【2018年 CS出場チーム分析】ピグレッツ

IKI Bグループ

2 位

総合点
28 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (C+)
.281
42位(123チーム中)
 (B+)
7.90
21位(123チーム中)
 (B)
.393
58位(123チーム中)
 (D)
3.2回
72位(123チーム中)
 (C+)
4.10
27位(123チーム中)
 (B)
3.50
32位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

ピグレッツの戦力分析

ピグレッツは2017年リーグ戦の1試合平均得点が8点近くあったチームで、攻撃面に魅力のあるチームだ。
また、チーム防御率も3.50と悪くなく、1試合平均失点も4.1とほぼ得点の半分の失点に抑えている。
ただし、なぜかリーグ戦では5勝5敗の5割の成績で2位に甘んじた。
その理由の一つに、5勝のうち、20点以上得点して勝った試合が2試合もあるという点が挙げられる。
この2試合で合計46得点しており、これが1試合平均得点を押し上げているというわけだ。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017105507941387.904.1050.0%

CS優勝への投手のキーマン

ピグレッツの投手のキーマンは2017年に67イニングも投げた矢野パットンだろう。
勝敗は6勝6敗の五分だが、イニング数67というのは他チームのエースと比べても相当多い数字である。
チーム内で規定投球回数をクリアしたのが彼だけということを含めて考えても、彼がこのチームの投手陣の柱であることは万人が認めるところである。
ちなみに矢野パットンは2015年からの3年間合計で計168イニング投げ、15勝16敗で完投勝利10と非常にタフに投げている投手である。
従ってチャンピオンシリーズでもチームを上位に押し上げる活躍を期待したい。

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
20171267(0)4006606335021170054343.55

CS優勝への野手のキーマン

ピグレッツの野手のキーマンはカミソン上村を指名したい。
2017年は主に1~3番を打ち、4割を超える打率と5割5分を超える出塁率を記録しているのだから立派だ。
ホームランも1本放っているし、7盗塁している脚力も魅力の選手で、ピグレッツの上位打線には彼の名前は欠かせない存在だといえるだろう。
ちなみに彼は2017年にチームMVP(チーム独自で制定した賞か?)を獲得したそうだ。

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20171034241010201970018150.4170.625 0.55901

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年はリーグ戦で5勝したが、勝ち試合はなかなかバラエティに富んだ勝ち方をした点が何とも面白いチームである。
20得点以上を記録した試合が2試合あり、5/20の東京パイレーツ戦では3回と5回にいずれも1イニング8点を奪い、なんと24-1で圧勝した。

また、3/18のTokyo Good Fielders戦では8-7というシーソーゲームを制して勝っているし、4/22のSHO-GUN戦は10-0と完封勝ちを収めている。

盛り上がる勝ち方が多かっただけに同じ数の5敗を喫したのは残念だったが、それでもリーグ戦2位なのだから悲観することはないだろう。

チャンピオンシリーズでもひと暴れして欲しいチームである。

ピグレッツの試合結果(2017年)
第1試合
(3月11日)

イレギュラーズ戦
10-8
詳細
第2試合
(3月18日)

Tokyo Good Fielders戦
7-8
詳細
第3試合
(3月25日)

ドンマイ・ロックス戦
0-2
詳細
第4試合
(4月22日)

SHO-GUN戦
10-0
詳細
第5試合
(5月20日)

東京パイレーツ戦
1-24
詳細
第6試合
(6月24日)

王子Blitz戦
3-1
詳細
第7試合
(7月8日)

ピペッツ戦
3-1
詳細
第8試合
(9月30日)

武蔵台ARROWS戦
9-1
詳細
第9試合
(10月8日)

15ミニッツ戦
2-22
詳細
第10試合
(11月4日)

Cools戦
2-6
詳細
合計試合数:10 成績: 5 5 0

監督が語るCSへの展望

万年BクラスとCクラスの境界で争ってきた我々ですが、遂に棚ぼたで、CS進出権を手に入れました。
失うものは何もないので、下克上で優勝狙うのみです。

そう、桜庭くん、ここからはその気持ちが大事です。
「勝ちたい」という気持ちないならCSでなど戦うべきじゃない。今後の草野球人生を左右するほどの精神的ダメージを負いかねない。勝ちたいですか?

上村君、君がいて良かった。。。

小林君、そろそろ自分を信じていい頃だ...。今の君は十分あの頃を越えているよ。

大橋、お前のためにチームがあるんじゃねー
チームのためにお前がいるんだ!

坂下君、君はとりあえず日本一の営業マンになりなさい。

あいちゃん、キミは秘密兵器だからスタメンじゃないんです。

私はCSで広島をやぶった横浜のように、ラミちゃん並みのズバズバした采配していきますよ。
君たちは強い!!



その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2017年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手