[2019シーズン MIYABI B 総括]1位と2位が勝点1差の大激戦!直接対決の結果が優勝に繋がった!!

 | 2020年1月10日

2位のHYBRIDSとの直接対決を制し、見事チーム初となるグループ優勝を勝ち取ったBILY

MIYABI B は、新規参加チーム以外はほとんどのチームが10試合近くを消化できた。しかし、さしきオリオンズ は9試合も雨天中止があったため10試合消化できず、ス・リーグではもっとも不運なチームとなってしまった。

1,2位が大激戦となり、勝点1差で BILY が1位。接戦に強く、上位チームを相手に引き分けに持ち込めたのが大きい。2位のHYBRIDSはBILYとの直接対決で敗れたことが最後まで響いた。

[第一位]BILY 7勝2敗1分 勝点55(前年:6勝4敗)

MIYABI Bグループ1位
◎7勝2敗1分 勝率 77.8%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

2016年に参加してから年々順位を上げ、遂には勝点1差でリーグ優勝を果たした。総得点は2018年より10点少なくなったが、接戦を勝ちきったことが優勝に繋がったのだろう。

ベストゲームは最終戦の ボードベースボールクラブ 戦である。初回にいきなり3点を失う悪い流れだったが徐々に持ち直すと、最終回裏にウエノ(20)が値千金適時打を放ち引き分けに持ち込んだ。来シーズンもこのような試合を続けることができれば、2年連続リーグ優勝できるだろう。

[第二位]HYBRIDS 7勝3敗0分 勝点54(前年:6勝2敗2分)

MIYABI Bグループ2位
◎7勝3敗0分 勝率 70.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 四回戦敗退(ベスト8)
◎スカイツ・リベンジカップ 三回戦敗退

過去最高の7勝を挙げたが、1位にはあと一歩、いや、あと半歩届かず2位となった。第七戦で1位の BILY との同組直接対決で敗れたことが痛かった。

今シーズンの一番のトピックは、なんと言ってもエース・クロカワ(96)がス・リーグ最多投球回の記録を更新したことである。リーグ戦では66回、全試合では105回が歴代最多である。しかもリーグ戦全10試合完投する鉄腕ぶりだ。ただ、勤続疲労が心配されるため来シーズンは2,3番手投手の育成が急務である。

[第三位]王子Blitz 2勝7敗1分 勝点45(前年:4勝3敗)

さしきオリオンズの猛追を逃げ切り、見事3位を死守した王子Blitz

さしきオリオンズの猛追を逃げ切り、見事3位を死守した王子Blitz

MIYABI Bグループ3位
◎2勝7敗1分 勝率 22.2%
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

2年ぶりに全10試合消化。シーズン中盤に4連敗を喫してしまい負け越したが、ギリギリで3位を確保しシリーズ出場権を獲得した。

1点差ゲームを2試合落としたことが痛かった。どちらも打線は活発だったが、大事なところであと一本が出ず競り負けてしまった。2019年は、2018年と比べて平均得点が約2.5点も少なくなってしまったので、来シーズンは打線のてこ入れが必要になりそうだ。

[第四位]さしきオリオンズ 4勝2敗2分 勝点42(前年:4勝4敗1分)

MIYABI Bグループ4位
◎4勝2敗2分 勝率 66.7%
◎スカイツ・リベンジカップ 二回戦敗退

8試合しか消化できず2年連続Bクラスに沈んだ。しかし、全チームの中で雨天中止がぶっちぎりに多い9試合もあり、順調に試合を組めなかったことがこの結果の要因である。

開幕から雨天中止が3試合続き、シーズン初戦は7月にずれ込んでしまった。その後は週1ペースで試合を組んだが、今度は10月に入り雨天中止が5試合もあり10試合消化できず。ただ、そんな状況で万全のメンバーで試合を組めないながらも勝ち越したのは素晴らしい。もしかしたらチームメートに雨男がいるかもしれないので、来シーズンはまず御祓いをしてもらったほうがいいかもしれない。

[第五位]Muay Thai Oceans 6勝4敗0分 勝点42※規約違反1試合(前年:8勝2敗)

規約違反が悔やまれるMuay Thai Oceans

規約違反が悔やまれるMuay Thai Oceans

MIYABI Bグループ5位
◎6勝4敗0分 勝率 60.0%
◎草野球サテライトシリーズ 初戦敗退
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

10試合を消化し6勝4敗で勝ち越したものの、リーグ規約違反が1試合あったため勝点42で惜しくも5位に終わった。それさえなければ2位になっていたかもしれない。

ここ3年は総得点が90点前後だったが、今シーズンは66点まで落ち込んでしまった。これはチーム本塁打の減少が原因だろう。2018年は9本だったのに対し、2019年は3本まで減少してしまった。そのため走者を溜めても返せず、得意の打撃戦ではなく接戦に持ち込まれ苦しい試合が多くなっていた。

[第六位]フィールドドックス 3勝3敗1分 勝点35(前年:-)

MIYABI Bグループ6位
◎3勝3敗1分 勝率 50.0%

6月に3試合連続雨天中止があったため10試合消化できなかったが、新規参加で強豪チームと多く対戦しながらイーブンに持ち込めたのは御の字だろう。

開幕当初は試合勘不足や暑さ対策不足などでぎこちない試合が多かったが、徐々に慣れると本来の力を発揮。ボードベースボールクラブ には敗れてしまったが、その他のチームには互角以上に戦えたのは収穫だろう。

[第七位]ZERO ONE 3勝2敗0分 勝点26(前年:0勝1敗)

MIYABI Bグループ7位
◎3勝2敗0分 勝率 60.0%

2018年は人数が集まらず活動停止していたが、今シーズンはなんとか活動再開し3勝2敗と勝ち越した。だた、3試合連続雨天中止があり10試合消化できず不完全燃焼のシーズンでもあった。

MVPを挙げるとすればヒロキ(5)になるだろう。投手としては全5試合に先発し4試合で完投。打者としては中軸として打率.400を記録。しかも、人数不足のときには助っ人を集めるなど大活躍だった。

[第八位]エクスカリバーズ 1勝1敗1分 勝点15(前年:-)

MIYABI Bグループ8位
◎1勝1敗1分 勝率 50.0%

新規参加で7月から始動したため3試合しか消化できなかった。しかも雨天中止が2試合もあるなど、順調に試合を組めなかったのが痛い。

練習不足などであと一本が出ない試合も多かったが、大差負けはなく好勝負ができていた。来シーズンは、全10試合消化できれば上位進出も十分あり得る。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:326 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:316 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:314 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:284 view

[2019シーズン MIYABI A 総括]勝ち越しチーム無し!?1位から7位まで勝点7差以内の稀に見る大混戦!! 投稿:2020年1月10日  Total:273 view

[2019シーズン MIYABI C 総括]上位3チームが勝点2差以内!東京南海ホークスが7年連続10試合消化を達成!! 投稿:2020年1月10日  Total:252 view

[2019シーズン MIYABI H 総括]東京ジュピターズが3年連続リーグ優勝&5年連続10試合消化の快挙達成!! 投稿:2020年1月17日  Total:235 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206342 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

190871 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

177651 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

156909 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129423 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

117929 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43782 view

276

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!