これがIKI最強布陣だ!2017年のIKI最強オールスターを考えてみた!

 | 2018年2月21日

Pe Angelsの正捕手・NISHIMURA(5)

リーグ戦9勝1敗のTOKYO SKYHAWKSから3人が選出!

MIYABIリーク同様にIKIの2017年オールスター布陣もなかなか豪華な顔ぶれになった。中でもリーグ戦9勝1敗のTOKYO SKYHAWKSからは3人が選出され、MIYABI、IKI両リーグを含めて同一チームからの最多選出となった。

1三:鈴木(東京シーガルズ)        打率.625/本1/打点6/盗塁14
2DH:吉田(TOKYO SKYHAWKS)打率.467/本2/打点16/盗塁9
3右:あに(プレアデス)          打率.348/本0/打点14/盗塁2
4中:寺本(TOKYO SKYHAWKS) 打率.579/本3/打点18/盗塁2
5捕:HARA(COBAINS)      打率.429/本3/打点14/盗塁1
6一:NISHIMURA(Pe Angels)   打率.692/本0/打点2/盗塁8
7遊:下川路(ホイチョイ)       打率.692/本0/打点8/盗塁7
8二:高宮(TOKYO SKYHAWKS) 打率.600/本2/打点13/盗塁1
9左:米長H.スパンコール(横浜T-BREAKERS)打率.462/本0/打点3/盗塁20
代打:川谷公昭(上京)           打率.650/本2/打点7/盗塁9

Pe Angelsの正捕手・NISHIMURA(5)

Pe Angelsの正捕手・NISHIMURA(5)

トップバッターには東京シーガルズの不動の1番鈴木が選出された。打率.625で盗塁14という成績でチームのグループ優勝に貢献したわけだから当然の選出であろう。また、TOKYO SKYHAWKSから選出された3人のうち、吉田は投手での出場が多かったということで2番DHでの選出となった。

主に投手として出場しながら16打点、9盗塁をマークした打撃成績は凄いのひと言である。また、同じチームから4番寺本と8番高宮が選出。寺本はリーグ最多の3本塁打、18打点をマークしている強打者である。また、主に下位を打った高宮が打率.600をマークしたのだからやはりこのチームは強かったということがこの3選手の選出から浮き彫りになった形だ。3番と5番にはともにリーグ戦で2位に入ったチームの中軸打者あにとHARAが選ばれた。ともに14打点と勝負所での強さが光る選手である。

6番には打率リーグトップのNISHIMURAを一塁手として選出。昨年一度も守っていないものの、5番で選出されたHARAと守備位置が同じということで、プロフィール欄に一塁も守れるとある点が考慮されての選出となった。この選手を守備位置を変えてまで選出したのは、7番で選出されたしもかわじと同じく.692という高打率が評価されたためである。

9番と代打にはチームは残念ながら4位以下に終わったものの、個人成績の素晴らしい2選手が選出された。9番の米長H.スパンコールは四球を多く選び、出塁率が7割を超えている上にリーグトップの20盗塁した俊足が評価された。彼が9番にいれば出塁して盗塁し、上位打線が返すという戦法が取りやすいと考えられる。また、代打の川谷公昭は打率リーグ3位の.650が評価されての選出となった。

投手は先発から球宴まで盤石の布陣が揃う

投手陣の最強布陣も強力なスタッフが揃った。先発で選出された3名はいずれも7勝以上をあげ、チームのグループ優勝に貢献した選手であるから選出は当然の結果と言えるだろう。中でも最優秀投手賞に輝いた椎野ミチハルは防御率0.45という驚異的な数字をマークした。

チームフミハナのエース・池貝 竜哉(21)

チームフミハナのエース・池貝 竜哉(21)

中継ぎ2選手も強力で、36イニング投げて僅か自責点4のYOSHIMASA、最多奪三振のタイトルホルダー池貝投手の豪華メンバーがいるチームを想像すると胸がわくわくしてくる。

[先発]
小山健行(ホイチョイ)      8勝1敗1セーブ防御率2.59
椎野ミチハル(BBジャンキーズ) 7勝0敗0セーブ防御率0.45
戸田雄大(ツインリバーズ)    7勝0敗0セーブ防御率1.17
[中継ぎ]
YOSHIMASA(Pe Angels) 5勝0敗0セーブ防御率0.78
池貝竜哉(チームフミハナ)    3勝5敗0セーブ防御率2.17(奪三振84で最多奪三振賞)
[抑え]
おがわ(ホイチョイ)        1勝0敗2セーブ防御率1.50

抑えのおがわは防御率1.50と安定感抜群。ホイチョイから2名が選出!

投手部門の抑え部門には7試合中6試合でリリーフで登板し、夏場以降2セーブをマークしてホイチョイの優勝に貢献したおがわ投手が選出された。

ホイチョイからは先発の小山健行とのダブル選出となり、いずれも9勝1敗、得失点差52で優勝したチームの原動力となった。

【関連記事】
これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:2533 view
これがMIYABI最強布陣だ!2016年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2016年11月21日  Total:1897 view
これがIKI最強布陣だ!2016年のIKI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2016年11月21日  Total:2275 view

こんな記事も読まれています

[RC 2018 二回戦]痛恨落球…まさかの最終回逆転負け…それでも前を向くBrains・大沼監督に草野球の美学を見た(スレイヤーズ 8 対 6 Brains) 投稿:2018年10月3日  Total:4228 view

これがMIYABI最強布陣だ!2017年のMIYABI最強オールスターを考えてみた! 投稿:2018年2月21日  Total:2533 view

これがス・リーグのアマチュア最強布陣だ!草野球経験のみで構成される最強オールスター(投手編)を考えてみた! 投稿:2018年6月5日  Total:2339 view

[勝手にベストナイン 2018 MIYABI]ライター・Koyaが考えるMIYABI最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月6日  Total:2236 view

[日韓戦]ついに確定!第三回日韓交流戦 出場メンバー17名を大発表!(スカイツ・JAPAN日本代表 対 韓国代表) 投稿:2019年10月8日  Total:2088 view

15ミニッツ田口監督 新ユニフォームで史上最大の下克上を 3年以内にCS優勝宣言 投稿:2018年2月23日  Total:2015 view

2018年 CS MIYABI優勝予想!優勝ドンマイ・ロックス、2位YAKITORI RAKUDA、3位武蔵台ARROWS、ギャルソンジャイアンツ 投稿:2018年4月10日  Total:1966 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206551 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194225 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

185433 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159004 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129499 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118148 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43858 view

2164

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!