[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!!

オーシャンズ・喜多村治郎(14) | 2020年1月6日

オーシャンズ のエース・喜多村治郎(14)が73回でタイトルを獲得

2012年に誕生し今年で8年目を迎えた東京スカイツリーグ。年々参加チームが増え続け、今シーズンは200チームが参加するマンモスリーグへと成長し、クラスも「NOBORI」「MIYABI」「IKI」「SATELLITE」と実力や曜日別に4つに分類されるようになった。

NOBORIはハイクラスというだけあって実力のある投手が揃っているが、タイトル獲得者は参加3年目以内のチームから輩出された。これはス・リーグのレベルが年々高くなっている証拠であろう。特に花岡 寛斗(15)は新規参加チームの 戦極 -SENGOKU- の選手である。

では、2019年タイトル総括・NOBORI投手編を紹介する。

最優秀防御率 戦極 -SENGOKU-・花岡 寛斗(15) 防御率0.35



|
名 前




















|














|





花岡 寛斗(15)
899 view
0.35420(0)10040013024630061

千葉ユウスケ(26)[投制]
1205 view
0.39618(0)0005108131410031

坂本(5)[投制]
777 view
0.62922(2)00021215143400032


戦極 -SENGOKU- のエースにして副キャプテンの花岡 寛斗(15)が防御率のタイトルを獲得。今シーズンは4試合、20イニングしか投げていないが、自責点がたった1点で防御率0.35と圧倒的な成績を残した。

今シーズンからス・リーグに参加しいきなりリーグ優勝を果たした 戦極 -SENGOKU- だが、その道のりはエース・花岡 寛斗(15)の好投から始まった。シーズン初戦、味方の5失策で失点を重ねる場面もあったが、初回に3三振を奪うなど4回を自責点1で抑えチームを初勝利に導いた。

NOBORI のランキングでは、花岡 寛斗(15)はK/BBが4.00で3位、DIPSが2.07で3位、WHIPが7位と各指標で上位に名を連ねている。来シーズン以降、もっと登板試合を増やせば各タイトルを総なめすることもあり得る。

最多投球回 オーシャンズ・喜多村治郎(14) 73回



|
名 前




















|














|





喜多村治郎(14)
1953 view
2.111273(0)600830745381814003422


椎野ミチハル(11)
5406 view
1.961464(1)400622521432612002818


伊家村 新一(19)
2624 view
2.201263(2)50072145734327204020


投球回は2位に9回差をつけ、オーシャンズ のエース・喜多村治郎(14)が73回でタイトルを獲得。今シーズンはすべての試合に先発し、完投しなかったのはたった2試合のみと鉄腕ぶりを発揮した。

特に素晴らしかったのは3月24日のダブルヘッダーである。どうやら前日に飲みすぎて自転車で転倒し脇腹と肘を痛めてしまったようだが、そんなことは微塵も感じさせず1試合目を7回2安打無失点で完封。2時間後の2試合目は疲れからか初回に3失点してしまうものの、その後は尻上がりに調子を上げ5回4失点(自責点2)で完投した。

喜多村治郎(14)は毎年50試合以上を投げているようで、勤続疲労もあってか今シーズンのリーグ最終戦では肘に痛みが出ていたようだ。オーシャンズ はプロスタが懸かる来シーズンのワールドシリーズ出場権を獲得しているため、早く回復し万全の状態で挑めるようにしてもらいたい。

最多勝利 マガジンズ・小倉トースト(20)/侍EXECUTIVE・KENZABURO(20) 9勝



|
名 前




















|














|





小倉トースト(20)
3479 view
1.751452(0)20093037238185102213
-
KENZABURO(20)
2105 view
2.281161(1)70092041249180102620

角(19)
3047 view
3.521461(2)41084154645285604031
-
土居うんこ先輩(23)
1550 view
1.651451(0)00182032140276002412
-
下地翔也(7)
1153 view
1.451153(0)30081018241127301111
-
喜多村治郎(14)
1953 view
2.111273(0)600830745381814003422


ス・リーグを代表するエースが多数ひしめく中、マガジンズ・小倉トースト(20)と侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)がともに9勝でタイトルを獲得。

小倉トースト(20)は昨シーズンから本格的に投手に挑戦すると、今シーズンはその才能が一気に開花。LFD、ツインリバーズ、BBジャンキーズ といったス・リーグでも超強豪を相手に次々と勝利を挙げ、最優秀投手賞(MVP)を獲得しス・リーグを代表する投手となった。

侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)はT-KAZUKI(55)監督から「精密機械」と評されるほど制球力が抜群である。今シーズンは61回と1/3を投げ、四球はたった18個で死球はなし。制球を乱して崩れることがめったにないため、登板3戦目から9連勝を達成し2019年度最多勝利賞も受賞している。

最多奪三振 侍EXECUTIVE・KENZABURO(20) 49奪三振



|
名 前




















|














|





KENZABURO(20)
2105 view
2.281161(1)70092041249180102620

角(19)
3047 view
3.521461(2)41084154645285604031


椎野ミチハル(11)
5406 view
1.961464(1)400622521432612002818
-
坂本(5)[投制]
777 view
0.62922(2)00021215143400032


侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)が最多勝利と二冠を達成。三振をガンガン奪うタイプではないためK/BBは2.72だが、NOBORI で40イニング以上を投げた中では1位である。

侍EXECUTIVE と対戦したチームのコメントを眺めていると「あと一本が出なかった」とのコメントが目立つ。それは、抜群の制球力を誇るKENZABURO(20)とバッテリーを組んでいるTANABE(8)の存在が大きい。得点圏に走者を出してもKENZABURO(20)を巧みにリードし、ピンチのときこそ三振を奪い切り抜ける場面が多かったことから、このタイトルを獲得できたのだろう。

今シーズンの 侍EXECUTIVE は激戦の NOBORI B を圧倒的な強さでリーグ優勝し、ワールドシリーズの出場権を獲得した。二冠を達成したKENZABURO(20)を中心に、来シーズンはプロスタへの最有力候補となりそうだ。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

オーシャンズ 喜多村治郎(14)のプロフィール

所属:オーシャンズ / 投打:右投右打 / 役職: 選手会長
毎年年間200イニングを投げる鉄腕大エース!!!チームにいなくては成り立たない存在!!!

詳細を見る

2020年のオーシャンズ・喜多村治郎(14)の成績詳細

投手成績

日付





















|
詳細
2020年03月22日東京シャイニングスターズ(○4-7)1番手5回(0/3)144025100詳細
2020年03月01日東京 PERFECTS(○3-5)1番手7回(0/3)234134000詳細
2020年02月23日侍EXECUTIVE(○2-8)1番手7回(0/3)224118100詳細
2020年02月16日スレイヤーズ(○3-9)1番手6回(0/3)132107000詳細

打撃成績















2020年03月22日東京シャイニングスターズ(○4-7)7番打者 - 左安 - 投ゴ - 遊ゴ011000詳細
2020年03月01日東京 PERFECTS(○3-5)6番打者 - 三振 - 遊ゴ - 三振000000詳細
2020年02月23日侍EXECUTIVE(○2-8)5番打者 - 犠飛(1) - 死球 - ニ飛100000詳細
2020年02月16日スレイヤーズ(○3-9)5番打者 - 中安 - 三振 - 四球(1)112000詳細

打撃成績・打撃結果の見方について

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:679 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:610 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:538 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:498 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:450 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:449 view

[2019シーズン MIYABI A 総括]勝ち越しチーム無し!?1位から7位まで勝点7差以内の稀に見る大混戦!! 投稿:2020年1月10日  Total:416 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206555 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194240 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

185438 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159103 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129500 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118154 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43859 view

640

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!