【2018シーズン IKI H 総括】オーシャンズ「スカイツリーグ参戦初年度からエンジン全開で9勝1敗と他を圧倒して初優勝!」

オーシャンズ・清水政史(77) | 2019年1月16日

常勝軍団となったオーシャンズ

グループHもグループGと同じく所属6チームすべてが10試合消化を達成した優秀なグループとなった。ただし、中身はこちらの方がよく、4チームが勝ち越しとレベルは高かった。優勝は参戦初年度ながら9勝1敗と無敵の強さを発揮したオーシャンズ。

昨シーズンまで2シーズン連続で最多奪三振王のタイトルを獲得した好投手池貝竜哉(21)を擁するチームフミハナは、スカイツリーグ参戦4シーズン目で初めてリーグ戦を勝ち越しを達成したが、ハイレベルグループに所属してしまった不運で、残念ながら4位で終わってしまった。

リーグ順位表を見る

[第一位] オーシャンズ 9勝1敗0分 (前年:-)

オーシャンズの年間リーグ成績

オーシャンズの年間リーグ成績

リーグ参戦初年度から9勝をあげてリーグ優勝したオーシャンズは、改めて内容を振り返ってみると「強い!」のひと言で表現出来る戦いっぷりであったことが分かる。スカイツリーグデビューとなったリーグ戦の開幕試合では1-0の接戦でMARVELLを下し、4戦目のミッカボーズ戦では19-5と攻撃陣が威力を発揮して圧倒。

5戦目のGBC戦は4-3、7戦目のSBC戦は2-1と、ともにアルファベット3文字のチーム名とのゲーム2試合は1点差で勝利。締めくくりとなった10戦目のザ・チキンハーツ戦では13-0と投打に相手を圧倒、といった内容だ。さて、参戦2シーズン目の来シーズンはどこまで強くなるのか。大いに楽しみだ。

オーシャンズのリーグ成績を見る

[関連URL]
[チームランキング2018 防御率編] オーシャンズがチーム防御率1.52を記録!ツインリバーズは歴代三位に!
連勝オーシャンズ撃沈。。。波乗りチームを粉砕したチームKeiの「コミニュケーション」と「準備」の勝利(Muay Thai Oceans 3 対 6 チームKei)

[第二位] Albatross 8勝2敗0分 (前年:-)

Albatrossの年間リーグ成績

Albatrossの年間リーグ成績

グループHは2位も参戦初年度のAlbatrossが確保し、1,3位も含めて今シーズンからスカイツリーグに参戦してきたチームが上位を独占した。ちなみにAlbatrossの8勝2敗という戦績も大変素晴らしい。それ以上の成績を残したオーシャンズがいたために不運にも2位に甘んじたが、力的には優勝チームと何ら変わらないという評価が妥当である。

ちなみに今シーズン負けた2試合のうち、1試合は強豪ボードベースボールクラブとの戦いで、その試合でも2-6の劣勢から終盤に3点をあげ、1点差まで迫ってボードベースボールクラブにしぶとく食い下がっている。

Albatrossのリーグ成績を見る

[第三位] Aspens 7勝2敗1分 (前年:-)

Aspensの年間リーグ成績

Aspensの年間リーグ成績

上位3チームがいずれもリーグ参戦初年度のチームとなったグループHにおいて、3位に頑張ったのがAspensだ。このチームの7勝2敗1分けいう戦績も2位Albatross同様に大変素晴らしく、ローレベルグループならば楽々と優勝している勝敗だ。参戦初年度の今シーズンは、4月末時点までは4試合を消化して2勝2敗。

しかし5月以降は1分を挟んで5連勝でリーグ戦を戦い終えた。このような好成績を残しただけに当然来シーズンも大いに注目したいチームである。

Aspensのリーグ成績を見る

[第四位] チームフミハナ 6勝4敗0分 (前年:3勝6敗1分)

チームフミハナの年間リーグ成績

チームフミハナの年間リーグ成績

チームフミハナには2016年と2017年に連続して最多奪三振王のタイトルを獲得した池貝竜哉(21)いう好投手がいる。ただ、彼がいながらチームの勝ち星は昨シーズンまではあまり伸びず、2015年にスカイツリーグに参戦してきて以降、リーグ戦で勝ち越したことは昨シーズン終了時までは一度もなかった。ただし、今シーズンは待望のリーグ戦初の勝ち越しを達成。

好成績もあと一歩及ばなかったチームフミハナ

好成績もあと一歩及ばなかったチームフミハナ

順位は4位に終わってしまったが、今シーズンは貧打に泣いた昨シーズンから一転し、1試合平均得点が8点近くを記録した打線の奮起も明るい材料だった。尚、エース池貝竜哉(21)は今シーズンは奪三振の数は前2シーズンから減らしてしまったが、リーグ戦5勝3敗の成績を残し、リーグ戦チーム6勝のほとんどを稼いでチームの勝ち越しに大いに貢献した。

チームフミハナのリーグ成績を見る

[関連URL]
【投手編】ス・リーグ昨季タイトルホルダーたちの現在の成績を徹底検証!チームフミハナのエース池貝の奪三振数はけた違い!?
[CC 2017 一回戦]怖い怖いチームフミハナに、期待の新星東京ブルーフェザンツが挑む!カップ戦の頂点へ向けて難敵撃破だ!(東京ブルーフェザンツ 対 チームフミハナ)

[第五位] raVens 4勝4敗2分 (前年:5勝5敗0分)

raVensの年間リーグ成績

raVensの年間リーグ成績

2014年にスカイツリーグに初参戦して以降、raVensは昨シーズンまで4シーズン連続リーグ優勝という輝かしい実績を残していたが、残念ながら今シーズンは勝ち星も過去最低のシーズン4勝にとどまり、5位に転落してしまった。

ただし、昨シーズンは優勝と言っても今シーズン同様に貯金を作るには至っていなかったため、近年は参戦当初の勢いが鈍っていることは否めない。ちなみに今シーズンはリーグ戦10試合を戦って総得点が29と得点力不足に泣いた。2016年シーズンには同じ10試合消化で96点をあげていただけに、打撃力復活が待たれる来シーズンだ。

raVensのリーグ成績を見る

[関連URL]
[RC 2018 三回戦]両監督に聞く!スレイヤーズ・松井GM「平常心」 raVens 猫壱「全員震えています」
[公式戦レビュー]幻の行方が勝敗を分けた!完全復活を果たした山田が今後のraVensを照らし続ける!(吉原オールディーズ 0 対 2 raVens)

[第六位] PATRIOTS 2勝8敗0分(前年:4勝4敗0分)

PATRIOTSの年間リーグ成績

PATRIOTSの年間リーグ成績

リーグ参戦3シーズン目となった今シーズン、PATRIOTSはリーグ戦10試合を戦ったものの、残念ながら2勝しか出来なかった。初年度の1勝9敗から立て直して昨シーズンは4勝4敗で3位に食い込んだが、今シーズンは総失点が100点を超えたことも要因で最下位に終わった。ただし、キラリと光る試合もあった。

4月1日のケンズ戦だ。この試合は大乱戦となり、最終回となった4回に入る前の3回裏終了時点では7-11とPATRIOTSは敗色濃厚だったが、4回表に5点を奪って大逆転し、その1点を守り切って勝利した。ちなみにこの試合は両チーム合計8イニング中7イニングに得点が入るというノーガードの打ち合いのような試合でPATRIOTSは毎回得点。

唯一0を刻んだイニングが12-11とPATRIOTS1点リードで迎えた4回裏最終イニングのケンズの攻撃だっただけに、その4回裏の0点はPATRIOTSにとって非常に価値のある無得点イニングとなったわけだ。

PATRIOTSのリーグ成績を見る

[関連URL]
[FC 2018 準決勝]ソツなく加点したミッカボーズがPATRIOTSを下し決勝進出を決めた!
[FC 2018 準々決勝]勝てばベスト4!乱打戦を制するには四死球崩れを今すぐ止めろ!(PATRIOTS 対 道玄坂カクタス)

【関連記事】
【2018シーズン IKI F 総括】一番星「僅か得失点差6の差で同じ勝ち点のRIZINの後塵を拝して惜しくも4位に終わる」 投稿:2019年1月1日  Total:194 view
【2018シーズン IKI G 総括】GBC「リーグ参戦2シーズン目となった今シーズンを貯金6で戦い、初優勝を飾る」 投稿:2019年1月16日  Total:278 view
【2018シーズン IKI I 総括】東京 PERFECTS「リーグ参戦1年目ながら8勝1敗の好成績を残してみごとに優勝」 投稿:2019年1月16日  Total:296 view
【2018シーズン IKI J 総括】チーム・バビグリン「リーグ終盤に勝負強さを発揮し、2年連続でグループVを達成!」 投稿:2019年1月16日  Total:223 view
【2018シーズン IKI K 総括】埼京シティーボーイズ「首位まで勝ち点差4と健闘してリーグ参戦初年度から3位を確保」 投稿:2019年1月17日  Total:416 view
【2018シーズン IKI L 総括】WANDS「得失点差でBrainsを競り落としてきわどく初優勝を飾る」 投稿:2019年1月17日  Total:351 view

オーシャンズ 清水政史(77)のプロフィール

所属:オーシャンズ / 投打:右投右打 / 役職:
強肩強打のスーパールーキー!

詳細を見る

2019年のオーシャンズ・清水政史(77)の成績詳細

打撃成績















2019年04月14日埼京シティーボーイズ(○3-16)3番打者 - 四球 - 遊ゴ - 四球(1) - 左2(2)312010詳細
2019年04月07日Albatross(●5-1)4番打者 - 一飛 - 三ゴ000010詳細
2019年03月31日桐陰フェニックス(○4-16)4番打者 - 右2(1) - 中安 - 三ゴ121010詳細
2019年03月24日スレイヤーズ(○0-6)4番打者 - 左安(1) - 遊安(2) - 遊飛301000詳細
2019年03月24日Cadenza(△4-4)4番打者 - 四球 - 犠飛(1) - 三安111000詳細
2019年03月10日東京 PERFECTS(○3-4)4番打者 - 左安 - 左安010000詳細
2019年02月24日東京レオネス(○0-7)4番打者 - 遊ゴ - 右飛000000詳細

打撃成績・打撃結果の見方について

こんな記事も読まれています

[勝手にベストナイン 2018 MIYABI]ライター・Koyaが考えるMIYABI最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月6日  Total:1349 view

[逸材シリーズ 第一回]“ミスター完投” Z’s・山本剛 男がマウンドを守り続ける理由 投稿:2019年2月15日  Total:835 view

※1/5追記有り![2018 第一回スカイツ・ゴルフコンペ]野球だけじゃない!スカイツ参戦8チーム15名がナイスショット!初代優勝者はAbendsの柳田選手に決定!! 投稿:2019年1月5日  Total:791 view

[祝 SC優勝 2018]歴戦の監督陣がここ一番で本領発揮!“無敵艦隊”Z’s撃破で下馬評を覆し初代栄冠勝ち取る! 投稿:2019年2月7日  Total:745 view

[勝手にベストナイン 2018 IKI]ライター・Koyaが考えるIKI最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月7日  Total:644 view

[SC 2019 注目選手] 浮上するのみ!サテライト注目の5人の逸材を見よ! 投稿:2019年4月24日  Total:628 view

[勝手にベストナイン 2018 SATELLITE]ライター・Koyaが考えるSATELLITE最強布陣2018!選ばれし最強メンバーはこいつらだ! 投稿:2019年3月8日  Total:479 view

リーグ全体ではこの選手がよく見られています。

1

Brains
99福岡 未来

■T168cm B87(C) W58 H87
■出身地:熊本県
■特技:バスケットボール
■趣味:音楽・DVD鑑賞
■好きな食べ物:寿司

184274 view

2

Madrush
1しゅうへい

梅酒ロックジョッキから焼酎ロックへ

181665 view

3

東京オモスタイルズ
14MISA

G党のミサ。

166373 view

4

Brains
30大沼

■スカイツカントクJAPANメンバー(#0)
①1971.11.23生(176.85)②東京都 ③青山学院高等部ゴルフ部-文化学院(閉校)-ミラクルズ(1996・ドラフト外)-ブレインズ

154647 view

5

Dokant(ドカント)
54すぎちゃん

二子玉川が生んだ
ナイタイレジェンド
実写版凡田夏之介
He is NINJA !!

143004 view

6

東京オモスタイルズ
0UNO

私の名前はウノマリエのウノ。

130958 view

7

マガジンズ
32TAKEO

「伸びしろしか感じひんわ!」を合言葉に手にマメを作るバツイチ32歳。2011年以降のマガジンズ暗黒時代を知る監督。平日は人材業界に詳しいカエル系メディア編集長。

128806 view

8

野CUBE
999中村 俊子

頼りになるマネージャー兼オーナー

122760 view

9

ザ・チキンハーツ
76SORA

現役モデルです。

116843 view

10

ユーコーファイターズ
5海藤部長

昭和31年4月6日生まれ、今年還暦で東京都還暦野球連盟の2部(秋季より1部昇格)の日野オークスでもプレーをしています。生涯現役で野球をライフワークと思ってやっています。中学まで野球をしてました。やっぱ

105082 view

285

view

レジェンドカップ

サテライトシリーズ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!