[2019シーズン MIYABI D 総括]プレアデスが独走で2年連続リーグ優勝!新規参加のVAMPIREが大健闘の2位!!

 | 2020年1月14日

くっしー(94)と金箱(17)の2人の新メンバーの活躍が目立ったプレアデス

MIYABI D は8チーム中4チームが新規参加のチームであった。そのため、10試合消化できたチームはたった2チームだけで、4位以下のチームで10試合消化できたチームはいない。

プレアデス が独走状態で2年連続リーグ優勝、6年連続10試合消化、7年連続Aクラス達成の快挙を成し遂げた。もし他のリーグであっても勝点56は1位相当なので、MIYABIの中では強さが目立つ形となった。

[第一位]プレアデス 8勝2敗0分 勝点56(前年:6勝2敗2分)

MIYABI Dグループ1位
◎8勝2敗0分 勝率80.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 三回戦敗退(ベスト16)
◎スカイツ・レジェンドカップ 二回戦敗退(ベスト16)

8勝2敗、勝点56で MIYABI D では圧倒的1位となり、2013年にス・リーグに参加以降7年連続Aクラスを確保した。しかも6年連続10試合消化も達成している。

2019年はくっしー(94)と金箱(17)の2人の新メンバーの活躍が目立った。くっしー(94)はリーグ戦に6試合出場し、チーム首位打者の打率.421を記録。金箱(17)は投手兼ユーティリティープレーヤーとしてリーグ戦全試合に出場し、投手としてはストッパーで、打者としては10打点を挙げリーグ優勝に貢献した。主力がまだ健在のため、来シーズンもどのグループになっても優勝候補筆頭だろう。

[第二位]VAMPIRE 6勝2敗1分 勝点49(前年:-)

MIYABI Dグループ2位
◎6勝2敗1分 勝率75.0%

雨天中止がこのグループで1番多い5試合あったため10試合消化できず。しかし、新規参加ながら6勝2敗1分で勝ち越し2位を確保した。

主将にして投打の柱・塙(11)の活躍が目立った。投手としては投手制限があるため長いイニングが投げられないが、18回を投げて防御率0.78、29奪三振の大活躍。打者としても打率.450、8打点、5盗塁の好成績でチームを牽引した。来シーズンはス・リーグにも慣れてくると思われるので、10試合消化できればリーグ優勝も十分あり得る。

[第三位]ピュアスターズ 3勝6敗1分 勝点47(前年:8勝2敗)

MIYABI Dグループ3位
◎3勝6敗1分 勝率33.3%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・レジェンドカップ 初戦敗退(ベスト24)

ス・リーグ参加以降2年連続10試合消化したが、3勝6敗1分と前年から大きく成績を落とし負け越してしまった。ただ、10試合消化できたためなんとか3位に滑り込んだ。

負け越しの原因は得点力不足である。2018年は総得点が76点に対し2019年は59点と、17点も少なくなってしまった。試合後のコメントで「あと一本が出ない」というのが目立つので、チャンスをモノにできず競り負けたのが要因のひとつだろう。全員打ちなのでこれは仕方ないのもあるが、上手く打線を組むことができればリーグ優勝する力はある。

[第四位]新宿Bepps 6勝0敗0分 勝点36(前年:7勝2敗1分)

2試合連続雨天中止で4位に沈んだ新宿Bepps

2試合連続雨天中止で4位に沈んだ新宿Bepps

MIYABI Dグループ4位
◎6勝0敗0分 勝率100.0%
◎草野球サテライトシリーズ ベスト4
◎スカイツ・チャレンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

6勝0敗と勝ちっぱなしであったが、2試合連続雨天中止が響き10試合消化できず4位に沈んだ。チーム成績を見ると全10試合消化できていればリーグ優勝もあったかもしれない。

2019年は投打に充実した1年であった。投手陣はエース・UCHIDA(18)を中心にTATSUHIRO(19)、KAIRI(11)など枚数が揃い安定。打撃陣は中軸のTATSUYA(10)の調子が上がらなかったが、KONAOKI(0)が機動力で、KAIRI(11)が長打力でチームを牽引した。期待の新人・HASHIDATE(0)も加入したとのことで、来シーズンは10試合消化できれば上位進出間違いなしだ。

[第五位]らくらくアーモンズ 3勝2敗1分 勝点31(前年:-)

MIYABI Dグループ5位
◎3勝2敗1分 勝率60.0%

新規参加の らくらくアーモンズ は月1で試合を組んでいたが、10試合消化できず3勝2敗1分で5位となった。

ベストゲームは5月18日の フィールドドックス 戦である。先発のエース・佐南(13)は制球に苦しみ、毎回のように四死球を出す苦しい展開。しかし、二回のピンチを切り抜けると徐々に調子を上げ、味方の守備にも助けられ6回無安打無失点の投球でノーヒットノーランを達成した。

[第六位]Dreams 2勝3敗0分 勝点24(前年:-)

MIYABI Dグループ6位
◎2勝3敗0分 勝率40.0%

新規参加で始動が7月からだったため10試合消化できず。しかし、強豪と対戦しながらのこの結果は御の字であろう。

打撃力のチームである。チーム打率は.304、長打率は.536と高く、打撃戦に持ち込むことができれば強い勝ち方をする。ただ、軸となる投手が不在のようなので、来シーズンはそこを整備して10試合消化できれば上位進出は射程圏内だ。

[第七位]FAツインズ 1勝1敗0分 勝点10(前年:1勝4敗1分)

MIYABI Dグループ7位
◎1勝1敗0分 勝率50.0%
◎スカイツ・サテライトカップ 初戦敗退(ベスト16)

2017年にはリーグ2位になった FAツインズ だが、2019年は2試合しか消化できず1勝1敗で7位に沈んだ。

2019年は3月に1試合、4月に1試合と順調なスタートだったが、それ以降は試合を組んでいない。2試合目のコメントで「去年は6試合しか消化できませんでしたが、今年はもう2試合消化できました。10試合完走を目指して頑張りたいですね。」と述べていたが……。

[第八位]BILLS 1勝3敗0分 勝点10(前年:1勝3敗0分)

仲肥 広大(10)の活躍が目立ったBILLS

仲肥 広大(10)の活躍が目立ったBILLS

MIYABI Dグループ8位
◎1勝3敗0分 勝率25.0%

新規参加で4試合しか消化できず1勝3敗で8位となった。リーグ規約違反による1敗があったが、それは試合中に怪我人が出たためで試合自体は勝利している。そのため、実質2勝2敗と言えるだろう。

仲肥 広大(10)の活躍が目立った。全4試合に出場した選手の中で1位の打率を記録し、5月4日の WANDS 戦では長打3本を連発するなどチームを牽引した。仲肥 広大(10)を中心に今後の活躍に期待したい。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:326 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:316 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:314 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:284 view

[2019シーズン MIYABI B 総括]1位と2位が勝点1差の大激戦!直接対決の結果が優勝に繋がった!! 投稿:2020年1月10日  Total:276 view

[2019シーズン MIYABI A 総括]勝ち越しチーム無し!?1位から7位まで勝点7差以内の稀に見る大混戦!! 投稿:2020年1月10日  Total:274 view

[2019シーズン MIYABI C 総括]上位3チームが勝点2差以内!東京南海ホークスが7年連続10試合消化を達成!! 投稿:2020年1月10日  Total:252 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206342 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

190871 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

177651 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

156909 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129423 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

117929 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43782 view

230

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!