[2022 草野球チャンピオンシリーズ 準決勝レビュー]猛攻の飛燕すわほーずが大差で勝利!S.C.JOYの粘り勝ち!両チームとも初優勝へ王手!

 | 2022年11月9日

猛攻の飛燕すわほーずが大差で勝利!S.C.JOYの粘り勝ち!両チームとも初優勝へ王手!

MIYABI・IKIリーグの上位3チームが参戦できる草野球チャンピオンシリーズ。大会グレードは星4つと、スカイツリーグの最高峰「ワールドシリーズ」に次ぐレベルの高さとなっている。

今回は10月1日(土)と10月9日(日)に行われた準決勝戦について振り返ろう。

対戦形式日付撮影先攻スコア/
開始時間
後攻球場詳細
2022年10月01日 (土)
多摩川緑地7面

飛燕すわほーず
8 対 4
11:00~

Bs Hummer
ゆうすけ(21)
318 view
【勝】 ゆうすけ(21)
318 view
【負】 中村(18)
188 view
沓澤(17)[投制]
64 view
詳細
2022年10月09日 (日)
多摩川緑地野球場4面

シェイカーズ
0 対 1
13:00~

S.C.JOY
加藤和義(10)
220 view
【勝】 タケウチ(4)
136 view
【負】 加藤和義(10)
220 view
辻村(6)
270 view
詳細

二度のビッグイニングで圧倒!飛燕すわほーずが決勝へ!

準決勝1試合目は、東京ヤクルトさながらのビッグイニングを二度披露した飛燕すわほーずが決勝へ駒を進めた。 今シーズン5割近い打率を残している先頭・だいき(23)が死球で出塁すると、続く2番・しおん(24)のタイムリー内野安打で早々に先制。

その後も2本のタイムリーヒットが飛び出し、初回から4得点を挙げた。 しかし、対するBs Hummerも高OPSの選手が並ぶ強力打線を誇る。 四球などで出塁したランナーをしっかり返す堅実な攻撃ですぐさま同点に追いついた。

その後は両投手の力投によって拮抗した展開が続くも、5回表に四死球で得たチャンスを活かしたすわほーずが再度4得点し、ゲームを決定づけた。 勝利投手はとなったゆうすけ(21)投手は6イニングを粘りの投球で投げきり、チームに流れをもたらした。

異例の時間切れによる試合終了!1点を守り切ったS.C.JOYが決勝進出!

準決勝2試合目は23区外のシェイカーズと中央区のS.C.JOYが激突。両チームとも安打を放ち出塁はするものの、きっかけを掴めず4回まで0進行が続いた。シェイカーズ先発・加藤和義(10)投手、S.C.JOY先発・辻村(6)投手らの次の塁を踏ませない丁寧な投球で、準決勝はより緊迫したものとなっていく。

試合が動いたのは5回裏S.C.JOYの攻撃。8番・タケウチ(4)がライトへヒットを放つと、相手のエラーでチャンス拡大。ツーアウトから2番・立川壮大(27)のタイムリー内野安打でついに先制点をもぎ取った。

しかしここで終わらなかったシェイカーズ。6回裏、先頭・福田春幸(12)がライトへスリーベースヒットを放つと、連続安打と四死球で2得点し逆転劇を披露。

念願の決勝進出に向けて大きな2得点だったが、まさかのここで時間切れによりゲームセット。奇跡の逆転劇はスコアから消え、S.C.JOYの勝利によって準決勝2試合目は幕を閉じた。

敗戦した2チームの粘り強い戦いが準決勝をさらに白熱させた!

惜しくも敗れてしまったBs Hummerとシェイカーズ。
残念ながら今シーズンのチャンピオンシリーズでは準決勝で姿を消すことになったが、両チームの粘り強さがゲームの展開を熱く左右していたのは間違いない。

高レベルなチャンピオンシリーズならではの熱戦だったのではないだろうか。

初優勝をかけた2チームによる最終決戦!念願のトロフィーを掴むのは─

2022年チャンピオンシリーズの決勝戦は、飛燕すわほーずとS.C.JOYによって繰り広げられることとなった。

両チームとも初の決勝進出となるため、どちらが勝利しても新たな歴史が刻まれる。頂点に立つのは板橋の燕か、中央区の古豪か、乞うご期待!

こんな記事も読まれています

[MIYABI、IKI D2 リーグ戦総括 2022年2月]Blue Radiantsは野球未経験の下西 惣一郎(18)が開幕戦でノーヒットノーラン達成!!新規参加のZOALDYECKは点差以上に強い内容で勝利!? 投稿:2022年3月25日  Total:1023 view

[MIYABI、IKI D1 リーグ戦総括 2022年2月]C.C.Nationalsは打線好調で開幕2連勝!!スレイヤーズは若手とベテランがガッチリと噛み合う!? 投稿:2022年3月19日  Total:850 view

[MIYABI、IKI D2 リーグ戦総括 2022年3月]新規参加チームが好調!!ユナイツは2連勝、光が丘Walkersは2勝1分、広島国際カープは開幕勝利でともに首位!? 投稿:2022年4月8日  Total:836 view

[MIYABI、IKI D3 リーグ戦総括 2022年3月]古豪チームが続々勝利!!HYBRIDSは逃げ切り、渡辺WINSは守備が安定、パワーオブザゴリラーズはチーム一丸で勝利!! 投稿:2022年4月8日  Total:787 view

[MIYABI、IKI D1 リーグ戦総括 2022年4月]D1クラスは新規参加チームが躍動!!Meerkatsはまたも『終盤のミーア』を発揮し3勝目!今シーズン3勝はすべて逆転勝ち!? 投稿:2022年5月16日  Total:748 view

[MIYABI、IKI D3 リーグ戦総括 2022年2月]逆転勝ちが多いD3クラス!!村上パイレーツは最大3点差、横浜T-BREAKERSは最大7点差をひっくり返しともに開幕戦勝利!! 投稿:2022年3月25日  Total:722 view

[NOBORI リーグ戦総括 2022年5月]Bye-Bye MASUTANIは白井(77)の逆転サヨナラ本塁打で開幕勝利!!YAKITORI RAKUDAは打線好調でス・リーグ得点記録を狙える!? 投稿:2022年6月17日  Total:721 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

C.C.Nationals
66大森

ツボにはまれば長打を打てる捕手で第2代C.C.Nationals新人王受賞(近藤と同時受賞)
2018の大半をカナダへ留学(もとい、MLB観戦旅行)していた。
一時期から体

50782 view

2

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#BRAINS 0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区

48942 view

3

Aspens
29ゆめか

Aspensを支える美人マネージャー(本人談)。
趣味は休日にカフェを巡ることと読書(多分)。

44065 view

4

ギャルソンジャイアンツ
4ズッシー

年に1度、芯で打った時の飛距離はチームNo.1のスラッガー。オレンジ色の木製バットにこだわりを持ち、毎年買い替えて愛用しているが、チームメイトからはビヨンドを使えばすぐに4番を打てるのに…と陰口を叩か

43859 view

5

Aspens
16日野

アスペンズの主砲。怪我持ちだがユーティリティプレイヤー。2022年は三冠王とると息巻いているが果たして。

34470 view

6

Aspens
1秋山

Aspens監督兼「左の」エース。
2022年エース剥奪。仕方ないのでバットとグラウンド取得と出欠管理で貢献する。

22615 view

7

渡辺WINS
15阿部

2021年度期待の新戦力!!

17330 view

8

大田ブルーウェーブ
1森本遥斗

色気のあるプレーで多くの女性を魅了する走攻守三拍子揃った天才イケメンエース!昨年は最多勝に最多奪三振を獲得、打撃では不動の3番として君臨し華麗な遊撃守備を披露。一目でわかる華と実力でチームを引っ張る!

16864 view

9

PALYBALLS
10ノブ

★チーム創設メンバー
■2016年11月入団
■可能性の獣
*オタク×野球の象徴!
■推しメン:
・篠塚つぐみ/プレイボールズ

16627 view

10

アオイハル
11松島 大進

13038 view

220

view

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手