【2018年 CS出場チーム分析】K.B.F.Cイーグルス

MIYABI Jグループ

3 位

総合点
29 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (G)
.000
29位(123チーム中)
 (D)
5.90
72位(123チーム中)
 (G)
.000
29位(123チーム中)
 (G)
.0回
29位(123チーム中)
 (C+)
4.20
29位(123チーム中)
 (S)
0.00
29位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

K.B.F.Cイーグルスの戦力分析

K.B.F.Cイーグルスは2017年のリーグ6勝4敗と貯金を2つ作った。
同グループに強いチームが集まっていた関係で3位に甘んじたが、きっちりとリーグ戦上限の10試合を消化したマネジメント力も評価出来るし、貯金2というのもまずまずの成績だ。
ただし、部門別成績を振り返ってみると、打撃力がパッとしなかった点が少々残念だ。
チーム打率.224は122チーム中109位、長打率も.305で111位だった。
ただし、それでも1試合平均失点を上回る平均得点5.9の得点能力があるのだから、少ないチャンスを着実にものにする攻撃が出来るチームなのだろう。
尚、投手力は比較的安定しており、2017年のチーム防御率3.68は122チーム中37位であった。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017106405942175.904.2060.0%

CS優勝への投手のキーマン

K.B.F.Cイーグルスで投手のキーマンと言えば昨年4勝、防御率2.19の圷ということになるだろう。
4勝のうち3完投というのも評価出来る数字の上、被本塁打が0だという点も見逃せない。
38イニング投げて29奪三振はなかなかの数だが、16与四球は少し多く、多少気になる。
ただし、3年で14勝をあげて毎年2点台の防御率にまとめているということで、四球は出しながらも抑えるというのが圷の投球パターンというふうに考えれば問題ないだろう。


圷(15)
2922 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017738(1)300420290291624018122.21

CS優勝への野手のキーマン

チーム打率が低いK.B.F.Cイーグルスにおいて、2017年に打率.385をマークした大和田がこのチームの野手のキーマンとしてふさわしいだろう。
打順は主に1番として出場し、4割近い打率と4割5分を超える出塁率がチームに与えた貢献度はかなり高い。
また、1番打者ながらホームランも1本放っていることから、ツボにはまれば長打も期待できる選手だということで、チャンピオンシリーズでも注目したい選手である。


大和田(3)
1679 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20171130261310121750004002.3850.692 0.46700

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

チーム打率は低いが、2017年リーグ戦では2度2ケタ得点で勝った試合もあるのだから、少し対戦相手のピッチャーが弱くなればそこに付け込む野球が出来るチームだと言えるだろう。
また、初戦が2-0で完封勝ち、10戦目が4-3での1点差勝利と、僅差でも勝てている点にも好感が持てる。
5戦目終了時点で4勝1敗と優勝も狙える勢いだったが、その後2勝3敗とやや足踏みし、リーグ戦は3位にとどまったが、上限数の10試合をきちんとこなした点は評価したいところだ。

K.B.F.Cイーグルスの試合結果(2017年)
第1試合
(2月19日)

L.spirit戦
0-2
詳細
第2試合
(3月12日)

チーム・バビグリン戦
9-2
詳細
第3試合
(3月20日)

Hangover's戦
3-19
詳細
第4試合
(3月25日)

イレギュラーズ戦
3-9
詳細
第5試合
(4月22日)

MAヤンキース戦
3-5
詳細
第6試合
(4月30日)

Aqours戦
5-1
詳細
第7試合
(5月20日)

さしきオリオンズ戦
3-5
詳細
第8試合
(6月3日)

雑魚軍戦
7-11
詳細
第9試合
(7月9日)

シェイカーズ戦
4-3
詳細
第10試合
(7月15日)

スレイヤーズ戦
3-4
詳細
合計試合数:10 成績: 6 4 0

監督が語るCSへの展望

漫画のような奇跡の快進撃を起こした一昨年から一転昨年は残念ながら初戦で敗退してしまいちょっと寂しかったですね。
今年はまた心機一転、ユニフォームやメンバー構成も少し変わって、また1から再スタートのシーズンです。
まずは三年連続でCSに出場できる有り難みを忘れずに、ひとつ一つ楽しみながら戦っていきたいです。

チームメンバーのみなさん!大事な試合にしっかり集まれるように、スケジュール調整!よろしくお願いいたします!


北沢 猛(30)
1886 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2017年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手