東京スカイツリーグの野球素人の定義について

 | 2020年1月28日

東京スカイツリーグが定める野球素人の定義については下記の通りとなります。


【野球素人=野球・ソフトボールともに小学校(中学野球1年未満)経験以下のプレイヤー】
と定義する。

※野球経験は硬式・軟式問わず。
※中学校以上の硬式・軟式野球部での1年を超える部活経験は野球素人とは認めない。
※中学校以上のクラブチーム(リトル・シニア・ジュニア・ボーイズなど)での1年を超えるクラブ経験は野球素人とは認めない。
※サークル活動は草野球と同じと考え、野球経験には含まないものとする。
※女性プレイヤーは例外として、どんな経験があっても「野球素人」扱いとする。

[理由]
辞書で「素人」と検索すると「その事に経験が浅く、未熟な人。」とあり、週1~2回の活動であることがほとんどの小学校野球と違い、中学野球以降は週3~5回と倍以上活動があることが多く、「経験」という面では小学校までと中学校まででは大きく違うと想定されるため。
また、今まで野球経験とソフトボール経験をわけていたが、ピッチャー以外は動きとして大きく変わらないので、ソフトボール経験も野球経験に含めることとした。

野球素人の定義を考える会での議事録についてはこちらからご確認いただけます。

以上

リーグ管理人

306

view

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!