[2019シーズン IKI D 総括]新規参加のブラックタイガースが優勝!ミッカボーズは10試合消化できず惜しくも2位!!

 | 2020年2月20日

打撃力が魅力のブラックタイガース

IKI D は10試合消化が1チーム、9試合が2チーム、5試合が3チームと、順調に試合を消化できなかったチームが多かった。雨天中止も ミッカボーズ と WiCKS が4試合、高円寺アッカ が3試合と多かったためそれが影響したようだ。

この中で注目は ブラックタイガース である。ス・リーグでも上位の打撃力を擁し強豪チームと渡り合い、参加初年度にして見事リーグ優勝を果たした。

[第一位]ブラックタイガース 4勝5敗1分 勝点49(前年:-)

IKI Dグループ1位
◎4勝5敗1分

新規参加で4勝5敗1分ながら10試合消化したことで1位に。リーグ最終戦のサヨナラ負けさけなければ勝ち越しだったため、それが悔やまれる。

打撃力が魅力のチームである。チーム打率.327、長打率.476は2019年のランキングではともに20位以内に入る。登録人数は36人と大所帯で、10試合に出場した選手は2人しかいないにも関わらずこの結果は、よほど選手の平均レベルが高いのだろう。あとは投手陣の核になる選手が出てくれば勝ち星がもっと増えそうだ。

[第二位]ミッカボーズ 4勝4敗1分 勝点45(前年:4勝6敗)

新戦力の活躍が目立ったミッカボーズ

新戦力の活躍が目立ったミッカボーズ

IKI Dグループ2位
◎4勝4敗1分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・チャレンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

開幕3連敗で一時はどうなるかと思われたが、その後の6戦は4勝1敗1分と持ち直し、4勝4敗1分のイーブンに持ち込んだ。ただ、雨天中止が4試合もあり10試合消化できなかったため惜しくも2位になった。

2019年は新戦力の活躍が目立った。坂倉(9)はシーズン後半から調子を上げ2番打者として固定されると、打率.467、8打点、出塁率.579はチーム1位を記録。岡田(111)は8打数1安打だったが、リーグ最終戦で大器の片鱗を見せる二塁打を放った。2020年は新戦力がコンスタントに活躍するようになれば、チーム初のリーグ優勝も見えてくるはずだ。

[第三位]高円寺アッカ 1勝7敗1分 勝点39(前年:1勝4敗)

IKI Dグループ3位
◎1勝7敗1分
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

大型連敗が2つもあり1勝7敗1分と負け越し。しかも雨天中止が3試合もあり10試合消化できなかったが、下位チームの試合数が少なかったため3位に滑り込んだ。

結果だけ見ると大きく負け越しているが、対戦相手は 東京アーネストシャルズ、ツインリバーズ、YAKITORI RAKUDA、Spallows などス・リーグでも実力最上位チームであるため、仕方がないようにも思える。ただ、Spallows との試合ではあと一歩で勝利するところまで追い詰めていたように実力はあるチームなので、2020年の巻き返しに期待したい。

[第四位]Jakays 3勝1敗1分 勝点27(前年:5勝1敗)

IKI Dグループ4位
◎3勝1敗1分
◎スカイツ・レジェンドカップ 初戦敗退(ベスト24)

3勝1敗1分と勝ち越したが、5試合しか消化できなかったため4位となった。

エース・藤倉(28)の好投が光った1年であった。シーズン序盤の2試合こそ調子が上がらなかったが、3試合目は自慢のストレートを武器に、5回無安打5奪三振のパーフェクトな投球を見せてくれた。実力はあるチームだけに、2020年は10試合消化すればリーグ優勝もあり得る。

[第五位]Werewolf 3勝2敗 勝点26(前年:6勝3敗)

IKI Dグループ5位
◎3勝2敗0分

3勝2敗と勝ち越したものの5試合しか消化できなかったため、優勝した2018年から一転して5位に沈んだ。

ただ、打線は活発であった。1試合平均得点はこのリーグで1番多い7.6点を記録し、2桁得点を奪った試合も2試合あった。特にシーズン初戦は18安打で先発全員安打を記録し、14得点を奪い大勝している。

[第六位]WiCKS 3勝2敗 勝点26(前年:3勝6敗)

2枚看板が安定しているWiCKSに期待したい

2枚看板が安定しているWiCKSに期待したい

IKI Dグループ6位
◎3勝2敗0分
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

3勝2敗で勝ち越したものの、6月以降に4試合連続雨天中止があったため10試合消化できず。勝点は5位の Werewolf と同じ26点だったものの、得失点差でわずかに6位となった。

2019年はムードメーカーの佐藤 航(12)が約5年ぶりに復帰したことが勝ち越しに繋がったようだ。1試合目の復帰戦でいきなり5番に座ると、2安打を放つなどでチームの勝利に貢献。その後も中軸を担ったことでチームの打線が活性化され、打ち勝つ試合も多くなっていた。投手陣も佐々木 敦郎(77)、西原 弘高(0)の2枚看板が安定しているため、2020年の巻き返しに期待したい。

こんな記事も読まれています

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:780 view

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:778 view

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:717 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:710 view

[2019年タイトル総括・IKI打者編]浦安Marlinesの奥田 悠斗(1)が首位打者!PALYBALLS・しーの(25)は二冠達成!! 投稿:2020年6月2日  Total:657 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:605 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:599 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206688 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194583 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野球連盟「

186969 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159196 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129584 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118335 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43938 view

479

view

サテライトシリーズ

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!