[2019シーズン IKI D 総括]新規参加のブラックタイガースが優勝!ミッカボーズは10試合消化できず惜しくも2位!!

 | 2020年2月20日

打撃力が魅力のブラックタイガース

IKI D は10試合消化が1チーム、9試合が2チーム、5試合が3チームと、順調に試合を消化できなかったチームが多かった。雨天中止も ミッカボーズ と WiCKS が4試合、高円寺アッカ が3試合と多かったためそれが影響したようだ。

この中で注目は ブラックタイガース である。ス・リーグでも上位の打撃力を擁し強豪チームと渡り合い、参加初年度にして見事リーグ優勝を果たした。

[第一位]ブラックタイガース 4勝5敗1分 勝点49(前年:-)

IKI Dグループ1位
◎4勝5敗1分

新規参加で4勝5敗1分ながら10試合消化したことで1位に。リーグ最終戦のサヨナラ負けさけなければ勝ち越しだったため、それが悔やまれる。

打撃力が魅力のチームである。チーム打率.327、長打率.476は2019年のランキングではともに20位以内に入る。登録人数は36人と大所帯で、10試合に出場した選手は2人しかいないにも関わらずこの結果は、よほど選手の平均レベルが高いのだろう。あとは投手陣の核になる選手が出てくれば勝ち星がもっと増えそうだ。

[第二位]ミッカボーズ 4勝4敗1分 勝点45(前年:4勝6敗)

新戦力の活躍が目立ったミッカボーズ

新戦力の活躍が目立ったミッカボーズ

IKI Dグループ2位
◎4勝4敗1分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・チャレンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

開幕3連敗で一時はどうなるかと思われたが、その後の6戦は4勝1敗1分と持ち直し、4勝4敗1分のイーブンに持ち込んだ。ただ、雨天中止が4試合もあり10試合消化できなかったため惜しくも2位になった。

2019年は新戦力の活躍が目立った。坂倉(9)はシーズン後半から調子を上げ2番打者として固定されると、打率.467、8打点、出塁率.579はチーム1位を記録。岡田(111)は8打数1安打だったが、リーグ最終戦で大器の片鱗を見せる二塁打を放った。2020年は新戦力がコンスタントに活躍するようになれば、チーム初のリーグ優勝も見えてくるはずだ。

[第三位]高円寺アッカ 1勝7敗1分 勝点39(前年:1勝4敗)

IKI Dグループ3位
◎1勝7敗1分
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

大型連敗が2つもあり1勝7敗1分と負け越し。しかも雨天中止が3試合もあり10試合消化できなかったが、下位チームの試合数が少なかったため3位に滑り込んだ。

結果だけ見ると大きく負け越しているが、対戦相手は 東京アーネストシャルズ、ツインリバーズ、YAKITORI RAKUDA、Spallows などス・リーグでも実力最上位チームであるため、仕方がないようにも思える。ただ、Spallows との試合ではあと一歩で勝利するところまで追い詰めていたように実力はあるチームなので、2020年の巻き返しに期待したい。

[第四位]Jakays 3勝1敗1分 勝点27(前年:5勝1敗)

IKI Dグループ4位
◎3勝1敗1分
◎スカイツ・レジェンドカップ 初戦敗退(ベスト24)

3勝1敗1分と勝ち越したが、5試合しか消化できなかったため4位となった。

エース・藤倉(28)の好投が光った1年であった。シーズン序盤の2試合こそ調子が上がらなかったが、3試合目は自慢のストレートを武器に、5回無安打5奪三振のパーフェクトな投球を見せてくれた。実力はあるチームだけに、2020年は10試合消化すればリーグ優勝もあり得る。

[第五位]Werewolf 3勝2敗 勝点26(前年:6勝3敗)

IKI Dグループ5位
◎3勝2敗0分

3勝2敗と勝ち越したものの5試合しか消化できなかったため、優勝した2018年から一転して5位に沈んだ。

ただ、打線は活発であった。1試合平均得点はこのリーグで1番多い7.6点を記録し、2桁得点を奪った試合も2試合あった。特にシーズン初戦は18安打で先発全員安打を記録し、14得点を奪い大勝している。

[第六位]WiCKS 3勝2敗 勝点26(前年:3勝6敗)

2枚看板が安定しているWiCKSに期待したい

2枚看板が安定しているWiCKSに期待したい

IKI Dグループ6位
◎3勝2敗0分
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

3勝2敗で勝ち越したものの、6月以降に4試合連続雨天中止があったため10試合消化できず。勝点は5位の Werewolf と同じ26点だったものの、得失点差でわずかに6位となった。

2019年はムードメーカーの佐藤 航(12)が約5年ぶりに復帰したことが勝ち越しに繋がったようだ。1試合目の復帰戦でいきなり5番に座ると、2安打を放つなどでチームの勝利に貢献。その後も中軸を担ったことでチームの打線が活性化され、打ち勝つ試合も多くなっていた。投手陣も佐々木 敦郎(77)、西原 弘高(0)の2枚看板が安定しているため、2020年の巻き返しに期待したい。

こんな記事も読まれています

※再掲載[LC 2019 決勝 見どころ]総合力で東京 PERFECTSが優位か!?TOKYO SKYHAWKSは接戦に持ち込みたい!!(東京 PERFECTS 対 TOKYO SKYHAWKS) 投稿:2020年8月20日  Total:2160 view

【CS D3 2024優勝予想】本命は圧倒的な成績でリーグ優勝の三千盛ケルベロス!!昨シーズン王者のピグレッツは対抗評価!? 投稿:2024年4月27日  Total:2114 view

[公式戦 2021 試合レビュー]よっちーずは走攻守が噛み合い今シーズン白星発進!左翼手・秋山真衣(21)が大飛球を好捕!!(よっちーず 5 対 2 REGALOS) 投稿:2021年3月26日  Total:1869 view

[SS 2019 西武メットライフドーム決勝戦 見どころ]総合力でZ’sが優位か!?パワーオブザゴリラーズは積極走塁で相手守備陣を翻弄したい!!(パワーオブザゴリラーズ 対 Z’s) 投稿:2020年10月1日  Total:1864 view

[LC 2020 決勝戦 見どころ]勢いがある三軒茶屋ダイマースが優位か!?勝敗の鍵は投手陣の継投にあり!!(東京アーネストシャルズ 対 三軒茶屋ダイマース) 投稿:2021年10月4日  Total:1808 view

[2019シーズン SATELLITE E 総括]ケンズ「チーム力に厚み増し、リーグ戦連覇達成」 投稿:2020年1月30日  Total:1765 view

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:1742 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

C.C.Nationals
66大森

ツボにはまれば長打を打てる捕手で第2代C.C.Nationals新人王受賞(近藤と同時受賞)
2018の大半をカナダへ留学(もとい、MLB観戦旅行)していた。
一時期から体

51226 view

2

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#BRAINS 0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区

49614 view

3

ギャルソンジャイアンツ
4ズッシー

年に1度、芯で打った時の飛距離はチームNo.1のスラッガー。オレンジ色の木製バットにこだわりを持ち、毎年買い替えて愛用しているが、チームメイトからはビヨンドを使えばすぐに4番を打てるのに…と陰口を叩か

44667 view

4

Aspens
29ゆめか

Aspensを支える美人マネージャー(笑)。
趣味は休日にカフェを巡ることと読書(多分)。

44619 view

5

Aspens
16日野

調子に乗るとすぐに怪我する足爆弾持ち。三冠王を取ったら引退するという目標を立てている。

34784 view

6

Aspens
1秋山

Aspens監督兼「左の」エース。
2022年エース剥奪。仕方ないのでバットとグラウンド取得と出欠管理で貢献する。

22960 view

7

渡辺WINS
15阿部

2021年度期待の新戦力!!

17371 view

8

大田ブルーウェーブ
1森本遥斗

色気のあるプレーで多くの女性を魅了する走攻守三拍子揃った天才イケメンエース!昨年は投手三冠に輝き、打撃では不動の3番として君臨し華麗な遊撃守備を披露。見た目だけでクズ男キャラになってしまう。

17310 view

9

PALYBALLS
10ノブ

★チーム創設メンバー
■2016年11月入団
■可能性の獣
*オタク×野球の象徴!
■推しメン:
・篠塚つぐみ/プレイボールズ

16850 view

10

アオイハル
11松島 大進

13214 view

1291

view

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手