[2019シーズン IKI B 総括]新規参加のBs HummerがLFDら超強豪を次々撃破!しかし後半失速し惜しくも3位に!!

 | 2020年2月20日

4年連続10試合消化を達成したTOKYO MONSTERS

IKI B は結果を見ると3強となった。TOKYO MONSTERS は過去最高の成績を残し2年連続リーグ優勝、C.C.Nationals は前年よりも成績を伸ばしながらも勝点1差で2位、新規参加の Bs Hummer は強豪を次々と撃破しながらも後半に失速し3位となった。

この中で注目は3位の Bs Hummer である。NOBORIの超強豪・LFD、戦極 -SENGOKU- の2チームを撃破し一躍優勝候補になったものの、後半に失速し惜しくも勝点2差の3位となった。

[第一位]TOKYO MONSTERS 8勝2敗 勝点56(前年:4勝6敗)

IKI Bグループ1位
◎8勝2敗0分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 三回戦敗退(ベスト8)

過去最多の8勝を挙げ2年連続リーグ優勝を達成。しかも、4年連続10試合消化するなど TOKYO MONSTERS にとっては充実した1年であった。

リーグ最終戦のコメントで伊藤(21)選手が「リーグ最低レベルの打撃力」と述べていたが、そんなことはない。2019年の総得点は81点で、成績別チームランキングで10試合以上のチームに限ると13位と最上位クラスである。2018年の総得点が35点だったことを考えると、強打のチームに変貌したと言えるだろう。元々投手陣は安定しているため、2020年もこの打撃力を維持できれば念願のプロスタに届くかもしれない。

[第二位]C.C.Nationals 7勝2敗1分 勝点55(前年:6勝3敗1分)

IKI Bグループ2位
◎7勝2敗1分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 三回戦敗退(ベスト16)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

2年連続10試合消化し前年よりも成績を伸ばしたものの、勝点1が足りず惜しくも2位に。雨天中止がこのグループで一番多い7試合もありながら10試合消化できたことは、チームのマネジメント能力の高さを物語っている。ただ、詳しく戦績を見てみると、相手のリーグ規約違反による勝利が3試合あり、そのうち2試合は試合自体では負けているため実質は5勝4敗1分であった。

2019年も大物食いぶりは健在で、ス・リーグでは実力最上位の スレイヤーズ、PALYBALLS に勝利している。安定して上位チームと戦えるようになれば、2020年は2年ぶりのリーグ優勝できるだろう。

[第三位]Bs Hummer 7勝3敗 勝点54(前年:-)

IKI Bグループ3位
◎7勝3敗0分

新規参加ながら開幕3連勝などもあり7勝3敗の勝点54でAクラスに。この勝点54は他のリーグであれば1位もあったため、運が悪かったと言える。

2019年のベストの試合は、5試合目の LFD 戦と、6試合目の 戦極 -SENGOKU- 戦だろう。どちらもス・リーグでは実力最上位チームで、2試合とも序盤はリードを許す苦しい展開。しかし、少ない好機をモノにし2試合連続逆転勝利を挙げた。2020年もこのような試合を続けることができれば、リーグ優勝は間違いなしだ。

[第四位]StingRays 1勝5敗2分 勝点36(前年:2勝4敗1分)

StingRaysは2番手以降の投手整備が急務

StingRaysは2番手以降の投手整備が急務

IKI Bグループ4位
◎1勝5敗2分
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

このリーグでは雨天中止が2番目に多い5試合もあり、8試合しか消化できず。しかも、1勝5敗2分の借金4で2年連続4位に終わった。

2019年は1勝5敗2分ながら得失点差-4点とかなり小さい。5敗のうち3敗が1点差負けで、そのすべてで終盤の失点で逆転されているためこうなったのだろう。チームの課題である2番手以降の投手を整備できれば、2017年以来のリーグ優勝も見えてくる。

[第五位]東京Mercenaries 2勝7敗 勝点30※規約違反1試合(前年:-)

IKI Bグループ5位
◎2勝7敗0分

新規参加ながら9試合消化したものの、2勝7敗と負け越して5位に。大きな連敗が2つもあったことがこの結果に響いた。

強豪チームとの対戦が多く黒星が先行してしまった。しかし、詳しく試合内容を見ると接戦が多くほとんどの試合で互角以上に戦えている印象だ。投手陣は鰐川(6)や水本(12)など、打撃陣は高畠(29)や福田(17)などハイレベルな選手が多いため、対戦相手次第では2020年はAクラスになってもおかしくない。

[第六位]Tomorrow Never Knows 2勝4敗 勝点28(前年:4勝4敗2分)

IKI Bグループ6位
◎2勝4敗0分

開幕2連勝と好スタートを切ったものの、その後の4連敗が響き2勝4敗と負け越して6位に。

4連敗を喫したが、最後の2試合は接戦の惜しい内容であった。どちらの試合も一時はリードし主導権を握っていたが、相手の粘り強さに負け最後は力尽きてしまった。打撃力はあるチームなので、チームの課題である2番手以降の投手を育成できれば、2020年は上位進出もあり得る。

[第七位]Radish boys 2勝1敗1分 勝点21(前年:-)

10試合消化に期待したいRadish boys

10試合消化に期待したいRadish boys

IKI Bグループ7位
◎2勝1敗1分

新規参加で4試合しか消化できなかったが、2勝1敗1分で勝ち越した。

まだス・リーグに慣れないところも多いと思われるが、それでも Albatross には引き分け、YAKITORI RAKUDA には逆転勝ちとス・リーグでも強豪チーム相手に互角以上に戦っていた。2020年は、10試合消化できればもしかしたら一気にリーグ優勝まであるかもしれない。

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:667 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:622 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:598 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:530 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:491 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:443 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:440 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206548 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194200 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

185422 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159000 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129497 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118142 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43854 view

313

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!