奪三振 JAPAN FLASH・吉田 大(31) 74奪三振

2012年に誕生し今年で8年目を迎えた東京スカイツリーグ。年々参加チームが増え続け、今シーズンは200チームが参加するマンモスリーグへと成長し、クラスも「NOBORI」「MIYABI」「IKI」「SATELLITE」と実力や曜日別に4つに分類されるようになった。

SATELLITE・投手編のタイトルは新しい顔ぶれが目立つ。SHO-GUN・菊地(13)は今シーズン突如覚醒し、最優秀防御率と最多勝利を獲得。JAPAN FLASH・吉田 大(31)は昨シーズン終盤からチームへ加入し、今シーズンはエースとして最多奪三振を獲得した。

では、2019年タイトル総括・SATELLITE投手編を紹介する。

最優秀防御率 SHO-GUN・菊地(13) 防御率2.12



|
名 前




















|














|





菊地(13)
1778 view
2.121039(2)21080022035147001712

だいさく(11)
577 view
2.13523(0)000030233346300277

TSUKASA(15)
628 view
2.33927(0)1004131912518131109
-
疋田 智義(19)
2038 view
2.33636(0)1001402921724002412
-
舟橋(7)
1087 view
2.33818(0)0004011601211120126

HAGINO(13)
1278 view
2.47728(1)4004003212352202210
5
倉部せいや(25)
1271 view
2.50214(0)0000201216820095

フューチャーカップで優勝した SHO-GUN から、菊地(13)が防御率2.12で最優秀防御率のタイトルを獲得。2位が防御率2.13だったことから、わずか1厘差でのタイトル獲得となった。

2016年は防御率12.38と散々な成績だったが年々向上し、今シーズンは遂には防御率2.12と覚醒した。特に9月15日の パワーオブザゴリラーズ 戦では、内野安打1本しか許さず7回1安打無四球で完封勝利を挙げた。

この覚醒した要因は、メガマック小沢(30)監督のコメントを要約すると「分からない」らしい。しかし、成績を詳しく見てみると与四死球が少なくなっているため、これが要因だろう。近年の成績の上昇度を見ると、もしかしたら来シーズンは防御率1点台もあり得そうだ。

最多投球回 世田谷SUNDAYS・中島(10) 60回

最多投球回 世田谷SUNDAYS・中島(10) 60回

最多投球回 世田谷SUNDAYS・中島(10) 60回



|
名 前




















|














|





中島(10)
588 view
3.271360(0)20055143165467014728

寺坂(2)
606 view
2.51953(0)60063037231212004219

吉田 大(31)
356 view
7.691051(0)300460675744510008156

中谷 好宏(4)
1861 view
3.201046(0)30072050441243503421
5
NOBA(1)
1444 view
10.251242(1)20046040426889007562
6
菊地(13)
1778 view
2.121039(2)21080022035147001712
7
若林(4)
557 view
3.441238(2)00051024345283512619
-
大槻(25)
1560 view
3.981238(2)10034131140232503022


リーグ優勝した 世田谷SUNDAYS から、エース・中島(10)が60回で最多投球回のタイトルを獲得。2位が53回だったため、大差でのタイトル獲得となった。

3月30日の COBAINS 戦で世にも珍しい"ノーヒットアリラン"を達成した。この日は初回からエンジン全開で、四死球は許すものの無失点が続いていた。ところが4回表、四球で走者を許すと、味方の失策で1点を失う。その後も安打を許さなかったが失策でさらに1点を追加され、6回"無安打2失点"で惜しくもノーヒットノーランを逃した。

今シーズンの中島(10)は、すべての試合で自責点4以内に抑えるなど安定感が光った。世田谷SUNDAYS は来シーズンのシリーズ戦の参加権を獲得しているため、中島(10)のさらなる活躍があればプロスタ進出も十分あり得る。

最多勝利 SHO-GUN・菊地(13) 8勝



|
名 前




















|














|





菊地(13)
1778 view
2.121039(2)21080022035147001712

中谷 好宏(4)
1861 view
3.201046(0)30072050441243503421

寺坂(2)
606 view
2.51953(0)60063037231212004219

中島(10)
588 view
3.271360(0)20055143165467014728
-
若林(4)
557 view
3.441238(2)00051024345283512619

SHO-GUN・菊地(13)が最優秀防御率に続いて最多勝利のタイトルを獲得し二冠を達成。昨シーズンまでは23試合に登板し1勝のみだったが、今シーズンだけで8勝を挙げた。

今シーズンは先発に中継ぎにとフル回転だったが、何故か菊地(13)が登板すると打線が活発になった。象徴的だったのが4月20日の C.C.スパローズ 戦である。この日は菊地(13)が登板するまでは2-6の4点ビハインドだったが、登板するやいなや打線が活発になり1イニング7得点の猛攻。9-7で大逆転勝利し菊地(13)に勝ち星がついた。

今シーズンの菊地(13)は投手としても好成績だったが、打撃でも好成績を残した。昨シーズンの打率.231に対し、今シーズンは打率.552である。来シーズンの SHO-GUN の活躍は覚醒した菊地(13)にかかっている。

最多奪三振 JAPAN FLASH・吉田 大(31) 74奪三振



|
名 前




















|














|





吉田 大(31)
356 view
7.691051(0)300460675744510008156

中島(10)
588 view
3.271360(0)20055143165467014728

若林(4)
557 view
3.441238(2)00051024345283512619

中谷 好宏(4)
1861 view
3.201046(0)30072050441243503421
5
大槻(25)
1560 view
3.981238(2)10034131140232503022
6
海斗(26)
816 view
4.09737(2)30033029136204012822
7
菊地(13)
1778 view
2.121039(2)21080022035147001712

今シーズンリーグ2位に躍進した JAPAN FLASH から、エース・吉田 大(31)が74奪三振でタイトルを獲得。2位が65奪三振なので、大差でのタイトル獲得となった。

圧巻だったのは8月31日の 一番星 戦である。初回こそ制球を乱し1三振のみだったが、二回以降はエンジン全開。毎回複数の三振を奪い、6回15奪三振と圧倒的な成績でチームを勝利に導いた。

ただ、吉田 大(31)には課題も多い。立ち上がりが悪く、序盤に大量失点してしまい苦しい試合展開になることが多かった。来シーズンはそこを修正できれば、チーム史上初のリーグ優勝が見えてくるはずだ。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

JAPAN FLASH 吉田 大(31)のプロフィール

所属:JAPAN FLASH / 投打:右投右打 / 役職: 副キャプテン
魚吉の次男坊

詳細を見る

2020年のJAPAN FLASH・吉田 大(31)の成績詳細

投手成績

日付





















|
詳細

登板情報はありません。

打撃成績















打席情報はありません。

打撃成績・打撃結果の見方について

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:675 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:638 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:605 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:537 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:496 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:450 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:446 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206554 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194232 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

185433 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159005 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129499 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118152 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43858 view

349

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!