[2019シーズン IKI C 総括]浦安Marlinesがシーズン後半3連勝で優勝!CHUTOROは試合数が足りず惜しくも4位に!!

 | 2020年2月20日

後半の3連勝が優勝に繋がった浦安Marlines

IKI C は1,2位と3,4位争いが激戦であった。1位と2位は、浦安Marlines が終盤の3連勝もあり勝点1差で優勝。3位と4位は、JHEROES が10試合を消化したことで勝点2差で3位になりAクラスを確保した。

この中で注目はリーグ優勝した 浦安Marlines である。シーズン中盤に5連敗を喫し一時は優勝に届かないと思われたが、後半に3連勝と持ち直し新規参加ながら見事リーグ優勝を果たした。

[第一位]浦安Marlines 5勝5敗 勝点50(前年:-)

IKI Cグループ1位
◎5勝5敗0分

新規参加ながら10試合消化し、勝点1差で見事リーグ優勝。3試合目から5連敗があったものの、後半に持ち直し3連勝したことが優勝に繋がった。

IKIの首位打者のタイトルを獲得した奥田 悠斗(1)がチームを牽引した。上位から下位までいろんな打順で起用され、時には相手の意表を突くセーフティーバントを1試合2本も決めるなど、主将らしくチームプレーに徹した。

2019年の投手陣は規定投球回に到達した投手がおらず、計8人も登板している。エース格である佐藤 大樹(66)の試合参加率が増えれば、まだまだチームの勝利数を増やせるだろう。

[第二位]チームフミハナ 4勝5敗1分 勝点49(前年:6勝4敗)

1点差負けに泣いたチームフミハナ

1点差負けに泣いたチームフミハナ

IKI Cグループ2位
◎4勝5敗1分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 四回戦敗退(ベスト8)
◎スカイツ・リベンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

4年連続10試合消化を達成し、4勝5敗1分ながらもチーム過去最高順位の2位で2019年を終えた。ちなみに、(オ)長谷川 光(2)の競馬予想コーナーの結果は……、夏競馬の調子は良かったらしい。

2019年は1点差負けに泣いた1年であった。開幕戦は一時5点の大量リードだったものの、徐々に追いつかれ逆転負け。9試合目は、5点ビハインドを追いかけ最終回に一挙4点を奪うものの、あと一本が出ず敗戦。最終戦は1点リードと優位な展開だったが、たった一度のピンチに2点適時打を許し逆転負け。2019年は他の負け試合も接戦であり、「強いチームは接戦に強い」とも言われるため、リーグ優勝するためには接戦で勝てるようにならなければいけない。

[第三位]JHEROES 1勝9敗 勝点42(前年:3勝5敗)

IKI Cグループ3位
◎1勝9敗0分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

1勝9敗の借金8となってしまったが、10試合消化したため勝点42で3位に滑り込んだ。

苦しい1年であった。序盤から中盤まではシーソーゲームを演じるものの、中盤から後半にかけて崩れてしまい負ける試合が多かった。しかし、9敗のうち7試合が3点差以内の接戦であったため、どこかで一本が出たり、どこかで相手打者を抑えていれば白星が増えていたことだろう。シーズン最終戦で1イニングに一挙9得点を奪うなど力があるチームなので、チームの課題である失策を減らすことができれば一気にリーグ優勝まであり得る。

[第四位]CHUTORO 4勝4敗 勝点40(前年:-)

雨天中止に泣いたCHUTOROが4位転落

雨天中止に泣いたCHUTOROが4位転落

IKI Cグループ4位
◎4勝4敗0分

新規参加で始動が5月からだったことと、雨天中止が3試合もあったため10試合消化できず。しかし、シーズン終盤に調子を上げ4勝4敗の5分に持ち込んだ。

リードオフマンのMIYATA(9)がチームを牽引した。打率.400はチームで2位だったものの、長打率1.150、本塁打4本、7打点、5盗塁はチーム1位である。4,5試合目には2試合連続先頭打者本塁打を放ち相手の出鼻を挫くなど、自慢の身体能力でリードオフマンの役割を全うした。2019年は8試合しか消化できなかったため4位となったが、10試合消化できればAクラスに入れる実力は十分ある。

[第五位]埼京シティーボーイズ 1勝5敗1分 勝点31(前年:4勝5敗1分)

IKI Cグループ5位
◎1勝5敗1分

2018年は新規参加ながら3位と好成績を残したが、2019年は7試合しか消化できず、しかも1勝5敗1分と負け越して5位に沈んでしまった。

この要因は盗塁数の減少と与四死球数の増加だろう。試合数が違うため単純に比較はできないが、2018年は42盗塁で80与四死球だったのに対し、2019年は13盗塁で112与四死球であった。元々打撃力があるチームなので、2020年の巻き返しに期待したい。

[第六位]鮪 1勝1敗 勝点10(前年:0勝1敗)

IKI Cグループ6位
◎1勝1敗0分

2013年から参加している古豪だが、近年はあまり試合を組めず。2019年はとうとう2試合のみとなってしまい、1勝1敗の6位に終わった。

2014年には1試合平均8.3点を奪うなど強打の"大漁"打線として有名だったが、2019年はブランクが影響したためか平均2点となってしまった。2020年は、2016年以来の10試合消化と"大漁"打線復活に期待したい。

こんな記事も読まれています

※再掲載[LC 2019 決勝 見どころ]総合力で東京 PERFECTSが優位か!?TOKYO SKYHAWKSは接戦に持ち込みたい!!(東京 PERFECTS 対 TOKYO SKYHAWKS) 投稿:2020年8月20日  Total:2160 view

【CS D3 2024優勝予想】本命は圧倒的な成績でリーグ優勝の三千盛ケルベロス!!昨シーズン王者のピグレッツは対抗評価!? 投稿:2024年4月27日  Total:2113 view

[公式戦 2021 試合レビュー]よっちーずは走攻守が噛み合い今シーズン白星発進!左翼手・秋山真衣(21)が大飛球を好捕!!(よっちーず 5 対 2 REGALOS) 投稿:2021年3月26日  Total:1869 view

[SS 2019 西武メットライフドーム決勝戦 見どころ]総合力でZ’sが優位か!?パワーオブザゴリラーズは積極走塁で相手守備陣を翻弄したい!!(パワーオブザゴリラーズ 対 Z’s) 投稿:2020年10月1日  Total:1864 view

[LC 2020 決勝戦 見どころ]勢いがある三軒茶屋ダイマースが優位か!?勝敗の鍵は投手陣の継投にあり!!(東京アーネストシャルズ 対 三軒茶屋ダイマース) 投稿:2021年10月4日  Total:1808 view

[2019シーズン SATELLITE E 総括]ケンズ「チーム力に厚み増し、リーグ戦連覇達成」 投稿:2020年1月30日  Total:1765 view

[2019年タイトル総括・IKI投手編]最優秀防御率はYAKITORI RAKUDAのアルプス(17)に決定!TOKYO MONSTERS・安井(29)はフル回転で最多勝利!! 投稿:2020年6月2日  Total:1742 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

C.C.Nationals
66大森

ツボにはまれば長打を打てる捕手で第2代C.C.Nationals新人王受賞(近藤と同時受賞)
2018の大半をカナダへ留学(もとい、MLB観戦旅行)していた。
一時期から体

51225 view

2

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#BRAINS 0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区

49613 view

3

ギャルソンジャイアンツ
4ズッシー

年に1度、芯で打った時の飛距離はチームNo.1のスラッガー。オレンジ色の木製バットにこだわりを持ち、毎年買い替えて愛用しているが、チームメイトからはビヨンドを使えばすぐに4番を打てるのに…と陰口を叩か

44666 view

4

Aspens
29ゆめか

Aspensを支える美人マネージャー(笑)。
趣味は休日にカフェを巡ることと読書(多分)。

44618 view

5

Aspens
16日野

調子に乗るとすぐに怪我する足爆弾持ち。三冠王を取ったら引退するという目標を立てている。

34783 view

6

Aspens
1秋山

Aspens監督兼「左の」エース。
2022年エース剥奪。仕方ないのでバットとグラウンド取得と出欠管理で貢献する。

22960 view

7

渡辺WINS
15阿部

2021年度期待の新戦力!!

17371 view

8

大田ブルーウェーブ
1森本遥斗

色気のあるプレーで多くの女性を魅了する走攻守三拍子揃った天才イケメンエース!昨年は投手三冠に輝き、打撃では不動の3番として君臨し華麗な遊撃守備を披露。見た目だけでクズ男キャラになってしまう。

17310 view

9

PALYBALLS
10ノブ

★チーム創設メンバー
■2016年11月入団
■可能性の獣
*オタク×野球の象徴!
■推しメン:
・篠塚つぐみ/プレイボールズ

16850 view

10

アオイハル
11松島 大進

13214 view

1026

view

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手