【2018年 CS出場チーム分析】R'z

MIYABI Aグループ

3 位

総合点
27 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (E)
.236
99位(123チーム中)
 (A)
8.00
20位(123チーム中)
 (C+)
.361
78位(123チーム中)
 (B+)
6.0回
18位(123チーム中)
 (C)
4.70
36位(123チーム中)
 (C)
5.06
60位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

R'zの戦力分析

R'zは2014年からこのスカイツリーグに所属しているチームで、2017年までは、毎年リーグ戦の上限である10試合を消化し、マネジメント力という点からみれば非常に優れたチームであると評価が出来るだろう。リーグ戦通算40試合で勝敗は18勝18敗4分けとちょうど5割の勝率をマークしている。勝ったり負けたりということで、2014年以降、リーグ戦では5,2,3,3位と順位は推移している。4年間で3度3位以内に入っており、悪い成績とは言えないが、リーグ戦以外で出場したチャンピオンシリーズやチャレンジカップではすべて初戦敗退となっており、現時点では爆発的なチーム力があるとは言えない現状となっている。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017106318047338.004.7066.7%

CS優勝への投手のキーマン

R'zの投手陣での頼りは昨年リーグ戦で4勝2敗1Sの成績を残した加藤紀ということになるだろう。防御率4.49とそこそこ失点は覚悟しなければならないものの、10試合中9試合に登板し、1試合でセーブも記録していることから、状況にとって2番手以降でもマウンドに上がれる点がチームとしては心強いところだ。また、昨年は自己最多の34イニングを投げたため、チャンピオンシリーズでの活躍が楽しみである。


加藤紀(9)
1648 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017934(1)200421423141635034224.53

CS優勝への野手のキーマン

野手のキーマンは1番安藤に注目したい。R'zは投手のキーマンにあげた加藤が打者としても非常に活躍していて、2017年は打率、打点部門でチームトップの成績であったのだが、1番安藤も.444という高打率と14盗塁という快速でチームにとってなくてはならない存在である。2017年の初戦となった2/4には、4度出塁してその全てでホームに返って得点を記録したことがあるだけに、そのような活躍をチャンピオンシリーズでも期待したいところだ。


安藤(8)
1087 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20171031201190117141009210.4500.700 0.64521

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年のR'zのリーグ戦は、残暑真っただ中であった8/26に早々に終了した。リーグ規約違反によっての勝利が3試合もある異例のシーズンとなったが、同リーグの上位2チーム(ドンマイロックスと三軒茶屋ダイマース)が11/4までリーグ戦を戦ったことを考えると、最終的な順位の行方が他力本願になってしまったわけであるが、貯金を3つ作ってリーグ戦の上限数を消化していたということで3位安全圏は確保していたという評価は出来るだろう。過去に一度もリーグ戦以外の試合で初戦突破が出来ていないだけに、まずは今回のチャンピオンシリーズで初戦を突破し、黒歴史に終止符を打ちたいものである。

R'zの試合結果(2017年)
第1試合
(2月4日)

FAツインズ戦
5-15
詳細
第2試合
(4月22日)

Tokyo Good Fielders戦
4-10
詳細
第3試合
(4月29日)

東京リボーン戦
16-3
詳細
第4試合
(5月6日)

SHO-GUN戦
10-3
詳細
第5試合
(6月17日)

ピペッツ戦
0-10
詳細
第6試合
(6月24日)

プレアデス戦
2-6
詳細
第7試合
(7月15日)

チームKei戦
10-0
詳細
第8試合
(7月29日)

ジェロニモ戦
6-6
詳細
第9試合
(8月19日)

spベアーズ戦
0-10
詳細
第10試合
(8月26日)

東京アクアホークス戦
4-7
詳細
合計試合数:10 成績: 6 3 1

監督が語るCSへの展望

ありがたいことに何だかんだと3年連続での出場となります。
これも忙しい合間を縫って参加してくれているメンバーのおかげです。
この場を借りてお礼を言わせてもらいます。
今年も相手は強いですが何とか1勝をもぎ取りましょう!


岩永(6)
1130 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!