【2018年 CS出場チーム分析】Pe Angels

IKI Bグループ

3 位

総合点
39 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (B)
.291
29位(123チーム中)
 (A)
8.00
19位(123チーム中)
 (A)
.449
24位(123チーム中)
 (B)
5.8回
21位(123チーム中)
 (S)
1.13
1位(123チーム中)
 (S)
1.33
2位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

Pe Angelsの戦力分析

Pe Angelsは前年のチャンピオンシリーズを優勝しているチームである。
従って今季も連覇は当然狙うところであり、2017年のリーグ戦では1敗もせずにリーグ戦を終えた。
ただし、リーグ戦上限の10試合に到達しなかったことが影響し、同グループ4位チームと僅か1点差というきわどい勝ち点差でぎりぎり3位に入ってシリーズ出場権を獲得した。
何と言ってもこのチームは1.33というチーム防御率が凄いチームで、この数字は122チーム中2位というレベルの高さだ。
よって1試合平均失点は122チーム中で一番少ない1.13となっている。
この投手力を生かし、チャンピオンシリーズ連覇に期待がかかるところだ。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
20178701649558.001.13100.0%

CS優勝への投手のキーマン

Pe Angelsの投手のキーマンはYOSHIMASAで異論ないだろう。
2017年はリーグ戦以外も含めて9勝2敗の成績を残し、防御率1.38は素晴らしい。
また、71イニングも投げたイニング数も高く評価したいところだ。
また、通算でも昨年終了時まで30勝6敗という戦績を残していることから、チャンピオンシリーズ連覇には彼の存在は欠かすことは出来ない。


YOSHIMASA(29)
4137 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
20171371(0)800920392751740017141.38

CS優勝への野手のキーマン

Pe Angelsの野手のキーマンには2017年は3~6番を打つことが大半だったNISHIMURAを推したい。
2017年はホームランは0だったが打率5割で6割近い出塁率を記録している上、11盗塁と足が使える点も魅力だ。
また、捕手としても強肩でガッツあるプレーでチームを引っ張る選手とのことなので、チャンピオンシリーズでも大いにチームを活気づかせて勝利に導きたいところだ。
尚、彼は2016年には1年で3塁打を3本も打ったことがある。


NISHIMURA(5)
1196 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20171134285143006110006021.5000.607 0.58800

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年はリーグ戦無敗ということで成績的には何も言うことはなく、「素晴らしい」のひと言である。

5戦目まではそのうち4戦が3得点以内と打線はあまり活発ではなかったが、投手陣が完封勝ち2試合を含め、5試合すべてで3点以内で失点を抑えたので4勝1分と一度も負けなかった。
そして7/22以降の終盤3試合はいずれも打線が2ケタ得点と爆発し、3試合とも13点差以上の大差をつけての大楽勝だった。

秋の長雨の影響はあったものの、上限の10試合をこなしていれば優勝の可能性はあっただけにやや3位という順位が惜しまれるシーズンであった。

Pe Angelsの試合結果(2017年)
第1試合
(4月22日)

パディーズ戦
1-0
詳細
第2試合
(4月29日)

GBC戦
3-3
詳細
第3試合
(4月30日)

新宿REDEYE戦
3-1
詳細
第4試合
(6月3日)

葛飾レイダース戦
7-1
詳細
第5試合
(6月24日)

HYBRIDS戦
3-0
詳細
第6試合
(7月22日)

不動前ECE戦
14-1
詳細
第7試合
(11月11日)

WashLegs戦
14-0
詳細
第8試合
(11月26日)

道玄坂カクタス戦
19-3
詳細
合計試合数:8 成績: 7 0 1

監督が語るCSへの展望

参加チームが増え、CSの試合数が増えることから、YOSHIMASAの登板過多をどう防ぐか?がカギになると思います。
2番手3番手の投手を出来るだけリーグ戦で投げてもらいYOSHIMASAを温存するか。。。
いつも通りの出たとこ勝負の全員野球で今年も乗り切るか。。。
やはりチームのモットーに掲げていますが「本気で遊ぶ!」貫いて欲しいと思います。
もちろん連覇を目指しますが、本気で遊んだ結果がそうだったら最高です。


・多忙の為、文章を考えるじっくり考える時間が無く回答に時間がかかっております、申し訳ないです。


GAKU(24)
1200 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!