[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!?

 | 2020年1月14日

チーム史上2度目のリーグ優勝を達成したK.B.F.Cイーグルス

MIYABI E は1位から4位までが勝点4差の激戦であった。そんな中で新規参加の 桐陰フェニックス は5勝3敗2分で勝点52と好成績だったが、勝点2が足りず惜しくも4位に終わった。これがもし他のリーグであれば3位以上は確実であるため、運が悪かったと言えるだろう。

K.B.F.Cイーグルス は6年連続で10試合消化し、チーム2度目のリーグ優勝を果たした。これまでチームを牽引した並木 集(7)主将が2019年一杯で引退するため、リーグ優勝という素晴らしい花道を飾ることができた。

[第一位]K.B.F.Cイーグルス 7勝1敗2分 勝点56(前年:7勝3敗)

MIYABI Eグループ1位
◎7勝1敗2分 勝率87.5%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・レジェンドカップ 初戦敗退(ベスト24)

チーム史上2度目のリーグ優勝を達成。しかも、2014年にス・リーグに参加以降6年連続10試合消化の快挙を成し遂げた。

10月27日の Cools 戦はこれまでチームを支えた並木 集(7)主将の引退試合となった。ス・リーグの通算打率が.135と低迷していたが、この試合では最終打席で安打を放ち、しかも2年ぶりの打点を挙げ自ら有終の美を飾った。

2019年は8月から新メンバーの新井 厚志朗(46)と佐久間 悠太(30)が加入した。去る者がいれば来る者もいると言うように、並木 集(7)の穴を埋められるように新メンバーに期待したい。

[第二位]練馬レッドサーティーンズ 6勝2敗2分 勝点54(前年:5勝4敗1分)

MIYABI Eグループ2位
◎6勝2敗2分 勝率75.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 四回戦敗退(ベスト8)
◎スカイツ・リベンジカップ 三回戦敗退

3位の イノベーターズ と同じ勝点だったが、得失点差でわずかに上回り2位を確保。シーズン最終戦で大量得点を奪ったことが2位に繋がった。

2018年にエース格として活躍した安本(9)が負傷したため、2019年は投手不足が深刻であった。しかし、もう一人のエース格・北国(17)や、2019年から投手に挑戦した川合(6)の活躍もありこのピンチを乗り切り2位を確保した。特に川合(6)の成長ぶりには八木(7)監督も目を細めていたようで、来シーズンは投手王国として期待できそうだ。

[第三位]イノベーターズ 7勝3敗 勝点54(前年:4勝4敗)

足でかき回してチャンスを増やしたイノベーターズ

足でかき回してチャンスを増やしたイノベーターズ

MIYABI Eグループ3位
◎7勝3敗0分 勝率70.0%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 初戦敗退
◎スカイツ・リベンジカップ 二回戦敗退

2位の 練馬レッドサーティーンズ と同じ勝点だったが、得失点差でわずかに及ばず3位となった。ただ、3位を確保したことで来シーズンのシリーズ出場権は獲得した。

2018年のチーム打率は.289で1試合平均得点は5.75点だったのに対し、2019年は打率.258と低下したが平均得点は6.60にアップした。この要因は盗塁数の増加であろう。2019年は盗塁数ほぼ倍増したため、足でかき回してチャンスを増やしたことが得点力アップに繋がったようだ。チーム盗塁数1位の峯岸(16)の出塁率が上がれば、来シーズンはさらに得点力がアップするだろう。

[第四位]桐陰フェニックス 5勝3敗2分 勝点52(前年:-)

MIYABI Eグループ4位
◎5勝3敗2分 勝率62.5%

新規参加ながら10試合消化し5勝3敗2分で勝点52と好成績を残しているが、上位3チームには一歩及ばず4位となった。この勝点52は他のグループであればほぼ3位以内であったため、この4位は運が悪かったと言えるだろう。

桐陰フェニックス は長打力が自慢のチームである。中村(17)、矢崎(13)を中心に長打を打ちまくり、チーム長打率.511はス・リーグでも最上位クラスだ。ただ、試合後のコメントで「あと一本が出ない」というのが目立つように効率的に得点を奪えていない。チャンスで一本が出るようになれば、来シーズンは優勝まであり得るだろう。

[第五位]ワセダレッズ 2勝5敗1分 勝点37(前年:4勝6敗)

MIYABI Eグループ5位
◎2勝5敗1分 勝率28.6%
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 三回戦敗退(ベスト16)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

2013年から参加し2018年まで6年連続10試合消化していたが、2019年は10月に3試合雨天中止があったこともあり8試合しか消化できず。しかも2勝5敗1分で借金3はチーム史上ワーストである。

ワセダレッズ と言えば強打のチームというイメージが強いが、2019年は打撃成績が軒並み低下した。2018年はチーム打率.306で1試合平均得点8.1点だったのに対し、2019年は打率.194で平均得点4.13点になってしまい、これが借金3に繋がってしまったのだろう。ただ、強打が戻れば優勝する力はあるため、2020年の巻き返しに期待したい。

[第六位]ZaK Japan 2勝4敗1分 勝点33(前年:2勝5敗)

2試合連続雨天中止が悔やまれるZaK Japan

2試合連続雨天中止が悔やまれるZaK Japan

MIYABI Eグループ6位
◎2勝4敗1分 勝率33.3%
◎スカイツ・リベンジカップ 二回戦敗退

2013年から参加している古豪の ZaK Japan だが、6年連続で10試合消化できず6位となった。ただ、梅雨の時期の2試合連続雨天中止がなければ10試合消化できたかもしれないので悔やまれる。

10月26日のシーズン最終戦は好内容の勝利であった。7安打中長打は0本だったが、5盗塁など足を絡めてチャンスを広げ、相手の失策もあり効率よく得点を奪い快勝した。来シーズンもこのような試合を続けて、かつ、10試合消化できれば参加初年度以来のリーグ優勝もあり得る。

[第七位]ORD軟式野球部 0勝3敗 勝点2※規約違反1試合(前年:-)

MIYABI Eグループ7位
◎0勝3敗0分 勝率0.0%

新規参加で8月から始動したため実質2試合しか消化できず。ただ、敗れた相手が2019年にリーグ優勝した 草野球スピリッツ と BBジャンキーズ という強豪だったため対戦相手の運が悪かった。

どうやら怪我人が多いようで守備位置を決めるのに苦労していたようだ。まずは怪我の治療と10試合消化を目指してもらいたい。

記事:北野 栗毛(@kitanokurige

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:327 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:316 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:315 view

[2019シーズン MIYABI B 総括]1位と2位が勝点1差の大激戦!直接対決の結果が優勝に繋がった!! 投稿:2020年1月10日  Total:276 view

[2019シーズン MIYABI A 総括]勝ち越しチーム無し!?1位から7位まで勝点7差以内の稀に見る大混戦!! 投稿:2020年1月10日  Total:274 view

[2019シーズン MIYABI C 総括]上位3チームが勝点2差以内!東京南海ホークスが7年連続10試合消化を達成!! 投稿:2020年1月10日  Total:252 view

[2019シーズン MIYABI H 総括]東京ジュピターズが3年連続リーグ優勝&5年連続10試合消化の快挙達成!! 投稿:2020年1月17日  Total:235 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206342 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

190871 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

177651 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

156909 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129423 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

117929 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43782 view

285

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!