月別: 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 
年に

投手BBジャンキーズ・椎野ミチハル(11)

受賞歴:2度目

エース尾本が離脱する中、孤軍奮闘の活躍をみせた椎野ミチハルを選出。2014年シーズンは2勝4敗(20四死球、24失点)と芳しくない成績であったが、今シーズンは7勝0敗(10四死球、9失点)と過去最高の成績を残している。特筆すべきは四死球の激減ではないだろうか。2014年シーズンの2倍となる47イニングを投げて四死球が2014年シーズンの半分。球威ある直球に制球力が付くと、こういう結果になるというケーススタディになったのではないだろうか。

椎野ミチハル(11) プロフィール

日付























|
詳細
06月24日LG東京アクアホークス1番手7回(0/3)117126000詳細
06月17日LG恵比寿モレーナ1番手7回(0/3)016103000詳細
06月03日LG東京南海ホークス1番手7回(0/3)225206000詳細

捕手武蔵台ARROWS・NAKANE(4)

受賞歴:初受賞

スカイツ・JAPAN日本代表候補にもなった男はやはり本物だったようだ。6月は3ランを含む6安打8打点の固め打ちを見せてくれた。4番・キャッチャーで思い浮かべるのはWANDSのタマローと思っていたが、 武蔵台ARROWSのNAKANEもありだろう。現在の成績比較を見るとWANDSのタマローは7試合で打率.526、長打率0.947、出塁率0.591であるが、NAKANEは6試合ですでにタマローの打率、長打率、出塁率を全て上回っている。すでにタマローの時代は終わったのか?いや、この二人にライバル関係が出てくることでリーグ全体が盛り上がることが予想されるので、リーグ最終戦は武蔵台ARROWS対WANDSで4番・キャッチャー頂上決戦を展開してほしいところだ。

NAKANE(4) プロフィール

















06月24日LGミッカボーズ4番打者 - 四球 - 四球 - 安打004000詳細
06月17日CC東京シーガルズ4番打者 - 左安 - 左2(2) - 三振200000詳細
06月10日LGZaK Japan4番打者 - 遊ゴ - 中安(2) - 左3(1) - 本塁打(3)600000詳細

一塁手東京シーガルズ・臺(28)

受賞歴:初受賞

東京シーガルズの点取り屋である臺を選出。5月までは10打数1安打と不振に喘いだが、6月から一転して打撃絶好調の14打数7安打と驚異的な数字を叩き出した。さらにはチャレンジカップ二回戦となる武蔵台ARROWS戦では犠打でチームに流れを呼び込み、初回6点を奪う原動力となるなど打力だけではなく、野球力の高さも見せつけた。

臺(28) プロフィール

















06月24日LGTOKYO SKYHAWKS5番打者 - 死球 - 三ゴ - 三飛000000詳細
06月17日CC武蔵台ARROWS5番打者 - 犠打 - 左安 - 三ゴ - 遊飛100000詳細
06月03日LGプレアデス2番打者 - 左3 - 右安 - 中安 - 中3320010詳細
06月03日CC野CUBE5番打者 - 一安 - 右安 - 一ゴ - 敵失232000詳細

二塁手Pe Angels・SHIGET(21)

受賞歴:3度目

草野球チャンピオンシリーズ初戦のRIZIN戦では先制となる2点タイムリースリーベース、HYBRIDS戦では市川監督の夢を打ち砕く豪快な先制ホームランを含む三打数三安打と持ち前のバッティング能力を遺憾なく発揮した。

SHIGET(21) プロフィール

















06月24日LGHYBRIDS2番打者 - 本塁打 - 右安 - 内安111000詳細
06月10日CSRIZIN2番打者 - 一飛 - 右3 - 四球300000詳細
06月03日LG葛飾レイダース1番打者 - 三振 - 遊飛 - 四球011000詳細

三塁手千種倶楽部・那波(13)

受賞歴:初受賞

今シーズンからリーグに参戦した千種倶楽部で不動の3番打者として君臨しているベテラン・那波を選出。6月の成績は驚異の10打数7安打8打点と年齢をまったく感じさせない若さ溢れるプレーをみせた。

那波(13) プロフィール

















06月24日LGJAPAN FLASH3番打者 - 中飛 - 右2 - 左3210000詳細
06月17日LGMadrush3番打者 - 三振 - 四球000000詳細
06月10日LGジェロニモ3番打者 - 左3 - 遊安 - 左2 - 三安433000詳細
06月03日LGPALYBALLS3番打者 - 四球 - 三振 - 右2 - 四球 - 四球220000詳細

遊撃手葛飾レイダース・大庭(10)

受賞歴:初受賞

6月は8打数5安打2四球と葛飾レイダースの切り込み隊長として結果を残したスイッチヒッターの大庭を選出。昨シーズンは19打数8安打に終わったが、リーグ参戦2年目となった今シーズンは18打数12安打と自己記録を更新し、今シーズンのリーグタイトルも狙える位置につけている。

大庭(10) プロフィール

















06月03日LG雑魚軍1番打者 - 安打 - 中飛 - 中安 - 四球021000詳細
06月03日LGPe Angels1番打者 - 安2 - 三振 - ア飛010000詳細
06月03日LGTOKYO SKYHAWKS3番打者 - 四球 - 安2 - 安打012000詳細

右翼手三軒茶屋ダイマース・鍋沢公思(9)

受賞歴:初受賞

三軒茶屋ダイマースの主砲として活躍する鍋沢公思を選出。ツインリバーズ戦ではスカイツ・JAPAN日本代表の戸田投手から先制となるタイムリースリーベースを放つなど強豪相手に確かな存在感を示した。レパーズ戦、太陽ライジンズ戦でも安定した成績を残しており、次期スカイツ・JAPAN日本代表との呼び声も高いようだ。

鍋沢公思(9) プロフィール

















06月24日LG太陽ライジンズ3番打者 - 敵失 - 右安 - 中2100000詳細
06月17日LGレパーズ4番打者 - 四球 - 左走本 - 中2100000詳細
06月10日LGツインリバーズ4番打者 - 右3 - 四球010000詳細

中堅手東京シーガルズ・藤井(8)

受賞歴:初受賞

東京シーガルズで忘れてはならない男といったら選手兼任監督の藤井だろう。監督してチームを統率するだけではなく、リードオフマンとしてチーム躍進の原動力となっている。兼任監督1年目の昨シーズンは、チームマネージメントが上手くいかず、公式戦は1試合消化のみに終わっていたが、その反省を活かし今シーズンは公式戦10試合を無事に消化することができたようだ。来年はチームと共にまだ見ぬさらなる高みに向けてチーム体制を強化してもらいたい。

藤井(8) プロフィール

















06月24日LGTOKYO SKYHAWKS2番打者 - 中安 - 三飛 - 死球000000詳細
06月17日CC武蔵台ARROWS2番打者 - ニ安 - 敵失 - 犠打 - 死球 - 空三振010000詳細
06月03日CC野CUBE2番打者 - 右走本 - 敵失 - アウト - 遊飛 - 四球121000詳細
06月03日LGプレアデス1番打者 - 左2 - ニ安 - 右安 - 中2141000詳細

左翼手東京リボーン・中本(5)

受賞歴:初受賞

東京リボーンの主砲として11打数5安打と結果を残した中本を選出。昨シーズンは20打数8安打を記録し、今シーズンは5試合を残して11打数5安打であること、また、夏場に強いという触れ込みもあることから自己最多安打記録を塗り替える可能性も大いにありそうだ。

中本(5) プロフィール

















06月24日LGBILY5番打者 - 右2 - 左安001000詳細
06月18日CCWANDS4番打者 - 遊安 - 三振 - 左飛100000詳細
06月03日CCミッカボーズ1番打者 - ニ飛 - 中2 - 中飛 - 空三振100000詳細
06月03日LGDokant(ドカント)5番打者 - 遊安 - 四球 - 四球 - 三ゴ110000詳細

2017年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手