[2019シーズン MIYABI C 総括]上位3チームが勝点2差以内!東京南海ホークスが7年連続10試合消化を達成!!

 | 2020年1月10日

MIYABI C は10試合消化が5チーム、9試合消化が1チームと順調なグループだったが、上位3チームが勝点2差以内の大激戦となり新規参加の Spallows が自慢の打撃力で接戦を勝ちきり1位となった。

この中で注目は 東京南海ホークス である。2013年からス・リーグに参加し、2019年で7年連続10試合消化を達成。しかも、安定感のある戦いぶりでそのうち6回目のAクラスを確保した。

[第一位]Spallows 7勝2敗1分 勝点55(前年:-)

MIYABI Cグループ1位
◎7勝2敗1分 勝率 77.8%

新規参加ながら10試合消化し貯金5でリーグ優勝を果たした。さすがにス・リーグでも実力上位チームには敗れてしまったが、自慢の打撃力で接戦を勝ちきった。

全10試合に出場した選手は2名しかおらず、打順を固定できないながらも打線は活発だった。特に河合(27)はチーム最多の15打点でチームを牽引し、打点を挙げた試合はすべて勝利している。来シーズンのシリーズ出場権を獲得しており、この状態で挑むことができれば上位進出も十分あり得る。

[第二位]太陽ライジンズ 7勝3敗0分 勝点54(前年:4勝5敗1分)

MIYABI Cグループ2位
◎7勝3敗0分 勝率 70.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 準優勝

シーズン終盤に失速してしまったが、開幕6連勝もあり過去最高の2位となった。2018年の総得点が60点で2019年が82点だったため、打撃力の向上が成績に直結したと言えるだろう。

得点力アップの要因は栁邉(21)と西村(2)の活躍だろう。栁邉(21)は、2018年は4試合に出場し打率.111だったが、2019年は8試合に出場し打率.318と大幅アップし、しかも13盗塁と走りまくったことが打線を活発にした。西村(2)は投打にフル回転し、チーム首位打者や最多勝などチーム六冠の大活躍だった。

[第三位]東京南海ホークス 6勝3敗1分 勝点53(前年:3勝6敗1分)

7年連続10試合完走を続けてた東京南海ホークスが3位を死守

7年連続10試合完走を続けてた東京南海ホークスが3位を死守

MIYABI Cグループ3位
◎6勝3敗0分 勝率 66.7%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 初戦敗退
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

毎年安定感のある戦いぶりの 東京南海ホークス は、7年連続10試合消化し、2019年も6勝3敗1分でAクラスを確保。2019年の1試合平均得点は6.1点、平均失点は6.2点で、全シーズンの平均に落ち着いた。

シーズン最終戦で強豪の MuddyWaters と対戦したが、相手投手の好投の前にノーヒットノーランの大ピンチであった。しかし、この試合が初出場の新人・TARO(99)が安打を放ち1安打でノーノーの危機を見事阻止。来シーズンは即戦力として期待できそうだ。

[第四位]Tokyo Good Fielders 4勝6敗0分 勝点48(前年:4勝5敗1分)

MIYABI Cグループ4位
◎4勝6敗0分 勝率 40.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 初戦敗退
◎スカイツ・サテライトカップ 初戦敗退(ベスト16)

シーズン開幕からは、負け、勝ち、負け、勝ちの繰り返しだったが、終盤に3連敗を喫しチーム史上初の勝ち越しはならなかった。

2019年は磯崎(1)監督、多田(7)GM両名が不在の試合が多かった。そのため、人集めや試合の段取りなどで苦労したようだが、チームが結束し助っ人などの協力も得てこのピンチを乗り切ることができた。結束力が強くなったことで、来シーズンはチーム史上初の勝ち越しも射程圏内だ。

[第五位]千種倶楽部 3勝7敗0分 勝点46(前年:3勝5敗2分)

千種倶楽部は平均失点をどう改善するかがポイントになるだろう

千種倶楽部は平均失点をどう改善するかがポイントになるだろう

MIYABI Cグループ5位
◎3勝7敗0分 勝率 30.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

3年連続10試合消化したが、シーズン中盤の4連敗が響いて負け越してしまった。ただ、ス・リーグでも実力上位チームとの対戦が多かったため仕方ないとも言える。

チームメンバー年齢のボリュームゾーンが55~57歳になったとのことで、総得点は2017年から82点→48点→34点と減少傾向で、総失点は47点→68点→93点と増加傾向だ。しかし、最終戦のコメントで「来年は守って打って勝ちたいです」と残しているため、来シーズンはAクラスへの返り咲きに期待したい。

[第六位]ラッキーストライクス 4勝5敗0分 勝点44(前年:-)

MIYABI Cグループ6位
◎4勝5敗0分 勝率 44.4%

新規参加の ラッキーストライクス は4勝5敗で惜しくも負け越しとなった。シーズン最終戦が雨天中止となってしまい、10試合消化できなかったのが痛かった。

ラッキーストライクス は走塁の意識が高いチームである。2019年のチーム成績では、5試合以上の1試合平均の盗塁ランキングで見事4位に入った。1位の ケンズ は頭ひとつ抜けているが、2位以下のチームは混戦となっているため、来シーズンは2位も十分あり得る。

[第七位]Retty Baseball Club 2勝4敗0分 勝点18※規約違反1試合(前年:-)

MIYABI Cグループ7位
◎2勝4敗0分 勝率 33.3%

新規参加で6試合しかできず負け越しとなった。ただ、負けた試合の対戦相手は LFD、PALYBALLS、ツインリバーズ とス・リーグでも最上位チームなので、この結果は大健闘の部類だろう。

高木(26)が素晴らしい成績を残した。5試合しか出場していないが、打率.800、長打率1.500、出塁率0.875と圧倒的である。もし10試合消化できていたらどのような成績を残していたのだろうか。

[第八位]ローズフェニックス 0勝1敗0分 勝点4

MIYABI Cグループ8位
◎0勝1敗0分 勝率 0.0%

新規参加の ローズフェニックス は8月から始動したため1試合しかできなかった。打撃力はあるようなので、来シーズンに期待したい。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

こんな記事も読まれています

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:890 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:830 view

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:820 view

[2019年タイトル総括・IKI打者編]浦安Marlinesの奥田 悠斗(1)が首位打者!PALYBALLS・しーの(25)は二冠達成!! 投稿:2020年6月2日  Total:792 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:763 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:674 view

※再掲載[LC 2019 決勝 見どころ]総合力で東京 PERFECTSが優位か!?TOKYO SKYHAWKSは接戦に持ち込みたい!!(東京 PERFECTS 対 TOKYO SKYHAWKS) 投稿:2020年7月16日  Total:652 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206879 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194850 view

3

Brains
30大沼

■2020年7月26日付で選手としては引退しました。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【#30 大沼 公式戦通算成績】
35試合/86打席/7

187176 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159286 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129635 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118481 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43997 view

496

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手