[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」

 | 2020年1月6日

熾烈な2位争いを制したAlbatross

2019年にチームを発足させたばかりのSENGOKUが強豪相手に見事な戦いぶりを見せ、リーグ戦参戦初年度から優勝を果たして見せた。シーズン途中にクラス昇格を果たしても、強さは全く衰えることがなく圧勝。来シーズンにもつながる、上々のリーグ戦デビューイヤーとなった。

[第一位]戦極 -SENGOKU-「チーム創設1年目から能力全開。投打に隙なくリーグ戦優勝」

NOBIRIリーグ Dグループ1位
◎9勝1敗0分 勝率90.0%

SENGOKUは2019年度に創設されたばかりの新チーム。しかし、リーグ戦初参戦とは思えない戦いぶりを見せ、9勝1敗で堂々のリーグ戦優勝を果たした。チームを支えたのは盤石の投手陣。その頑張りは、平均失点2.6という数字が物語っている。

投手陣の安定したピッチングが攻撃にもリズムを生み、総得点83というリーグ戦でダントツとなる数字を生み出した。また、主に1番打者とし適用されることが多かった、基岡 (7)選手の活躍も大きかった。チームの中でダントツトップとなる17安打を放つと、積極的に盗塁を仕掛け21得点に絡む活躍を見せた。

SENGOKUはシーズン途中にクラスが上がりより高いレベルの高い舞台で戦いを挑むことになったが、クラスの昇格の影響は全くなく最後まで変わらぬ強さを見せつけた。

[第二位]Albatross「リーグ戦終盤怒涛の5連勝。熾烈な2位争いを制す」

NOBIRIリーグ Dグループ2位
◎7勝2敗1分 勝率77.8%
◎CS IKI ベスト4
◎レジェンドカップ ベスト4

リーグ序盤は2勝2敗1分となかなか波に乗ることができなかったAlbatrossだが、リーグ戦終盤に入ると怒涛の追い上げを見せた。

6戦目で同組のボードベースボールクラブ相手に2ケタ14得点を奪い圧勝すると、7戦目は1点差ゲームをものにし今シーズン初となる連勝を飾った。8戦目ではリーグ戦初登板となった澤田(16)選手が、見事な完封勝利。

9戦目は今シーズン3度目となる2ケタ得点を奪い完勝。衛藤(29)選手・佐藤(21)投手・島田(66)選手と3人の4割バッターを擁する強力打線の力を見せつけた。10戦目も勝利し、リーグ戦後半は負けなしの5連勝。

最終的にAlbatrossと3位のSlammer’sは勝ち点で並んだものの、得失点差の差でAlbatrossが2位に。強力打線と投手陣の頑張りが活きる結果となった。

[第三位]Slammer's「怪我で戦力欠くもチーム力でカバー。自力の高さを見せリーグ戦突破」

自力の高さを見せたSlammer's

自力の高さを見せたSlammer's

NOBIRIリーグ Aグループ3位
◎7勝2敗0分 勝率77.8%
◎WS グループ戦敗退
◎CS IKI 準優勝

リーグ戦2連覇中のSlammer’sは3連覇は逃す形となかったが、ゲームをつくる投手に怪我人を欠いた状態での戦いを思えば3位という結果は十分と言える。

怪我人が出ながらも大崩れなく戦えたのは、伊家村(19)投手の力が大きい。今シーズンはチームトップとなる防御率2.20をマークし、安定したピッチングでチームを牽引。

3勝2敗1分とリーグ戦突破のためには必ず勝利が欲しい中迎えた、同組対決のボードベースボールクラブ戦では完投でチームに勝利をもたらした。この勝利に勢いづき、チームはリーグ戦を3連勝で締めくくった。

2位のチームとは勝ち点で同率に並んでいるように、自力の高さは十二分に示したシーズンとなった。

[第四位]ボードベースボールクラブ「リーグ戦は惜しくも4着も、WSでは念願の決勝進出」

NOBIRIリーグ Aグループ4位
◎4勝5敗1分 勝率44.4%
◎WS 準優勝
◎CS IKI 三回戦敗退(ベスト16)

2年連続でリーグ優勝を飾っているボードベースボールクラブ。今シーズンも開幕戦を12-1で快勝すると、そこから連勝街道まっしぐら。開幕4連勝を飾った。ところが、5戦目で接戦を落とすと引き分けを挟んでまさかの泥沼5連敗。優勝はおろか、リーグ戦突破も果たせない悔しい結果となってしまった。

リーグ戦では思うような結果を得られなかったが、WSでは念願の決勝進出を果たした。2016年からWSに出場し続けているものの、なかなか手が届かなかった決勝の舞台。今シーズンはWS3試合で完封勝利を挙げるなど、強さが光った。

3つの完封勝利のうち2勝は、昨シーズンまで投手として一切試合に出場したことがない岡田弟(9)投手によってもたらされたもの。投手としての才能が開花し、来シーズンにも楽しみが広がる。

[第五位]Blue Radiants「リーグ戦参入後初の予選敗退も、エースの奮闘に中堅の復活と明るい材料あり」

エースの奮闘がみえたBlue Radiants

エースの奮闘がみえたBlue Radiants

NOBIRIリーグ Aグループ5位
◎5勝5敗0分 勝率50.0%
◎WS ベスト4
CS IKI 二回戦敗退(ベスト32)

リーグ戦参戦初年度から3年連続でリーグ戦突破を果たしてきたBlue Radiantsだが、今シーズンは残念ながら5位という結果に終わった。

しかし、決して戦力が衰えたわけではなく、エースの間庭(5)投手がトーナメント戦を中心に登板した影響が大きかった。それでも、西澤(35)選手や鈴木(31)投手が昨シーズンから防御率を向上させており、投手陣は確実に成長中で来シーズンに期待がもてる。

野手陣にも明るい材料が。熊谷(28)選手が3年ぶりに打率を3割台に乗せ、復活の兆しを見せるシーズンとなった。打率.389は自己ベストの数字で、規定打席到達者の中ではチーム2位となる好成績だ。

チームとしては奮わなかったが、個人個人は確実に成長中。投打がうまく噛み合えば、来シーズン巻き返しを見せる下地は整っている。

[第六位]不動前ECE「試合数不足に泣き、戦いに加われず」

NOBIRIリーグ Aグループ6位
◎0勝2敗0分 勝率0.0%

2015年にはWS優勝も経験している不動前ECEだが、今シーズンは6位に沈んだ。満足に試合を組むことができず、今シーズンはわずか2試合しか戦えていない。

同リーグのにいる他のチームは9試合~10試合を戦っており、少ない試合数では仮に全勝したとしてもリーグ戦突破は難しい。2016年から年々試合数が減っており、試合を組む体制を整えることが急務の課題となっている。

記事:もっちゃん(https://twitter.com/e3lht

こんな記事も読まれています

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:774 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:708 view

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:706 view

[2019年タイトル総括・IKI打者編]浦安Marlinesの奥田 悠斗(1)が首位打者!PALYBALLS・しーの(25)は二冠達成!! 投稿:2020年6月2日  Total:649 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:603 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:597 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:553 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206683 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194573 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野球連盟「

186965 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159195 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129577 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118330 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43937 view

770

view

サテライトシリーズ

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!