【2018年 CS出場チーム分析】TOKYO SKYHAWKS

IKI Cグループ

1 位

総合点
38 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (S)
.398
1位(123チーム中)
 (S)
11.20
2位(123チーム中)
 (S)
.683
1位(123チーム中)
 (C+)
5.0回
29位(123チーム中)
 (B+)
3.20
13位(123チーム中)
 (C+)
4.02
44位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

TOKYO SKYHAWKSの戦力分析

TOKYO SKYHAWKSは2017年のリーグ戦を9勝1敗と貯金を8つも作って優勝した非常に強いチームである。
特にすごいのが打線で、打率.398と長打率.683は全122チーム中トップで、1試合平均得点も11.2点で2位となっている。
また、チーム防御率は4点台と目立たないが、1試合平均失点が3.2と少ないため、破壊力ある打線をバックにチームは貯金を8個も作ったのだ。
2017年リーグ戦9勝のうち、途中4試合連続2ケタ得点で勝利した期間もあり、調子の波に乗ると打線の勢いを止めるのが非常に相手にとっては難しいチームだといえるだろう。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
201710910112328011.203.2090.0%

CS優勝への投手のキーマン

TOKYO SKYHAWKSの投手のキーマンは昨年先発した4試合ですべて勝ち星をあげた西川だろう。
投げたイニング数は18イニングと多くないが、防御率1.56の数字も素晴らしい。
TOKYO SKYHAWKSは強力な打線をバックに投げられる精神的な有利さはあるとはいえ、防御率1点台はなかなかはじき出せるものではない。
また、18イニングで15奪三振を奪っているということで、ここぞの場面ではきちんと三振がとれる投手だという強みも魅力の投手だ。


西川 (1)
2019 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017618(0)2004001301510340441.56

CS優勝への野手のキーマン

TOKYO SKYHAWKSの野手のキーマンは2017年に打率.600を記録した寺本である。
寺本は主に3、4番を打ち、3本塁打20打点と主砲としての貫禄十分な成績を残しているので、彼がこのチームの打線の軸であることは間違いないだろう。
尚、2017年はリーグ戦以外も含めて8試合に出場しているが、打点を記録しなかったのはたった1試合である。
従ってチャンピオンシリーズでも彼の打撃には大いに注目したい。


寺本 (52)
1460 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20178302513154132020005010.6001.200 0.66704

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年は開幕からリーグ戦で1つも負けずに9連勝し、最終戦で惜しくも1敗を喫したが、文句のつけようのない成績でリーグ優勝を果たした。

初戦は7-6の接戦を制したが、2戦目以降は7-1、9-1、8-1とワンサイドゲームをモノにし、その後は4試合連続2ケタ勝利で連勝を8まで伸ばした。

最終戦で負けたとはいえ、この試合も9-10の接戦だっただけに、2017年のリーグ戦ではTOKYO SKYHAWKSは完敗という試合は1試合もなかったということが出来る。
チャンピオンシリーズでもこのチームの強さを見たいところだ。

TOKYO SKYHAWKSの試合結果(2017年)
第1試合
(6月3日)

葛飾レイダース戦
6-7
詳細
第2試合
(6月17日)

チームKei戦
7-1
詳細
第3試合
(6月24日)

東京シーガルズ戦
9-1
詳細
第4試合
(7月15日)

SLASH戦
1-8
詳細
第5試合
(7月22日)

LFD戦
9-13
詳細
第6試合
(8月26日)

INCIDENTS戦
14-1
詳細
第7試合
(9月16日)

ジェロニモ戦
21-0
詳細
第8試合
(9月30日)

野CUBE戦
2-16
詳細
第9試合
(11月11日)

ZERO ONE戦
1-8
詳細
第10試合
(11月18日)

Z’s戦
9-10
詳細
合計試合数:10 成績: 9 1 0

監督が語るCSへの展望

「自分はトーナメント優勝を狙ってるのに他のメンバーはトーナメントに対しての士気が低すぎる」と1月頃自分はチームの中での比較的年長メンバーに愚痴ってたことがありましたが、今はそれでいい気がしてます。

うちはリラックスしてればどんな凄いピッチャーでもガンガン打てるバッターが揃ってますし、何よりうちは去年リーグ戦9勝1敗という成績を残していて、CSは勝てば勝つほど強敵が出てくるとはいえ本当に有難いことにシード枠にも入れて4勝すれば優勝できるんですから

まぁそう上手くは行かないでしょうけどCS優勝ということを目標に掲げるよりCS4勝ということを目標に掲げたほうがリラックスしていい雰囲気で試合に望めてあわよくば優勝…を狙えるんじゃないかなと思ってます。

スカイツリーグに誇れる勝負強い4番がいます、ちっちゃい体から長打を打ちまくって客観的にチームを見ることもできる監督がいます。隙を見せたら何盗塁でもする機動力を持った男もいます。
リーグ戦9連勝したんですからトーナメントとは言え4連勝することも不可能ではないはずです。

「優勝しろ」とは言いません。4つ勝ちましょう。


遠藤 (25)
1181 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!