2019年 スカイツ・レジェンドカップ戦

2019年 スカイツ・レジェンドカップ戦

大会ベスト打者TOP10

  • 首位打者
  • 本塁打王
  • 打点王
  • 盗塁王
順位チーム名 前OPS打席(打数)安打打点単打二塁打三塁打本塁打盗塁打率長打率出塁率
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前OPS打席(打数)安打打点単打二塁打三塁打本塁打盗塁打率長打率出塁率
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前OPS打席(打数)安打打点単打二塁打三塁打本塁打盗塁打率長打率出塁率
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前OPS打席(打数)安打打点単打二塁打三塁打本塁打盗塁打率長打率出塁率
該当の選手データはありません。

規定打席は、トーナメント開催月から+1ヵ月:2打席、+3ヵ月:6打席、+5ヵ月:10打席イニングにて計算
例)トーナメント開催月が5月だった場合、5-6月まで2打席、7-8月まで6打席、9月以降は10打席にて計算されます。

2019年 スカイツ・レジェンドカップ戦の打撃成績一覧を見る

大会ベスト投手TOP10

  • 最優秀防御率
  • 最多勝
  • 最優秀救援
  • 最多奪三振
順位チーム名 前自責点試合数イニング数防御率勝利敗北セーブ奪三振四球
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前自責点試合数イニング数防御率勝利敗北セーブ奪三振四球
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前自責点試合数イニング数防御率勝利敗北セーブ奪三振四球
該当の選手データはありません。
順位チーム名 前自責点試合数イニング数防御率勝利敗北セーブ奪三振四球
該当の選手データはありません。

規定投球回は、トーナメント開催月から+1ヵ月:3イニング、+3ヵ月:5イニング、+5ヵ月:10イニング、それ以降は10イニングにて計算
例)トーナメント開催月が5月だった場合、5-6月まで3イニング、7-8月まで5イニング、9月以降は10イニングにて計算されます。

2019年 スカイツ・レジェンドカップ戦の投手成績一覧を見る

大会概要

●出場権について
・該当のトーナメントへの出場資格があり、かつ出場意志(リーグ脱退チームは不可)の確認が取れたチームに出場権を与える。
・トーナメント組み合わせ確定前の出場辞退があった場合は、ランキングポイントの順に出場権を与える。
・トーナメント組み合わせ確定後の出場辞退は不戦敗扱いとする。

●大会使用球
M球号のみ

●対戦期限について
対戦の遅延が予想されるため、下記対戦期限を設定する。
対戦期限を超えた場合は、下記の【1】から【3】の順番に判断し、不戦勝敗を決定とする。
また、大会進行をスムーズに行うために、開幕前にトーナメント戦を行うことを推奨する。
-----------------------
1回戦   5月26日(日)まで
2回戦   7月7日(日)まで
3回戦   8月18日(日)まで
準決勝  9月29日(日)まで
決勝   年内・年明け想定
-----------------------
※対戦期限の翌週の月・火が祝日であれば対戦期限内とみなす。
例)7月14日(日)が対戦期限であれば、祝日である7月15日(月)も対戦期限内として対戦調整が可能。

●派遣審判について
公平性を保つために、派遣審判はリーグ指定審判団体(リーグ審判、神宮外苑審判)のみとする。
ただし、下記条件を満たせば上記以外の審判団体の審判も許可とする。
※リーグ審判以外は自チームにてご依頼となります。
[リーグ指定審判団体以外の審判派遣の許可条件]
1.個人審判ではなく、審判団体からの団体所属としての派遣審判であること。
2.派遣される審判が毎回異なる審判であること。

上記条件に間違いがない証拠と該当の審判団の連絡先やホームページURLをメールにてリーグ管理人に提出後、リーグ管理人側で調査、問題なければ該当チームが審判手配する場合のみ許可とする。
※ただし、準決勝と決勝の審判はリーグ指定審判団体のみ。

●決勝戦について
トーナメント戦・カップ戦の決勝戦のみ、基本的に対戦期限内に対戦を行うが、双方合意でかつ、リーグ管理人が認めた場合のみ、対戦期限の延長を適用する。

●トーナメント戦の引き分けについて
該当試合の対戦期限の3週間前までに対戦を行った場合は再試合での対戦を認める。
例)3回戦の対戦期限が5月26日(日)までであれば、5月5日(日)までに対戦→再試合OK。かつ翌週の月・火が祝日であれば、5月7日(火)までの対戦を再試合可能試合とする。
それ以降の引き分けの場合は双方代表者5名によるじゃんけん決着(3勝先取)とする。

●トーナメントの不戦勝敗の決定方法について
【1】対戦相手への連絡の遅延回数
出場しているトーナメント・カップ戦の自チームに関係している試合で返信が必要なメールに対して、72時間以上返答がなかった回数
※ただし、返信が必要なメールとは「連絡掲示板」で「対戦相手を指定」したコメントに限る。
例)相手チーム指定などで、対戦募集を行い(募集要項でお誘い文を掲載)投稿後、72時間以上返答がなかった場合→遅延回数に含まない。
例)相手チーム指定などで、対戦募集を行い(募集要項でお誘い文を掲載)投稿後、同対戦募集ページ内の対戦掲示板で対戦相手を指定して打診コメントを投稿後、72時間以上返答がなかった場合→遅延回数に含む。
※相手指定の対戦募集を行う場合は、同対戦募集ページ内にある連絡掲示板から対戦相手を指定して打診コメントを入れてください。
※リーグ管理人からの回答期限付きの連絡に対して、48時間以上返答がなかった場合は、その時点で対戦相手を不戦敗とする。
※自チームから送った返信が必要なメールに対して対戦相手が72時間以上返答がなかった場合は、返信が必要なメールを送信後、144時間以内にリーグ管理人に相談・連絡メールを行うこと。その後、リーグ管理人から対戦相手に返信が必要なメールを送り、48時間以上返答がなかった場合は、その時点で対戦相手を不戦敗とする。

【2】対戦の打診回数
グランドを確保し、対戦チームに打診した回数の差
※9:00以降開始~19:00以前開始のグランドに限る。
※東京23区の土日祝グランドに限る。
※対戦チームがすでに当リーグ内で同日に別の試合を組んでなかった場合に限る。※9:00※試合日の8日前迄の打診に限る(例:5/9の試合期限がある場合、5/1までに打診した場合は打診回数に含む)
【3】ジャンケン
(1)期限内に試合を行い、引き分けた場合
チーム代表者によるジャンケンにより勝敗を決定。
試合終了後に各チーム代表者5人を選定し、その場でジャンケン勝負をしてください。
※3勝したほうの勝ち
(2)期限内に試合を行なわれず、【1】【2】ともに同条件の場合
双方共に管理人にジャンケンの手を5回分送付し、決着をつけます。
※決着が付かなかった場合はサドンデス制とする。

●トロフィー・景品について
優勝チーム:トロフィー、賞状、ボール1ダース、景品(サントリー金麦1ケース)
準優勝チーム:トロフィー、賞状、ボール1ダース、景品(サントリー金麦1ケース)

●雨天対戦期限延長ルールについて
以下の条件を全て満たす場合に限り、同じトーナメント・カップ内の同一回戦全カードに対して1度だけ14日間の延長を適用いたします。また、以降の回戦の各期限も雨天対戦期限延長分だけ日数を後ろにずらします。
※同じトーナメント内の同一回戦の雨天対戦期限延長は一度までとなります。

例1)3回戦で雨天対戦期限延長が1回あった場合→14日間の延長
例2)3回戦で雨天対戦期限延長が1回あり、翌週も雨天中止があった場合→14日間の延長のみ
例3)2回戦に雨天中止が1回、4回戦に雨天中止が3回あった場合→2回戦に14日間の延長、繰り越し後の4回戦に追加の14日間の延長が適用される。

●雨天対戦期限延長の条件
1.トーナメント戦・カップ戦で雨天中止となったこと。
2.雨天中止となった対戦日の翌日までに、雨天中止の申請を出していること。

●雨天対戦期限延長適用後の対戦期限の例
1回戦  5月1日(日)まで
2回戦  5月29日(日)まで
3回戦  6月26日(日)まで
敗者復活戦  7月24日(日)まで
準決勝 8月21日(日)まで
決勝  9月25日(日)まで

の2回戦で雨天中止があった場合、
2回戦→決勝までの対戦期限に14日間を追加いたします。

1回戦  5月1日(日)まで
2回戦  6月12日(日)まで←雨天中止
3回戦  7月10日(日)まで←繰越延長
敗者復活戦  8月7日(日)まで←繰越延長
準決勝 9月4日(日)まで←繰越延長
決勝  10月9日(日)まで←繰越延長

となります。

その他、ルールについてはリーグ規約に則る。

レジェンドカップ

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!