[2019シーズン IKI C 総括]浦安Marlinesがシーズン後半3連勝で優勝!CHUTOROは試合数が足りず惜しくも4位に!!

 | 2020年2月20日

後半の3連勝が優勝に繋がった浦安Marlines

IKI C は1,2位と3,4位争いが激戦であった。1位と2位は、浦安Marlines が終盤の3連勝もあり勝点1差で優勝。3位と4位は、JHEROES が10試合を消化したことで勝点2差で3位になりAクラスを確保した。

この中で注目はリーグ優勝した 浦安Marlines である。シーズン中盤に5連敗を喫し一時は優勝に届かないと思われたが、後半に3連勝と持ち直し新規参加ながら見事リーグ優勝を果たした。

[第一位]浦安Marlines 5勝5敗 勝点50(前年:-)

IKI Cグループ1位
◎5勝5敗0分

新規参加ながら10試合消化し、勝点1差で見事リーグ優勝。3試合目から5連敗があったものの、後半に持ち直し3連勝したことが優勝に繋がった。

IKIの首位打者のタイトルを獲得した奥田 悠斗(1)がチームを牽引した。上位から下位までいろんな打順で起用され、時には相手の意表を突くセーフティーバントを1試合2本も決めるなど、主将らしくチームプレーに徹した。

2019年の投手陣は規定投球回に到達した投手がおらず、計8人も登板している。エース格である佐藤 大樹(66)の試合参加率が増えれば、まだまだチームの勝利数を増やせるだろう。

[第二位]チームフミハナ 4勝5敗1分 勝点49(前年:6勝4敗)

1点差負けに泣いたチームフミハナ

1点差負けに泣いたチームフミハナ

IKI Cグループ2位
◎4勝5敗1分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 四回戦敗退(ベスト8)
◎スカイツ・リベンジカップ 二回戦敗退(ベスト16)

4年連続10試合消化を達成し、4勝5敗1分ながらもチーム過去最高順位の2位で2019年を終えた。ちなみに、(オ)長谷川 光(2)の競馬予想コーナーの結果は……、夏競馬の調子は良かったらしい。

2019年は1点差負けに泣いた1年であった。開幕戦は一時5点の大量リードだったものの、徐々に追いつかれ逆転負け。9試合目は、5点ビハインドを追いかけ最終回に一挙4点を奪うものの、あと一本が出ず敗戦。最終戦は1点リードと優位な展開だったが、たった一度のピンチに2点適時打を許し逆転負け。2019年は他の負け試合も接戦であり、「強いチームは接戦に強い」とも言われるため、リーグ優勝するためには接戦で勝てるようにならなければいけない。

[第三位]JHEROES 1勝9敗 勝点42(前年:3勝5敗)

IKI Cグループ3位
◎1勝9敗0分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

1勝9敗の借金8となってしまったが、10試合消化したため勝点42で3位に滑り込んだ。

苦しい1年であった。序盤から中盤まではシーソーゲームを演じるものの、中盤から後半にかけて崩れてしまい負ける試合が多かった。しかし、9敗のうち7試合が3点差以内の接戦であったため、どこかで一本が出たり、どこかで相手打者を抑えていれば白星が増えていたことだろう。シーズン最終戦で1イニングに一挙9得点を奪うなど力があるチームなので、チームの課題である失策を減らすことができれば一気にリーグ優勝まであり得る。

[第四位]CHUTORO 4勝4敗 勝点40(前年:-)

雨天中止に泣いたCHUTOROが4位転落

雨天中止に泣いたCHUTOROが4位転落

IKI Cグループ4位
◎4勝4敗0分

新規参加で始動が5月からだったことと、雨天中止が3試合もあったため10試合消化できず。しかし、シーズン終盤に調子を上げ4勝4敗の5分に持ち込んだ。

リードオフマンのMIYATA(9)がチームを牽引した。打率.400はチームで2位だったものの、長打率1.150、本塁打4本、7打点、5盗塁はチーム1位である。4,5試合目には2試合連続先頭打者本塁打を放ち相手の出鼻を挫くなど、自慢の身体能力でリードオフマンの役割を全うした。2019年は8試合しか消化できなかったため4位となったが、10試合消化できればAクラスに入れる実力は十分ある。

[第五位]埼京シティーボーイズ 1勝5敗1分 勝点31(前年:4勝5敗1分)

IKI Cグループ5位
◎1勝5敗1分

2018年は新規参加ながら3位と好成績を残したが、2019年は7試合しか消化できず、しかも1勝5敗1分と負け越して5位に沈んでしまった。

この要因は盗塁数の減少と与四死球数の増加だろう。試合数が違うため単純に比較はできないが、2018年は42盗塁で80与四死球だったのに対し、2019年は13盗塁で112与四死球であった。元々打撃力があるチームなので、2020年の巻き返しに期待したい。

[第六位]鮪 1勝1敗 勝点10(前年:0勝1敗)

IKI Cグループ6位
◎1勝1敗0分

2013年から参加している古豪だが、近年はあまり試合を組めず。2019年はとうとう2試合のみとなってしまい、1勝1敗の6位に終わった。

2014年には1試合平均8.3点を奪うなど強打の"大漁"打線として有名だったが、2019年はブランクが影響したためか平均2点となってしまった。2020年は、2016年以来の10試合消化と"大漁"打線復活に期待したい。

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:662 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:619 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:593 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:526 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:486 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:440 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:429 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206543 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194188 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟1部「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟1部「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野

182798 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

158772 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129496 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118140 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43850 view

306

view

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!