[2019シーズン SATELLITE G 総括]文教スパッツ「強豪撃破の大金星。チーム力アップでリーグ戦連覇」

 | 2020年2月6日

リーグ戦10戦8勝と圧倒的な強さを見せつけ、2年連続のリーグ優勝を決めた文教スパッツ。2018年シーズンを上回る勝利数に、強豪チームの撃破と内容も充実したシーズンとなった。投打ともに主軸が好調をキープ。期待の新戦力も順調に成長を見せており選手層は厚い。リーグデビューイヤーを優勝で飾った2018年シーズンの勢いそのままに連覇を飾り、さらにチームの力を証明するシーズンとなった。

[第一位] 文教スパッツ「投打ともにさらに進化。昨シーズン上回る勝利数でリーグ戦2連覇」

SATELLITE Gグループ1位
◎8勝2敗0分 勝率80.0%
◎草野球サテライトシリーズ 二回戦敗退(ベスト8)
◎スカイツ・チャレンジカップ 初戦敗退(ベスト32)

リーグ戦2連覇を達成した文教スパッツ。今シーズンは昨シーズンを上回る8勝をマーク。最終戦では強豪プレアデスに競り勝つなど、チーム力は着実にアップしている。

打率.538をマークしチーム首位打者に輝いた優(25)選手を中心に、鈴木(21)選手、板倉(15)選手、花田(13)選手、吉國(16)選手と4人の3割打者を擁する打線が火を吹き平均得点は昨シーズンから大幅にアップした。

投手陣ではエース田島(13)投手が今シーズンも安定して力を発揮し、2年連続でチーム最多勝 、チーム最多奪三振 、チーム最優秀防御率のタイトルを獲得。2年目の浅川(1)投手は初勝利を挙げるなど、田島(13)投手に次ぐ投手も着実に育っている。

年々進化を見せる文教スパッツ。2020年のシーズンはどのような戦いを見せてくれるのか、期待が高まる。

[第二位]横浜T-BREAKERS「4シーズン連続の10試合完走。成長と課題が見えたシーズンに」

SATELLITE Gグループ2位
◎2勝8敗0分 勝率20.0%
◎スカイツ・サテライトカップ 初戦敗退(ベスト16)

横浜T-BREAKERSは3試合の雨天中止がありながら意欲的に試合をこなし、4シーズン連続での10試合を見事に戦い抜いた。

投打ともに目を引いたのは川島(2)投手の急成長。入団以来防御率が2桁を下回ることがなかったが、2019年シーズンは防御率4.88と大幅に改善。初勝利もマークした。打者としても初の打率4割越えを記録と絶好調。投打でチームを牽引した。

リーグ2位に入ったものの、勝利数は2と課題も残る横浜T-BREAKERS。川島(2)投手に次ぐ存在がいないのは痛いところ。チームトップの9試合に登板した内田(27)選手の、与四死球の多さが改善されれば結果も変わってくるだろう。

2020シーズンはさらに内容も求めるシーズンにしたい。

[第三位]マジョリカフーズ「復活の兆し。5シーズンぶりの上位クラス進出」

SATELLITE Fグループ3位
◎1勝8敗1分 勝率11.1%
◎スカイツ・チャレンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

マジョリカフーズは3位でリーグ戦を終え、2014年以来となる嬉しい上位クラスでシーズンを終えた。リーグ戦で挙げや勝利はわずかに1勝だが、この1勝はチームにとっても疋田 (19)投手にとっても大きな1勝となった。

デビューイヤーは防御率0.50と抜群の安定感を見せた疋田 (19)投手だったが、近年はなかなか思うような投球ができず2年間未勝利の苦しい時期も味わった。今シーズンは防御率2.33と安定した投球で久々の勝ち星も手にし、復活の兆しを見せるシーズンとなった。

打線は中村(5)選手が打率.409をマークしたものの、打率1割台の選手も多く改善が必要。頼れる疋田 (19)投手が復活した今、打線の立て直しが図れれば2020年シーズンはさらなる上昇も望める。

[第四位]ブレイバース「力見せるも、勝ち点1差の悔しい4位」

SATELLITE Gグループ4位
◎2勝3敗1分 勝率 40.0%

4位となったブレイバースだが、3位とは勝ち点1差と上位に食い込める力があることは十分に証明して見せた。

投手では中嶋 (20)選手が投手陣を牽引する存在に急成長。2018年シーズンは投手として1試合の登板に止まったが、2019年シーズンは6試合に登板しチーム最多勝 、チーム最多奪三振 、チーム最優秀防御率のタイトルを獲得した。中嶋 (20)選手の奮闘もあり、チーム平均失点も大きく改善されている。

打撃陣では新加入の渡辺(5)選手がデビュー戦から本塁打を放つなど、期待のもてる新戦力が加わった。

上位争いをできるだけの戦力は十分整っている。2019年シーズンは6試合しか消化できなかった試合数が改善されれば、さらなる上昇も目指せる。

[第五位]吉原オールディーズ「リーグ規約違反響き、5位に終わる」

SATELLITE Gグループ5位
◎3勝5敗0分 勝率37.5%
◎スカイツ・サテライトカップ 決勝戦

吉原オールディーズは2018年シーズンから勝ち星を伸ばしたものの、リーグ規約違反による原点に泣き5位に終わった。しかし、原点がなければ上位クラスに食い込む成績を残しており、大きな成長を見せている。

打線は非常に強力。4番の花枝(14)選手はチームトップの打率.500を記録し、主砲にふさわしい活躍。松本(3)選手、堤(29)選手、石原(5)選手、平野(28)選手と3割打者が4人と勢ぞろいしてるのも頼もしい。

投手陣では石原(5)投手がリーグ戦にサテライトカップとフル回転の活躍で4勝をマーク。1年目の昨シーズンは未勝利に終わったが、2019年シーズンは大きな飛躍を見せた。

2020年シーズンは戦力を十分に生かし、上位争いを繰り広げたい。

[第六位]CBBC「試合数こなせず、好調打線を生かしきれないシーズンに」

SATELLITE Gグループ6位
◎1勝1敗0分 勝率50.0%

CBBCは2019シーズン、わずかに2試合しか戦うことができず最下位に沈んだ。

試合数こそ少ないものの、東(3)選手、佐藤(13)選手がともに打率.667を記録。増田(11)投手、横関(1)投手、北本弟(23)選手、伊藤(15)選手と3割を超える打者も勢ぞろい。強力打線を誇っていただけに、2試合しか戦えなかったのは痛かった。

2020年シーズンは戦力を生かすために、まずは試合数を重ねていきたいところだ。

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:562 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:474 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:467 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:454 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:394 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:370 view

[2019シーズン MIYABI B 総括]1位と2位が勝点1差の大激戦!直接対決の結果が優勝に繋がった!! 投稿:2020年1月10日  Total:330 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206411 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

191075 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

177762 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

158307 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129450 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

117993 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43801 view

134

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!