【2018年 CS出場チーム分析】L.spirit

IKI Fグループ

2 位

総合点
27 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (D)
.259
69位(123チーム中)
 (B)
7.30
39位(123チーム中)
 (C+)
.369
74位(123チーム中)
 (A+)
7.1回
9位(123チーム中)
 (B)
3.60
16位(123チーム中)
 (A)
2.66
18位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

L.spiritの戦力分析

L.spiritは2017年のリーグ戦を7勝2敗1分の成績で戦い、勝ち点55は優勝したBBジャンキーズと全く同じであったが、得失点差の関係で惜しくも2位に終わった。
ただし、貯金5を作ったということで当然ながら高い評価をするのが妥当なところであろう。
投打の成績を見てみると、チーム防御率2.66というのが目を引く数字である。
この防御率は122チーム中18位ということで、必然的に1試合平均失点も3.6と低い(これは122チーム中16位)。
また、攻撃面では盗塁の数が多いのが目立つ数字である。
1試合平均盗塁7.1個は122チーム中9位ということで、足を生かした機動力が魅力のチームでもあるといえるだろう。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017107217336377.303.6077.8%

CS優勝への投手のキーマン

L.spiritの投手のキーマンには森下を指名したい。
彼は2017年は主にリリーフで登板した投手で、21イニングを投げて2.67と安定した投球を見せている。
勝ち星は1勝だが21イニングで35奪三振を奪っているということで、潜在能力の高い投手だということが出来るだろう。
チャンピオンシリーズともなればシビアな場面での投球も想定されるだけに、厳しい局面で三振がとれる森下の存在はチームにとって非常に心強い。


森下(27)
1032 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017621(0)100111913515390982.67

CS優勝への野手のキーマン

野手のキーマンは打率が高い上に足もある横山だ。
彼は2017年、出場全試合でトップバッターに起用され、打率.500、盗塁17を記録している。
また、快速を生かして放ったヒット14本中、3塁打が4本もある点にも注目したい。
L.spiritは投手力がいいだけにこの横山が出塁してかき回し、数多く生還することが出来ればおのずと得点する機会が増えていき、チームの勝利も増えていくというわけだ。
従ってチャンピオンシリーズでも打と足に大いに注目したい選手である。


横山(0)
871 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20179342813142407170014110.5000.857 0.55900

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年のリーグ戦は連敗スタートと少々躓いたスタートになったが、3戦目以降は1引き分けを挟み、7連勝で最終の10戦目まで一度も負けることなくリーグ戦を戦い終えた。

勝った7試合で最も点差が接近したのが3点差(9/24Labyrinth戦の9-6)で、その他はいずれも4点差以上をつけての比較的楽な勝ち方ばかりであった点がこのチームの特徴の1つである。

投手力がいいだけに大量失点の可能性が少ないこともこういった安定的な戦いが出来る要因だと考えられるだろう。
チャンピオンシリーズでも投手力を軸に勝ち進んでいきたいものである。

L.spiritの試合結果(2017年)
第1試合
(2月19日)

K.B.F.Cイーグルス戦
0-2
詳細
第2試合
(4月30日)

PALYBALLS戦
4-6
詳細
第3試合
(6月11日)

マガジンズ戦
8-3
詳細
第4試合
(7月2日)

日本橋裏本町軟式野球部戦
7-7
詳細
第5試合
(7月9日)

城東ルーキーズ戦
5-1
詳細
第6試合
(8月27日)

St.Donalds戦
8-2
詳細
第7試合
(9月24日)

Labyrinth戦
9-6
詳細
第8試合
(10月1日)

マジョリカフーズ戦
16-5
詳細
第9試合
(11月5日)

raVens戦
9-2
詳細
第10試合
(11月12日)

道玄坂カクタス戦
7-2
詳細
合計試合数:10 成績: 7 2 1

監督が語るCSへの展望

2年目で初めての参加なので、相手チームの情報も少なく、まったく手探りの状況です。
うちの場合は、得点力が高く無いので、おそらく、投手の出来次第だと思います。
そのため、僅差で勝ち上がるしか無いかなと思います。対戦相手となるチームの皆様、対戦時はよろしお願い致します。


あお(10)
481 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!