[祝 WS優勝 2018] 頼れる主砲の一撃だ!4番・吉原が値千金のタイムリーでLFDが下馬評覆しBBジャンキーズとの激闘を制す!

LFD・吉原(7) | 2019年2月1日

東京スカイツリーグ創設7年目でついに神宮球場での決勝戦が実現した

0

2019年1月14日(月)
10: 00~
神宮球場野球場
[試合終了][詳細]

1

BBジャンキーズ 0 0 0 0 0 0 0 0
LFD 1 0 0 0 0 0 1
勝
角(19)
2544 view 0試合 0勝0敗0S
負
椎野ミチハル(11)
4605 view 0試合 0勝0敗0S

プロスタ――神宮球場で行われた2018年ワールドシリーズ決勝戦は、スカイツリーグ史上稀に見る激闘となった。
LFDは、初回に末平吉原コンビで1点先制に成功。
BBジャンキーズは、いくつかチャンスを作るもののそれを生かせず。
スミ1を必死に守り抜いたLFDが1-0で勝利し、四代目WS王者に君臨した。

<LFDのトーナメント(WS)成績>
予 選 ○6-3  Blue Radiants
予 選 ○10-3 Dokant(ドカント)
予 選 ○6-3  Pe Angels
準決勝 ○7-2  ボードベースボールクラブ
決勝戦 ○1-0 BBジャンキーズ

<BBジャンキーズのトーナメント(WS)成績>
予 選 ○4-3 Dokant(ドカント)
予 選 ○1-0 ドンマイ・ロックス
予 選 ○3-2 ボードベースボールクラブ
準決勝 ○7-1 ドンマイ・ロックス
決勝戦 ●0-1 LFD

【参考URL】
2018年 草野球ワールドシリーズのトーナメント表はこちら

BBJエース・椎野の立ち上がりを捉え、末平吉原コンビで初回に先制点を奪取!

BBジャンキーズのエース・椎野ミチハル(11)

BBジャンキーズのエース・椎野ミチハル(11)

LFDは攻撃力が自慢のチームだ。
リーグ戦の総得点は93点、1試合平均9点以上奪っている計算になる。
ワールドシリーズでもその攻撃力は健在で、4試合の総得点は32点、1試合平均8点と他のチームを圧倒し決勝を迎えた。

その打撃陣の中心にいるのが吉原(7)。
リーグ戦の打点は26点、1試合平均約3打点を挙げていると言えばどれだけ恐ろしいか分かるはずだ。

LFD史上最強打者との呼び声が高い吉原(7)

LFD史上最強打者との呼び声が高い吉原(7)

しかもそれだけではない、打率.680、長打率1.440と当たり出すと手が付けられない。
吉原(7)を中心とした打撃陣が、スカイツリーグの大エース・椎野ミチハル(11)に襲い掛かる。

初回裏、難なく2アウトを取られてしまったが、野球は2アウトから。
3番・末平(1)がサード内野安打で出塁すると、頼れる主砲の4番・吉原(7)に打席が回る。
すると、振り抜いた打球はセンターへのタイムリー2塁打。
いきなり末平吉原コンビで、椎野ミチハル(11)から貴重な先制点の奪取に成功した。

しかし、これが決勝点になるとはこの時点で誰も想像しなかっただろう。

4回、6回と好機作るも攻めきれなかったBBジャンキーズ

LFD先発の角(19)

LFD先発の角(19)

BBジャンキーズは昨シーズンの準優勝チーム。
WSグループステージでは3試合すべて1点差の辛勝だったが、準決勝では昨シーズン優勝したドンマイ・ロックスを7対1で破り、優勝候補大本命として決勝戦に臨んできた。

だが、プロスタで緊張したのかイニングを重ねても中々ヒットが出ない。
ようやく初ヒットが出たのは4回表、幾度タクミ(10)の左安だった。
続く小池マサノブ(23)が四球で繋ぐと、ノーアウト1・2塁の大チャンス。

4回、先頭の幾度タクミ(10)がヒットで出塁

4回、先頭の幾度タクミ(10)がヒットで出塁

1アウト後、打席は選手会長・辺見ダイキ(0)。
振り抜いた打球は強烈で、一瞬ヒットかと思いきやまさかのレフト正面のライナー。
レフトライナーで2アウト、しかもタイムリーと思い飛び出したランナーが2塁へ戻りきれずまさのダブルプレー。
同点、もしくは逆転のチャンスを逃してしまう。

しかし、チャンスは6回表にも訪れる。
連続四球で1アウト1・2塁のチャンス。
ところが、この日唯一の安打を放った幾度タクミ(10)はピッチャーゴロの併殺崩れ。
続く西野アラン(55)はセカンドゴロで万事休す。
数少ないチャンスをものにできず、LFDの背中が遠のいていった。

下馬評を覆し、スミ1を必死に守り抜いたLFDがついに四代目WS王者に君臨だ!

LFDの好守の前になかなか点が奪えないBBジャンキーズ

LFDの好守の前になかなか点が奪えないBBジャンキーズ

試合は、初回に末平吉原コンビで奪ったスミ1を必死に守り抜いたLFDが勝利し、ついに四代目WS王者に君臨した。

下馬評では、BBジャンキーズを推す声が多かった。
昨シーズンの準優勝チームであり、WS準決勝では王者ドンマイ・ロックスに勝利したことから、優勝候補大本命だった。
しかも、椎野ミチハル(11)を中心とした投手陣を打ち崩すのは至難の業。

そういったことから、LFDは虎の子の1点を必死に守るしかなかった。
特に、ショート・桑原(54)、レフト・荒井(23)の守備は素晴らしかった。

二塁盗塁を決めるLFDの荒井(23)

二塁盗塁を決めるLFDの荒井(23)

桑原(54)は内野を縦横無尽に駆け回り、逆シングルでゴロを捕球する軽快な守備。
荒井(23)は、4回のピンチの時でも冷静に試合を観察し、素早い送球でダブルプレーを取ることに成功。
この2人を中心とした鉄壁の守りが優勝に繋がった。

LFDは成長を続けている。
試合後、監督の稲葉(14)は「まだまだメンバーにチャレンジして欲しい守備位置・打順がある」とコメントをしている。
例えば、普段は二遊間を守る堀越(11)は今シーズンから投手に挑戦し好成績を収めた。

来シーズンは、いろんな選手が様々な守備位置・打順に挑戦することでチームが成長し、優勝候補筆頭としてプロスタに帰ってくる事を期待する。

ヒーローインタビューは決勝タイムリーを放ったLFDの吉原(7)

ヒーローインタビューは決勝タイムリーを放ったLFDの吉原(7)

四代目草野球ワールドシリーズ王者となったLFD

四代目草野球ワールドシリーズ王者となったLFD

全員出場を見事に達成したBBジャンキーズは惜しくも準優勝となった

全員出場を見事に達成したBBジャンキーズは惜しくも準優勝となった

記事:onetoosy(めんぼー)
撮影:森崎 明寿
協力:東京大学放送研究会

【関連記事】
[WS 2018 ベスト4]決勝プロ球場の切符を掴むのは!?熾烈を極める準決勝は前年WS覇者ドンマイ・ロックス対BBJ、LFD対ボードBCに決定! 投稿:2018年12月18日  Total:436 view

LFD 吉原(7)のプロフィール

所属:LFD / 投打:右投右打 / 役職:
LFD史上最強クラスの強打者であり、栃木弁の師範代。お陰で、バイリンガル率向上。バットも一新、たのんまっせ。旦那。

詳細を見る

リーグ専属カメラマンの熱戦フォト(全249枚)

2019年のLFD・吉原(7)の成績詳細

打撃成績















2019年03月30日ベアーズ(○7-3)4番打者 - 敵失 - 遊飛 - 三ゴ001000詳細
2019年03月16日Retty Baseball Club(○12-3)3番打者 - 中安 - 右安(1) - 三ゴ - 投ゴ100000詳細
2019年01月14日BBジャンキーズ(○0-1)4番打者 - 中2(1) - ニゴ100000詳細

打撃成績・打撃結果の見方について

試合結果

対戦形式日付/球場先攻スコア/
開始時間
後攻先攻
先発投手
責任投手後攻
先発投手
詳細
WS2019年01月14日
神宮球場

BBジャンキーズ
0 対 1
10:00~

LFD
椎野ミチハル(11)
4605 view
【勝】 角(19)
2544 view
【負】 椎野ミチハル(11)
4605 view
角(19)
2544 view
詳細
WS2018年01月13日
豊島区立総合体育場

BBジャンキーズ
5 対 3
14:00~

LFD
椎野ミチハル(11)
4605 view
【勝】 千葉ユウスケ(26)
762 view
【負】 角(19)
2544 view
角(19)
2544 view
詳細

注目されている選手

1

BBジャンキーズ
11椎野ミチハル

右の本格派。BBJ投手陣1本柱w。チャンスに強いが奥さんに弱いw。2013年よりノーヒットノーランを計3度達成。

4605 view

2

LFD
7吉原

LFD史上最強クラスの強打者であり、栃木弁の師範代。お陰で、バイリンガル率向上。バットも一新、たのんまっせ。旦那。

3054 view

3

BBジャンキーズ
14尾本コースケ

部活顧問で鍛えた快足と強肩はBBJ随一。制球抜群のエース。2015.4.4 バーストズ戦にて完全試合、2015.9.5 NSユナイテッド海運野球部戦にてノーノー達成。

3040 view

4

BBジャンキーズ
23小池マサノブ

BBJ主将(若頭)兼広報・外商担当。老眼の進行が著しいのが1番の悩み(T^T)。道具のオーダーが大好きな困ったちゃん(笑)。

2614 view

5

BBジャンキーズ
0辺見ダイキ

走攻守高いレベルのプレーでチームを引っ張る。頼りになる若手のリーダー。※新ユニ#1

2594 view

6

LFD
19

不働もとい、不動のエース。昨年は、人生の大きな機転。安定第一、羨ましいわぁ。

2544 view

7

BBジャンキーズ
19大磯タケアキ

イヂられ2号(笑)。貴重な左腕として期待されるも故障…。2018は様子を見ながら登板させます!

2442 view

8

LFD
39アサコ

LFDの悩める三振・失策王。出席率だけは100%と言うおバカさん。

2373 view

9

LFD
1末平

背番号を1に変更。チーム中心メンバーとして活躍中。今後も、もっとがんばりたまえ。

2155 view

10

LFD
10内村

昨年の活躍継続を。気分一新、背番号10番に変更。
鹿児島弁が物凄い。

1988 view

こんな記事も読まれています

まだ記事はありません。

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■T168cm B87(C) W58 H87
■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司

184221 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキから焼酎ロックへ

181658 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

4

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
①1971.11.23生(176.85)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ

154635 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

141911 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128800 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

122737 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

116804 view

10

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

417

view

レジェンドカップ

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!