[SC 2019 決勝 見どころ]戦力評価は互角!チームワークの吉原オールディーズVS打撃力のRangers!!(吉原オールディーズ 対 Rangers)

 | 2020年8月20日

吉原オールディーズの石原 英二(5)投手

0

2020年8月22日(土)
9: 00~
大田スタジアム野球場
[試合終了][詳細]

9

吉原オールディーズ 0 0 0 0 0 0
Rangers 1 3 5 0 9
勝
C.JINDONG(22)
841 view 3試合 2勝1敗0S
負
石原 英二(5)
2833 view 1試合 0勝1敗0S

試合スタッツ(打者成績比較)

先攻/後攻










































.___0.000 0.33324160000000000715031

.2500.438 0.48026166400174011532020

試合スタッツ(投手成績比較)

チーム名


















|














|





15.754(1)000010312530099

0.005(0)100100005710000

新型コロナウイルス感染症等の影響もあり延び延びとなってしまったが、2020年8月22日(土)に大田スタジアム野球場でサテライトカップ2019決勝戦が行われる。対戦カードは、共にトーナメント初出場にして初の決勝進出となる 吉原オールディーズ VS Rangers となった。

吉原オールディーズ はチーム一丸となり接戦に持ち込みたいはずだ。一方 Rangers は破壊力抜群の打線で先制点を奪い試合を優位に進めたい。

では、サテライトカップ2019決勝戦の詳しい見どころを紹介する。

両チームのスターティングメンバー

吉原オールディーズ

打順守備選手名経験打率最近の打率
1小林 琢磨(10) 1020 view.333.333
2堤 康洋(29) 1052 view.___.___
3平田 翼(23) 329 view.400.400
4DH花枝 孝尚(14) 994 view.500.500
5松本 英希(3) 859 view.500.500
6平野 鉄也(28) 746 view.___.___
7花薗 真(27) 565 view.___.___
8小島 諒(2) 201 view.___.___
9DH白石 学(7) 764 view.___.___
10DH植田 智之(19) 581 view.500.500
11DH五位野 一樹(15) 787 view.___.___
12石原 英二(5) 2833 view.___.___
13DH吉江 辰及(16) 111 view.___.___
14DH太田 文博(8) 341 view
45歳以上
.___.___
15DH望月 智成(30) 813 view
45歳以上
.___.___
16蝉丸 祐哉(26) 46 view.___.___

Rangers

打順守備選手名経験打率最近の打率
1S.YUKI(0) 318 view.316.286
2K.JINYOO(47) 1130 view.444.200
3N.TEPPEI(1) 729 view.250.200
4S.FUMIYA(3) 311 view.276.333
5DHK.SATORU(31) 462 view.280.___
6J.JAEHOON(11) 607 view.357.250
7K.KYONGJOO(20) 850 view.125.167
8C.JUNHYEONG(7) 420 view.105.143
9L.JOONSUK(52) 20 view.400.400

※打率とは試合開始前までの打率、最近の打率とは直近3試合の打率です。

<吉原オールディーズのトーナメント成績>
一回戦 ○9-1 道玄坂カクタス
二回戦 ○6-3 荒川ルチャリブレ
準決勝 ○4-4 PATRIOTS

<Rangersのトーナメント成績>
一回戦 ○8-7   JAPAN FLASH
二回戦 ○15-5  恵比寿モレーナ
準決勝 ○不戦勝 世田谷SUNDAYS

【参考URL】
2019年 スカイツ・サテライトカップのトーナメント表はこちら

チームワーク◎の吉原オールディーズ!エース・石原 英二(5)の活躍に期待大!!

吉原オールディーズ はス・リーグでもトップレベルのチームワークが魅力のチームである。
SCの予選ではいくつものピンチがあったが、チーム一丸で乗り越え初の決勝進出となった。

【参考URL】
エース・石原 英二(5)の好投もあり、ジャンケン決戦で勝利し決勝進出を決める!!(吉原オールディーズ 4 対 4 PATRIOTS)

打撃陣は花枝 孝尚(14)、堤 康洋(29)、石原 勇也(17)の3人が中心。
花枝 孝尚(14)はス・リーグ通算打率が4割超の好打者で、チームでは打撃ヘッドコーチも兼任する。
堤 康洋(29)は大きな体格に似合わないコンパクトなスイングが持ち味で、2019年はチーム盗塁王になるなど意外性が魅力。
石原 勇也(17)は2019年こそ不振だったものの、主軸として一発が期待できる。
走者を溜めてこの3人に回し、ビッグイニングを狙いたい。



















































花枝 孝尚(14)
952 view
.500.727.5008222271150090000000011
堤 康洋(29)
1011 view
.360.480.46711302511930034000416041
石原 英二(5)
2748 view
.333.333.429921184600065000213022

2019年の個人成績から抜粋

-- このSC決勝戦での投手と打者のキーマンをそれぞれ一名だけ挙げるとすれば?

吉原オールディーズ

小林 琢磨(10)

投手においては先発が予想されるオールディーズのエース石原(英)でしょう。エースとして酷暑の中、何回まで投げられるかが試合の行方を左右すると言っても過言ではないと思います。
打者は副キャプテンの花枝。チーム誰もが信頼するバッチングの場面に、どのような状況下で回すのかが肝になってくるかと思います。



投手はチェ・ジンドン選手です。
完投能力が高く強靭なスタミナとマウンドさばきでほとんどの試合を最後まで投げ抜きます。
野手ではナミキ・テッペイ選手です。
シャープな打撃とガッツ溢れるプレースタイルでチームを鼓舞するムードメーカーです。
ポップフライ連発だけはやめていただきたいです。

投手陣はエース・石原 英二(5)が軸。
予選では毎回のように走者を許していたが、大量失点を許さずチームを初の決勝戦に導いた。
安定感は抜群なので決勝戦でも一番良い場面で登板するだろう。
2番手以降は、高い奪三振率を誇る五位野 一樹(15)、右横手投げの高橋 幸大(22)、制球力抜群の白石 学(7)など様々なタイプが控える。




























|














|




石原 英二(5)
2748 view
4.64831(2)30041031427179103021
五位野 一樹(15)
737 view
11.49617(2)000030180182511003229

2019年の個人成績から抜粋

-- SC決勝に向けて自チーム、相手チームの投打の戦力をどう見ていますか?

吉原オールディーズ

小林 琢磨(10)

正直なところ、所属リーグも違うので格上のチームと感じています。チームデータを見ても戦力差は明らかですからね。
しかし、試合当日に個々のポテンシャルをしっかりと発揮できれば一矢報いる事ができるのでは。



チェ・ジンドン投手が3点以内で試合を作ってくれればうちにも勝機はあると思います。
挑戦者のつもりでぶつかっていきたいと思います。

破壊力抜群のRangers打線!決勝では上位打線トリオを中心にビッグイニングを作れるか!?

RangersのN.TEPPEI(1)外野手

RangersのN.TEPPEI(1)外野手

Rangers は強打が売りのチームである。
SCの予選2試合の平均得点は11.5点と圧倒的な攻撃力で決勝進出を決めた。

【参考URL】
Rangersの4番・S.FUMIYA(3)が2点本塁打など4打点の活躍で15点を奪い快勝!!(恵比寿モレーナ 5 対 15 Rangers)

打撃陣はK.JINYOO(47)、N.TEPPEI(1)、S.FUMIYA(3)の上位打線トリオが中心。
K.JINYOO(47)はスカイツ・韓国代表に選出された大打者で、2019年の打率は.500を記録している。
N.TEPPEI(1)は主にリードオフマンとして起用され、2019年は8盗塁するなど俊足が魅力だ。



















































K.JINYOO(47)
1068 view
.500.885.64911372613135111040001102100
N.TEPPEI(1)
707 view
.333.515.439114133151111188001701010
S.FUMIYA(3)
292 view
.261.522.455103423126111115011814120

2019年の個人成績から抜粋

-- 対戦相手の印象、警戒すべき点を挙げるとすれば?

吉原オールディーズ

小林 琢磨(10)

Youtubeで試合動画が上がっていましたので拝見致しました。
守備が安定しているなと感じた事と、チームトップ画がカッコよくてそれだけでもう強そうですよね。
決勝当日までにメンバーそれぞれYoutubeを見て対策を練りたいと思います。再生数が増えていたら僕らだと思って下さい笑



走者がたまり長打からの大量失点がいちばん怖いので、無駄な四球を与えないようどんどんストライク先行のピッチングを期待したいと思います。

S.FUMIYA(3)は主に4番で起用され、二回戦の 恵比寿モレーナ 戦では本塁打を放つなど勝負強さがある。
いくら安定感のある 吉原オールディーズ 投手陣でも、この3人を無傷で抑えるのは至難の業だろう。

投手陣はK.SATORU(31)を中心に、C.JINDONG(22)、N.TEPPEI(1)など枚数が多い。
K.SATORU(31)はSCの2試合で先発し、テンポの良い投球術で試合を作った。
C.JINDONG(22)はスカイツ・韓国代表への選出経験があり、丁寧な投球が持ち味。
N.TEPPEI(1)は変化球のキレが良く、投球イニング以上の三振を奪える。
他にも好投手が控えており、吉原オールディーズ 打線は対応が難しいはずだ。




























|














|




K.SATORU(31)
419 view
7.29624(0)30041016219324302625
C.JINDONG(22)
783 view
4.6749(0)000111617622066
N.TEPPEI(1)
707 view
4.6749(0)100210729612086

2019年の個人成績から抜粋

上位打線の打撃力で主導権を握りたいRangers!試合を

吉原オールディーズの花枝 孝尚(14)外野手

吉原オールディーズの花枝 孝尚(14)外野手

チームワークの 吉原オールディーズ VS 打撃力の Rangers となりそうだが、戦力評価は互角だ。
この2チームはまだス・リーグで対戦したことがなく、どちらが優勝してもおかしくない。

【参考URL】
2回表に打者一巡の猛攻を仕掛け、6得点のビッグイニングを作り接戦をモノにしたRangers(Rangers 8 対 7 JAPAN FLASH)

勝敗のカギを握るのは Rangers の上位打線になりそうだ。
予選では2試合ともビックイニングを作っているが、そのどちらの試合も上位打線が大活躍している。
序盤のうちに上位打線の活躍で先制点を奪い、試合の主導権を握りたい。

-- ずばりこの試合のポイントはどこになると思う?

吉原オールディーズ

小林 琢磨(10)

個人的には初回だと思います。お互い多少の緊張もあるかと思いますし、浮き足立っている選手もいるかと想像できます。
その中で、初回得点、最小失点で迎える事ができればゲームを多少なりとも支配できるのではないかと思っています。



守備でミスが出たほうが負けると思います。



【参考URL】
チーム4安打ながらも、四死球や盗塁などそつない攻撃で大勝した吉原オールディーズ(吉原オールディーズ 9 対 1 道玄坂カクタス)

吉原オールディーズ は、Rangers 打線の圧力に負けず"楽しめる"かどうかがポイントだ。
準決勝ではサヨナラ負けのピンチでも声を掛け合い、チーム一丸となって凌いだことがジャンケン決戦での勝利に繋がった。
たとえビハインドになっても跳ね返すチーム力があるので、今まで以上に試合を楽しめばと自ずと結果はついてくるだろう。

-- 最後にこの試合への意気込みをお聞かせください。

吉原オールディーズ

小林 琢磨(10)

『決勝』という大きな舞台です。チーム内にはこのような場面を経験するのが初めてという人達が多いでしょう。フィールドプレーヤーもベンチのメンバーも気持ち切らさずチーム一丸で、この2020年の特別な夏を楽しみたいですね。塩飴を忘れずに!!



めったにできない大田スタジアムでの試合なので存分に楽しんで帰りたいと思います。笑

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

【関連記事】
[祝 SC 優勝 2019]投打に盤石のRangersが初優勝!!C.JINDONG(22)がノーヒットノーラン達成!(吉原オールディーズ 0 対 9 Rangers) 投稿:2020年9月11日  Total:312 view

リーグ専属カメラマンの熱戦フォト(全198枚)

こんな記事も読まれています

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:1007 view

※再掲載[LC 2019 決勝 見どころ]総合力で東京 PERFECTSが優位か!?TOKYO SKYHAWKSは接戦に持ち込みたい!!(東京 PERFECTS 対 TOKYO SKYHAWKS) 投稿:2020年8月20日  Total:959 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:900 view

[2019年タイトル総括・IKI打者編]浦安Marlinesの奥田 悠斗(1)が首位打者!PALYBALLS・しーの(25)は二冠達成!! 投稿:2020年6月2日  Total:886 view

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:853 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:812 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:732 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

207162 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

195164 view

3

Brains
30大沼

■2020年7月26日付で選手としては引退しました。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【#30 大沼 公式戦通算成績】
35試合/86打席/7

187408 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

160641 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129708 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118676 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

44151 view

459

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手