[D2 MIYABI、IKIリーグ戦総括 2022年9月]10試合完走が続々のD2クラス!?ブラックルシアンズ、TRIDENT IBISは共に5勝4敗1分の勝点51となり暫定首位でシーズン終了!!

 | 2022年11月4日

"台風襲来などで雨天中止が多かった9月、東京スカイツリーグのD2クラスはシーズン最終盤へ向けて試合を組むチームが多くなっていた。そんな中でもD2クラスは10試合完走したチームが出てきており、ブラックルシアンズ、新規参加の TRIDENT IBIS は共に最終戦を快勝し暫定首位でシーズンを終えた。

では、そんなD2クラスの9月を総括してみたい。"

[D2 MIYABI B]ブラックルシアンズは最終戦に勝利し暫定首位で10試合完走!!MKI BaseBall Clubは27点を奪い大勝!!

ブラックルシアンズ は9月に入り1勝、合計5勝4敗1分の勝点51で10試合完走し暫定首位でシーズン戦を終えた。
9月17日の 東京南海Z団 戦では1点ビハインドの初回裏、林(13)からの4者連続適時打もあり4点を奪い逆転に成功。
するとその後も打線の勢いが止まらず、宮腰(38)、林(13)に本塁打が飛び出すなど、この試合は12点を奪う。
投手陣は宮腰(38)→田村(9)→松永(43)のリレーで反撃を封じ、12-3で勝利した。
他リーグと比べるとMIYABI Bは大混戦となっており、他チーム次第でAクラスもBクラスもあり得る。

MKI BaseBall Club は9月に入り1勝、合計4勝1敗の勝点28で7位につけた。
9月17日の CHUTORO 戦は1点ビハインドの二回表、連続押し出しなどで一挙8点を奪い逆転に成功。
すると三回表、松崎(6)の満塁本塁打など打線が繋がり大量19点を奪い、この試合は計27得点となる。
投手陣は曽我部(21)、藤中(16)の2投手が打たせて取る投球で好投し、27-2で大勝した。
今シーズンは1試合平均13.4点を奪うほど打線が好調なので、試合数が増えてくると順位を上げてきそうだ。

太陽ライジンズ は打線が繋がり1勝、合計5勝4敗の勝点46ながら得失点差で2位。
新規参加の 広島国際カープ は本塁打6本で快勝の1勝、合計5勝4敗の勝点46ながら得失点差で3位。
東京ぴーなっつ は先発全員得点で1勝、合計5勝2敗1分の勝点43ながら得失点差で4位。
ギャルソンジャイアンツ はシーソーゲームを制し1勝、合計5勝2敗1分の勝点43ながら得失点差で5位。
Tokyo Good Fielders は逃げ切りの1勝、合計5勝2敗の勝点38で6位。
yesmen は9月は試合が無かった。

ス・リーグ順位表B9月 勝-負-分1試合目2試合目3試合目4試合目2022年 勝-負-分勝点(違反)

太陽ライジンズ
中野区1勝0負0分
2-15
6勝4負0分52

ブラックルシアンズ
江戸川区1勝0負0分
3-12
5勝4負1分51

Tokyo Good Fielders
北区1勝0負0分
7-10
7勝2負0分50

広島国際カープ
中央区1勝0負0分
3-17
5勝5負0分50

東京ぴーなっつ
目黒区1勝0負0分
3-24
6勝2負1分49

ギャルソンジャイアンツ
大田区1勝0負0分
5-10
5勝3負1分47

yesmen
杉並区0勝0負0分1勝9負0分37(-6)

MKI BaseBall Club
墨田区1勝0負0分
27-2
4勝1負0分28

[D2 IKI A]文教スパッツは花塚(3)の2打席連続本塁打などで15点を奪い大勝!!ケンボウズは終盤に突き放し逃げ切り勝ち!!

文教スパッツ は9月に入り1勝、合計7勝2敗の勝点50ながら得失点差で2位につけた。
9月10日の 村上パイレーツ 戦は初回表、花塚(3)、山野(22)の本塁打などで一挙6点を先制。
その後も打線の勢いは止まらず、花塚(3)の2打席連続本塁打などでこの試合は大量15点を奪う。
投手陣は花田(13)が3回無失点など5人の投手の完封リレーで、15-0で快勝した。
首位・Blue Radiants と勝点が並んでおり、残り1試合を勝利しないと優勝は厳しい。

ケンボウズ は9月に入り1勝、合計2勝5敗の勝点36で5位につけた。
9月10日の 滝野川スタリオン 戦は一進一退の攻防になり、三回終了時で4-2の2点リード。
しかし四回表、2番・小山(1)に3点本塁打が飛び出すなど5点を奪いリードを広げる。
するとエース・小山(1)は制球に苦しみながらも5回5失点(自責点4)と粘投し、10-5で逃げ切りした。
エース・小山(1)の好投は収穫になったようで、今後の巻き返しが期待できる。

新規参加の MONSTERS は逃げ切り勝ちの1勝、合計6勝2敗の勝点44で3位。
新規参加の LINKERS は9月に入り1勝1敗、合計2勝6敗ながら規約違反があり勝点31で6位。
CHUTORO は投手陣の不調で1位、合計1勝2敗1分の勝点19で7位。
スガクラブ は9月から始動し1敗、勝点4で9位。
Blue Radiants、よっちーず、勝丼 は9月は試合が無かった。

ス・リーグ順位表A9月 勝-負-分1試合目2試合目3試合目4試合目2022年 勝-負-分勝点(違反)

Blue Radiants
杉並区0勝0負0分8勝2負0分56

文教スパッツ
埼玉県1勝0負0分
15-0
7勝3負0分54

MONSTERS
埼玉県1勝0負0分
7-2
7勝2負0分50

ケンボウズ
世田谷区1勝0負0分
10-5
4勝5負0分44

よっちーず
23区外0勝0負0分4勝4負0分40

LINKERS
世田谷区1勝1負0分
2-7

10-0
3勝6負0分37(-6)

CHUTORO
品川区0勝1負0分
27-2
1勝2負1分19

勝丼
江戸川区0勝0負0分1勝3負0分18

スガクラブ
中央区0勝1負0分
10-3
0勝1負0分4

[D2 IKI C]TRIDENT IBISは最終戦を快勝し暫定首位で10試合完走!!REDBANGSは激戦を再々逆転で勝利!!

新規参加の TRIDENT IBIS は9月に入り2勝2敗、合計5勝4敗1分の勝点51で10試合完走し暫定首位でシーズンを終えた。
9月17日の最終戦・築地レッドブックス 戦は1点リードの三回裏、HARUKI(46)の2点本塁打などで3点を奪いリードを広げる。
すると四回裏、KEN (27)の2点適時打などで5点を奪い、この試合は10得点。
投手陣はOHSAKA(18)が3回1失点(自責点0)、ISHII(2)が3回2失点(自責点0)と好投し、10-3で最終戦を勝利した。
他チームの動向次第だが、この成績だとAクラス入りできる確率が高い。

新規参加の REDBANGS は9月に入り1勝、合計5勝0敗4分の勝点50で2位につけた。
9月11日の 吉原オールディーズ 戦は2点ビハインドの二回裏、水野 優輝(6)、玉井 秀昴(4)の連続適時打もあり4点を奪い逆転に成功。
しかし再逆転された三回裏、嶋岡 北斗(10)からの3者連続適時打で3点を奪い再々逆転。
すると2番手で登板した水野 優輝(6)が相手打線の反撃を封じ、8-6でシーソーゲームを制した。
これで勝点50となり、残り1試合を勝ち負け関係なく消化すると暫定首位に立てる。

新規参加の ZOALDYECK はシーソーゲームの1分、合計4勝3敗1分の勝点41で4位。
ミッカボーズ は投打が噛み合い1勝、合計3勝3敗2分の勝点40で5位。
ケンズ は9月に入り1勝1敗、合計5勝2敗の勝点38で6位。
杉並DUCKS、Heroes、L.spirit、高円寺アッカ、EIKEN は9月は試合が無かった。

ス・リーグ順位表C9月 勝-負-分1試合目2試合目3試合目4試合目2022年 勝-負-分勝点(違反)

REDBANGS
江東区1勝0負0分
6-8
6勝0負4分56

TRIDENT IBIS
練馬区2勝2負0分
3-10

7-3

0-7

5-7
5勝4負1分51

杉並DUCKS
杉並区0勝0負0分7勝2負0分50

ミッカボーズ
23区外1勝0負0分
0-11
4勝3負2分46

ZOALDYECK
江東区0勝0負1分
4-4
4勝4負1分45

Heroes
板橋区0勝0負0分6勝2負0分44

ケンズ
江東区1勝1負0分
5-8

6-18
6勝2負0分44

L.spirit
板橋区0勝0負0分4勝2負1分37

高円寺アッカ
杉並区0勝0負0分0勝5負0分20

EIKEN
板橋区0勝0負0分0勝2負0分8

こんな記事も読まれています

[MIYABI、IKI D2 リーグ戦総括 2022年2月]Blue Radiantsは野球未経験の下西 惣一郎(18)が開幕戦でノーヒットノーラン達成!!新規参加のZOALDYECKは点差以上に強い内容で勝利!? 投稿:2022年3月25日  Total:1023 view

[MIYABI、IKI D1 リーグ戦総括 2022年2月]C.C.Nationalsは打線好調で開幕2連勝!!スレイヤーズは若手とベテランがガッチリと噛み合う!? 投稿:2022年3月19日  Total:850 view

[MIYABI、IKI D2 リーグ戦総括 2022年3月]新規参加チームが好調!!ユナイツは2連勝、光が丘Walkersは2勝1分、広島国際カープは開幕勝利でともに首位!? 投稿:2022年4月8日  Total:836 view

[MIYABI、IKI D3 リーグ戦総括 2022年3月]古豪チームが続々勝利!!HYBRIDSは逃げ切り、渡辺WINSは守備が安定、パワーオブザゴリラーズはチーム一丸で勝利!! 投稿:2022年4月8日  Total:787 view

[MIYABI、IKI D1 リーグ戦総括 2022年4月]D1クラスは新規参加チームが躍動!!Meerkatsはまたも『終盤のミーア』を発揮し3勝目!今シーズン3勝はすべて逆転勝ち!? 投稿:2022年5月16日  Total:748 view

[MIYABI、IKI D3 リーグ戦総括 2022年2月]逆転勝ちが多いD3クラス!!村上パイレーツは最大3点差、横浜T-BREAKERSは最大7点差をひっくり返しともに開幕戦勝利!! 投稿:2022年3月25日  Total:722 view

[NOBORI リーグ戦総括 2022年5月]Bye-Bye MASUTANIは白井(77)の逆転サヨナラ本塁打で開幕勝利!!YAKITORI RAKUDAは打線好調でス・リーグ得点記録を狙える!? 投稿:2022年6月17日  Total:721 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

C.C.Nationals
66大森

ツボにはまれば長打を打てる捕手で第2代C.C.Nationals新人王受賞(近藤と同時受賞)
2018の大半をカナダへ留学(もとい、MLB観戦旅行)していた。
一時期から体

50782 view

2

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#BRAINS 0)
■三鷹市軟式野球連盟「ブルーパーズ」(2003~2005)、杉並区軟式野球連盟「オールマックス」(2005~2007)、豊島区

48942 view

3

Aspens
29ゆめか

Aspensを支える美人マネージャー(本人談)。
趣味は休日にカフェを巡ることと読書(多分)。

44065 view

4

ギャルソンジャイアンツ
4ズッシー

年に1度、芯で打った時の飛距離はチームNo.1のスラッガー。オレンジ色の木製バットにこだわりを持ち、毎年買い替えて愛用しているが、チームメイトからはビヨンドを使えばすぐに4番を打てるのに…と陰口を叩か

43859 view

5

Aspens
16日野

アスペンズの主砲。怪我持ちだがユーティリティプレイヤー。2022年は三冠王とると息巻いているが果たして。

34470 view

6

Aspens
1秋山

Aspens監督兼「左の」エース。
2022年エース剥奪。仕方ないのでバットとグラウンド取得と出欠管理で貢献する。

22615 view

7

渡辺WINS
15阿部

2021年度期待の新戦力!!

17330 view

8

大田ブルーウェーブ
1森本遥斗

色気のあるプレーで多くの女性を魅了する走攻守三拍子揃った天才イケメンエース!昨年は最多勝に最多奪三振を獲得、打撃では不動の3番として君臨し華麗な遊撃守備を披露。一目でわかる華と実力でチームを引っ張る!

16864 view

9

PALYBALLS
10ノブ

★チーム創設メンバー
■2016年11月入団
■可能性の獣
*オタク×野球の象徴!
■推しメン:
・篠塚つぐみ/プレイボールズ

16627 view

10

アオイハル
11松島 大進

13038 view

198

view

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手