[CS 2019 西武メットライフドーム決勝戦 見どころ]評価は互角!打撃力のマガジンズ VS 接戦に強いYAKITORI RAKUDA!!(マガジンズ 対 YAKITORI RAKUDA)

 | 2020年10月1日

YAKITORI RAKUDAのアルプス(17)投手

1

2020年10月4日(日)
10: 35~
[KUSA1共同主催]西武メットライフドーム野球場
[試合終了][詳細]

4

マガジンズ 0 0 0 0 1 0 0 1
YAKITORI RAKUDA 0 0 0 3 0 1 4
勝
モギー(3)
1520 view 0試合 0勝0敗0S
セーブ
ゾロ(1)[投制]
1751 view 4試合 0勝0敗1S
負
ケンシロウ(2)
3242 view 3試合 0勝1敗1S

試合スタッツ(打者成績比較)

先攻/後攻










































.2070.276 0.25831291620013100114021

.2760.379 0.34432294811022100306023

試合スタッツ(投手成績比較)

チーム名


















|














|





2.007(0)000010604302042

0.888(0)000101404110011

新型コロナウイルス感染症等の影響でこの時期になってしまったが、2020年10月4日(日)にプロスタであるメットライフドームにてチャンピオンズシリーズ2019決勝戦が行われる。対戦カードは、ス・リーグでも超強豪チームを撃破してきた マガジンズ と、シーソーゲームを勝ち上がってきた YAKITORI RAKUDA である。

マガジンズ は先制、中押し、ダメ押しで大量点を奪いそのまま逃げ切りたい。一方 YAKITORI RAKUDA はアルプス(17)とゾロ(1)の2投手が最少失点で粘り、得意の終盤勝負に持ち込みたい。

では、チャンピオンズシリーズ2019決勝戦の詳しい見どころを紹介する。

両チームのスターティングメンバー

マガジンズ

打順守備選手名経験打率最近の打率
1TAKEO(32) 129753 view.154.400
2SUISEI(1) 11606 view.174.200
3DH小倉トースト(20) 4040 view.200.125
4武蔵(99) 3009 view.333.429
5ケンシロウ(2) 3242 view.421.___
6DHUNO(777) 2326 view.308.___
7T-AKEUCHI(12) 2116 view.261.400
8八子(8) 388 view.133.250
9かんた(0) 928 view.333.182
10DH岩本亜空間(14) 1466 view.250.333
11もりたつ(63) 1584 view.___.___
12クワマン(6) 139 view.300.375
13そうた(7) 44 view1.0001.000

YAKITORI RAKUDA

打順守備選手名経験打率最近の打率
1ハッシー(30) 2680 view.389.222
2DHとにかく捕れない栽培マン(23) 1902 view.125.___
3DHまっちゃん(25) 2369 view.333.250
4とにかく打てない浜さん(10) 1711 view.___.___
5DHゾロ(1) 1751 view.250.143
6ピロリ菌(7) 1172 view1.0001.000
7チャラ岡(13) 2248 view.250.143
8アルプス(17) 2376 view.167.167
9モギー(3) 1520 view.___.___
10DHH.G(5) 891 view.182.400
11DHクソゴリラ(6) 1261 view.250.250
12DHラクロー(^^)(16) 2064 view.222.___
13和尚(19) 608 view.385.571
14ランナー(4) 647 view.286.250
15クリクリ(55) 227 view.___.___

※打率とは試合開始前までの打率、最近の打率とは直近3試合の打率です。

<マガジンズのトーナメント成績>
一回戦 ○9-4 太陽ライジンズ
二回戦 ○6-4 LFD
三回戦 ○18-1 HYBRIDS
準決勝 ○6-1  ツインリバーズ
決 勝 ○4-0  BBジャンキーズ
T決勝

<YAKITORI RAKUDAのトーナメント成績>
一回戦 ○23-1 Cadenza
二回戦 ○14-1 スレイヤーズ
三回戦 ○4-3 PALYBALLS
準決勝 ○1-1 Albatross
決 勝 ○4-1 Slammer's
T決勝

【参考URL】
2019年 草野球チャンピオンシリーズのトーナメント表はこちら

走攻守にハイレベルのマガジンズ!超強豪を撃破しプロスタへ進出!!

マガジンズの小倉トースト(20)投手

マガジンズの小倉トースト(20)投手

マガジンズ は走攻守に非常にレベルが高いチームである。
特に2019年は小倉トースト(20)がエースとして覚醒してからは大躍進。
CS MIYABIの予選では LFD、ツインリバーズ といった超強豪に勝ち、決勝戦では BBジャンキーズ を撃破しプロスタへ進出してきた。

【参考URL】
エース・小倉トースト(20)が散発4安打で完封し見事プロスタ進出を決める!!(マガジンズ 4 対 0 BBジャンキーズ)

打撃陣はUNO(15)、SUISEI(1)、武蔵(99)が中心。
UNO(15)は2017年度の最優秀打者賞(MVP)を受賞したスラッガーで、トップバッターとして先頭打者本塁打を放つこともある。
SUISEI(1)は今流行りの攻撃的な2番打者で、2019年は6本塁打、10盗塁で打線をけん引した。
武蔵(99)は不動の4番打者で、CS MIYABIでは彼の活躍無くして勝ち上がることはできなかっただろう。
他にも強打者が揃っているが、彼ら3人が当たりだすと二桁得点も十分あり得る。

投手陣はエース・小倉トースト(20)が軸。
もともと強肩捕手だったが、2019年から本格的に投手に挑戦するとその才能が開花。
強豪チーム相手に好投の連続で、ついには2019年度の最優秀投手賞(MVP)を受賞するほどに成長した。
その小倉トースト(20)を中心に、かつてのエース・武蔵(99)、速球派のクワマン(6)など強力リリーフ陣も控えている。

接戦に強いYAKITORI RAKUDA!シーソーゲームを勝ち切る集中力が魅力!!

YAKITORI RAKUDAのハッシー(30)監督

YAKITORI RAKUDAのハッシー(30)監督

「魅せる野球」を標榜し、CS IKI を制した YAKITORI RAKUDA。
接戦に非常に強く、CS予選やリーグ戦でもシーソーゲームを勝ち切る集中力が魅力のチームである。

【参考URL】
ゾロ(1)の失策を誘うバントと、クソネップ(11)の値千金2点本塁打でプロスタ進出を決める!!(Slammer's 1 対 4 YAKITORI RAKUDA)

打撃陣はまっちゃん(25)、クソネップ(11)、ゾロ(1)が中心。
まっちゃん(25)はチームNO.1の長距離砲で、彼の打棒で勝った試合も多い中心打者。
クソネップ(11)はここぞの場面に強く、CS IKI決勝戦では値千金の2点本塁打を放っている。
ゾロ(1)は投手として活躍することも多いが、俊足のリードオフマンとしてチームNO.1の盗塁数を誇る。
他にも強打者の和尚(19)、首脳陣からの期待が高いチャラ岡(13)、チームの精神的支柱の栽培マン(23)など個性的なメンバーが揃う。

投手陣はアルプス(17)とゾロ(1)の2人が中心。
アルプス(17)は事実上のエースで、2019年は防御率0.72と抜群の安定感を誇る。
ゾロ(1)は先発に中継ぎにとフル回転し、投球回以上の三振を奪える右の本格派。
基本的には2人の継投だが、他にも緩急自在な和尚(19)、技巧派右腕・ラクロー(^^)(16)なども控える。

大量点を奪い逃げ切りたいマガジンズ!いかに粘れるかがポイントのYAKITORI RAKUDA!

マガジンズのSUISEI(1)選手

マガジンズのSUISEI(1)選手

総合力では マガジンズ が上回るが、評価は互角である。
というのも、両チームとも勝つときは非常に強い勝ち方をするが、負けるときは淡泊だからだ。
そのため、このプロスタという大舞台で集中力を保ち、いつも通りの試合運びができた方が勝利に近づくだろう。

【参考URL】
初回にケンシロウ(2)の2点3塁打、二回にSUISEI(1)の2点本塁打などで6点を奪い逃げ切ったマガジンズ(LFD 4 対 6 マガジンズ)

マガジンズ は打撃陣の活躍がポイントになりそうだ。
『打』のチームのため、先制、中押し、ダメ押しで大量点を奪いそのまま逃げ切るのが理想だろう。
そのためにも1番・UNO(15)、2番・SUISEI(1)の出塁や長打がカギになりそうだ。

【参考URL】
最終回にハッシー(30)がサヨナラ適時打を放ち、「魅せる野球」を実践したYAKITORI RAKUDA(PALYBALLS 3 対 4 YAKITORI RAKUDA)

YAKITORI RAKUDA はいかに粘れるかがポイントになりそうだ。
CS IKI の予選と決勝では3試合が3点差以内の勝利となっており、しかも終盤に追いつき逆転している。
アルプス(17)とゾロ(1)の2投手が終盤まで最少失点で粘ることができれば、流れは自ずと YAKITORI RAKUDA に傾くだろう。

こんな記事も読まれています

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:1062 view

※再掲載[LC 2019 決勝 見どころ]総合力で東京 PERFECTSが優位か!?TOKYO SKYHAWKSは接戦に持ち込みたい!!(東京 PERFECTS 対 TOKYO SKYHAWKS) 投稿:2020年8月20日  Total:1050 view

[2019年タイトル総括・IKI打者編]浦安Marlinesの奥田 悠斗(1)が首位打者!PALYBALLS・しーの(25)は二冠達成!! 投稿:2020年6月2日  Total:936 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:917 view

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:863 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:830 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:750 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

207267 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

195321 view

3

Brains
30大沼

■2020年7月26日付で選手としては引退しました。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【#30 大沼 公式戦通算成績】
34試合/84打席/7

187531 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

160980 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ33歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129753 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118766 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

44187 view

515

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手