[2019シーズン IKI G 総括]新規参加の「けちゃっぷ」が3位!若手中心のチームで2020年は期待大!!

 | 2020年2月28日

雨天に泣かされたがなんとか2位をキープしたMadrush

IKI G は上位チームと下位チームの差が大きいグループであった。上位3チームは9試合以上消化し、特に 前野MANYMETS は粘り強い試合で見事リーグ優勝。下位チームは順調に試合を組めず、上位3チームとは大きく離されてしまった。

この中で注目は3位の けちゃっぷ である。新規参加で開幕3連敗スタートと苦しい序盤戦だったが、20代が中心の若いチームのため徐々に力をつけると、4連勝もあり3位に滑り込んだ。

[第一位]前野MANYMETS 7勝3敗 勝点54(前年:7勝3敗)

IKI Gグループ1位
◎7勝3敗0分
◎草野球チャンピオンシリーズ MIYABI 三回戦敗退(ベスト16)
◎スカイツ・レジェンドカップ 二回戦敗退(ベスト16)

シーズン中盤に3連敗があったが、シーズン終盤に怒涛の4連勝で一気に抜け出し、勝点54で見事リーグ優勝を果たした。

ただ、2019年はあと一本に苦しんだ1年であった。2018年は自慢の強打で圧倒する試合が多かったが、2019年は好機は作るものの適時打が出ない試合が続いた。しかし、シーズン後半から走塁の意識改革を試したためか調子が上向き、怒涛の4連勝で参加2年目にして初優勝を果たした。投手陣は森直樹(1)を中心に安定感があるため、打線の調子が戻れば2年連続リーグ優勝も見えてくる。

[第二位]Madrush 3勝4敗3分 勝点49(前年:7勝3敗)

IKI Gグループ2位
◎3勝4敗3分
◎草野球チャンピオンシリーズ IKI 二回戦敗退(ベスト32)
◎スカイツ・リベンジカップ 初戦敗退

このグループで雨天中止が1番多い5試合もあったが、終盤に2日連続で試合を組みギリギリ10試合消化を達成し2位に。ただ、2018年の7勝3敗から成績が落ち込み、3勝4敗3分と負け越してしまった。

打線の波が大きいシーズンであった。8試合目のように上位から下位まで満遍なく安打を放ち、打線が繋がり勝利する試合もあったが、10試合目のように走者を出すものの3安打しか打てず敗戦した試合もあった。ただ、これは雨天中止が多く調整が難しかったためだと思われるので、2020年は順調に試合を組むことができれば巻き返してくるだろう。

[第三位]けちゃっぷ 4勝4敗1分 勝点45(前年:-)

引き分けを挟んでの4連勝で3位キープを遂げたけちゃっぷ

引き分けを挟んでの4連勝で3位キープを遂げたけちゃっぷ

IKI Gグループ3位
◎4勝4敗1分

新規参加で不慣れな部分もあり開幕3連敗スタートだったが、慣れてくると徐々に持ち直し4勝4敗1分のイーブンに。ただ、9試合しか消化できず惜しくも3位となった。

2018年9月から始動したチームのため、シーズン序盤は失策や与四死球が目立ち3連敗と苦しいスタートだった。しかし、20代が中心の若いチームということもありメキメキと力をつけ、4試合目に初勝利を挙げると引き分けを挟んで4連勝を達成。特に6試合目の 前野MANYMETS 戦では、投打に安定感を見せ10-3で勝利している。この調子を2020年も維持できれば、どこのリーグになっても優勝候補筆頭だろう。

[第四位]茗荷谷カインズ 3勝7敗 勝点26※規約違反2試合(前年:-)

規約違反に泣いた茗荷谷カインズ

規約違反に泣いた茗荷谷カインズ

IKI Gグループ4位
◎3勝7敗0分

新規参加で始動が6月からだったものの、積極的に試合を組み4位となった。規約違反は日付間違いとユニフォームの相違である。

チーム紹介では、年齢が18~20歳くらいとのこと。そのため、ミスで負けてしまう試合もあったが、3試合目のように打線が爆発して勝つ試合もあった。

6試合目に対戦した ケンズ の金山 訓兵(1)オーナーによると「俊足揃いで、もしもっと足を絡められていたら、ケンズが主導権を握ることはできなかったと思います」とのこと。俊足揃いの ケンズ からそう見えるということは、潜在能力がかなり高そうだ。2020年は走塁面の意識を高く持てば、一気にリーグ優勝まであるかもしれない。

[第五位]SBC 3勝1敗 勝点22(前年:2勝3敗)

IKI Gグループ5位
◎3勝1敗0分

初戦こそ準備不足で敗れてしまったが、その後は打線が活発で3連勝。3勝1敗と勝ち越してシーズンを終了した。

2019年もEBISAWA(22)の好投が光った。3試合で21回を投げ、与四球はたったの1個のみ、もちろん与死球は0個である。被安打はイニング以上打たれているが、抜群の制球力と緩急自在の投球でチームを牽引した。チームの都合で月1ほどしか試合を組めないらしいが、試合数が増えればAクラスに入る実力があるチームである。

[第六位]Guts 0勝1敗 勝点4(前年:1勝3敗)

IKI Gグループ6位
◎0勝1敗0分

2019年は1試合しかできず0勝1敗で6位に。どうやら人数集めに苦労しているようで、その試合も不慣れなポジションの影響か失策が多くなり敗戦してしまった。

こんな記事も読まれています

[2019シーズン NOBIRI D 総括]SENGOKU「クラス昇格後も強さ健在。リーグ戦デビューイヤーを優勝で飾る。」 投稿:2020年1月6日  Total:726 view

[2019年タイトル総括・NOBORI投手編]タイトル獲得者はすべて参加3年目以内のチームから!オーシャンズ・喜多村治郎(14)は最多投球回!侍EXECUTIVE・KENZABURO(20)は二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:715 view

[2019年タイトル総括・MIYABI打者編]大激戦のMIYABI打者編!太陽ライジンズからタイトル獲得者が3人も!? 投稿:2020年1月24日  Total:656 view

[2019年タイトル総括・NOBORI打者編]好調4チームの選手がデットヒート!Albatross・佐藤大介(21)が最多盗塁!三軒茶屋ダイマース・お鍋沢公思(9)が二冠達成!! 投稿:2020年1月6日  Total:575 view

[2019年タイトル総括・MIYABI投手編]HYBRIDS・クロカワ(96)が二冠を達成!東京シャイニングスターズのエースは最多奪三振のタイトル獲得!! 投稿:2020年1月24日  Total:539 view

[2019年タイトル総括・SATELLITE打者編]ハイレベルなSATELLITE打者編!チーム創設第一号となるメモリアル弾を放ったBlue Oceansの奥山(9)が首位打者獲得! 投稿:2020年2月13日  Total:517 view

[2019シーズン MIYABI E 総括]!新規参加の桐陰フェニックスが勝点52ながら4位!他のグループなら3位もあり得た!? 投稿:2020年1月14日  Total:490 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Madrush
1しゅーへー

裏方担当

206595 view

2

Brains
99福岡 未来

■Brainsの応援部隊として、AVモデルプロダクション『Space Replicant』時代に大沼が育てた娘が、大沼に恩返しをするべくチームマスコットとして参戦!
一度、城北中央公園野

194405 view

3

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区軟式野球連盟「

185529 view

4

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

159149 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

129531 view

8

銀座チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

118212 view

9

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

10

恵比寿モレーナ
998Sagi

勝利の女神。応援に来た試合は全て勝利とチームに勢いを与えるマドンナ的存在。対戦相手はまずマネージャーの存在を確認すべきです。(笑)

43886 view

351

view

サテライトシリーズ

11/4(月)[日韓代表チームを応援に行こう!]来場者プレゼントは抽選で総額5万円の旅行ギフト券が当たります!