【2018年 CS出場チーム分析】三軒茶屋ダイマース

MIYABI Aグループ

2 位

総合点
27 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (B)
.290
30位(123チーム中)
 (C)
6.10
66位(123チーム中)
 (B)
.394
55位(123チーム中)
 (D)
3.5回
65位(123チーム中)
 (C)
4.70
35位(123チーム中)
 (C+)
4.16
48位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

三軒茶屋ダイマースの戦力分析

三軒茶屋ダイマースは2013年からスカイツリーグに所属しているチームだが、昨年2017年に初のリーグ戦勝ち越しを果たし、チームも2位に躍進した。しかも昨年は最終戦まで強豪ドンマイロックスと首位争いをしていたのだから、ようやくチーム力がついてきたチームだと言えるだろう。

2016年終了時点ではリーグ戦の通算成績が12勝18敗2分けと大きく負け越していたが、昨年は7勝3敗と貯金を4つ作ることが出来た。ちなみにこのチームは2014年に5勝5敗ながら同リーグの他チームが弱かったことにも恵まれてリーグ優勝した経験はあったが、チーム力としては貯金を作ってのチャンピオンシリーズ参戦となる今回のほうがはるかに高いということが言えるだろう。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017107306147146.104.7070.0%

CS優勝への投手のキーマン

投手陣のキーマンは昨年リーグ戦で4勝をあげたモイス中村ということになるだろう。防御率は3.63と平均的な数字だが、4勝全てを完投勝利で上げている点に注目したい。失点しても粘り強く投げ抜き、大きく崩れないという点から考えると、精神的にタフな左腕ではないかと思われる。

ただし、昨年はリーグ戦登板の5試合、27イニングで21四死球というのが少々気になる材料である。通算成績を見ても四死球が多いのがこのピッチャーの特徴であるのは分かるが、この点を改善すれば一皮むけた成長が期待出来るかもしれない。

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017634(0)400420280242220019173.50

CS優勝への野手のキーマン

野手のキーマンは主に3番、5番に入ることの多い小寺宏倫になるだろう。昨年のリーグ戦では16打数8安打の打率.500、9打点、6盗塁と、足もアピールしての活躍となった。

このチームはリーグ戦のチーム打率が.290だったことから、そのチーム打率をはるかに上回る成績を残した小寺の存在は頼もしい限りである。尚、この選手の好きな女性のタイプは兵頭ゆきだそうだ。


小寺宏倫(18)
1587 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20178241818100960013210.4440.500 0.54200

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年は三軒茶屋ダイマースにとって飛躍の年になったわけだが、結果から言えば強豪ドンマイロックスを倒してリーグ優勝をしたかったところだ。7勝2敗同士で迎えた11/4の最終戦直接対決にリーグ優勝がかかったわけだが、プレッシャーのかかった試合ではやはり優勝の常連であるドンマイロックスに一日の長があったということだろう。

ただし、強い相手と最後まで争ったことでチームのモチベーションも上がっているはずである。従ってチャンピオンシリーズでは一波乱起こすような活躍を期待したいところだ。

三軒茶屋ダイマースの試合結果(2017年)
第1試合
(6月10日)

ツインリバーズ戦
4-2
詳細
第2試合
(6月17日)

レパーズ戦
6-2
詳細
第3試合
(6月24日)

太陽ライジンズ戦
3-5
詳細
第4試合
(7月15日)

上京戦
4-12
詳細
第5試合
(7月23日)

東京オモスタイルズ戦
8-9
詳細
第6試合
(7月29日)

さしきオリオンズ戦
6-0
詳細
第7試合
(9月23日)

ZERO ONE戦
5-8
詳細
第8試合
(9月30日)

早稲田レッズ戦
11-6
詳細
第9試合
(10月1日)

TOKYO MONSTERS戦
6-2
詳細
第10試合
(11月4日)

ドンマイ・ロックス戦
1-8
詳細
合計試合数:10 成績: 7 3 0

監督が語るCSへの展望

創部6年目にして初めてのCS進出です。
勝っても負けても野球が楽しいチームでしたが、
勝つともっと楽しいという意識が出てきた2017年シーズンでした。

そんなチームですので、まずはCS1勝が目標ですが、
欲を言えば、ドンマイロックスと対戦する準決勝まで進めると、
大満足です。


稲中増田(10)
1198 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2017年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手