【2018年 CS出場チーム分析】Slammer's

MIYABI Hグループ

1 位

総合点
35 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (S)
.337
9位(123チーム中)
 (A+)
8.90
11位(123チーム中)
 (S)
.506
9位(123チーム中)
 (D)
3.7回
60位(123チーム中)
 (C+)
4.10
28位(123チーム中)
 (B+)
3.24
28位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

Slammer'sの戦力分析

2017年に初めてリーグ優勝したSlammer’sSlammer’sは昨年2017年、スカイツリーグ参戦3年目にして初のリーグ優勝を果たしたチームである。このチームは2015年からこのリーグに参戦し、初年度3位、2年目2位と順調に上位に顔を出していたので、2017年の優勝は実力的に考えても当然の結果と言えるものである。

ちなみに2017年はチャンピオンシリーズでもベスト4まで進出しており、強豪相手に互角に戦える力も持っているチームということが出来るだろう。2015年は5勝5敗の勝率.500だったが、その後2年はいずれも7勝3敗でスカイツリーグ3年間のリーグ戦通算で8つ貯金を作っているのも素晴らしいが、3年間いずれもリーグ戦上限の10試合を消化しているマネジメント力も大いに評価したい点である。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017107308941488.904.1070.0%

CS優勝への投手のキーマン

Slammer’sの投手のキーマンは昨年リーグ戦3勝、リーグ戦以外でも3勝の合計6勝をあげた伊家村新一であろう。

リーグ戦では6試合に投げて3勝1敗1セーブで防御率2.19の成績を残しており、先発でも抑えでも結果を残している点も何とも心強い投手である。また、リーグ戦以外も含めると38イニング投げて奪三振33というのもなかなか素晴らしい投手である。

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
20171138(0)200631323332132031162.95

CS優勝への野手のキーマン

野手のキーマンには主に3番を打つ月野順州をあげたい。2017年のリーグ戦だけの成績をみても、打率は.556と非常に高いし10打点ををあげていてランナーのいる場面でもきっちりと結果を残している選手だ。

また、ホームランは0ながらリーグ戦では放ったヒット10本のうち5本が2塁打ということで、長打が期待出来る点も心強い。右中間方向へ打球を放つ技術に優れた選手とのことなので、彼の打棒でチャンピオンシリーズでチームを上位に導いて欲しいものだ。


月野 順州(6)
1398 view

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
201711353111136001320004050.4190.613 0.48630

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年のリーグ戦は初戦をスリリングな0-1というスコアで落としたものの、2試合目には19-0という大差で勝って両極端の戦い方でシーズンがスタートした。4試合終了時で1勝3敗と負けが先行してもたついたが、5試合目以降徐々に本来のSlammer’sの戦い方が戻ってきて、結局リーグ戦最終戦となった10試合目まで1度も負けずに6連勝でリーグ戦を戦い終えた。

ちなみに6連勝の中には13-6、17-3、10-2と2ケタ得点を奪って大勝した試合が3つ含まれていることから、少し投手力の弱いチームと当たれば、持ち前の打撃力がいかんなく発揮されるチームという印象を残した戦い方でもあった。

Slammer'sの試合結果(2017年)
第1試合
(4月23日)

Brains戦
1-0
詳細
第2試合
(5月14日)

Hangover's戦
0-19
詳細
第3試合
(5月28日)

葛飾レイダース戦
6-3
詳細
第4試合
(5月28日)

raVens戦
8-3
詳細
第5試合
(6月11日)

ザ・チキンハーツ戦
13-6
詳細
第6試合
(7月30日)

中ドラ戦
3-17
詳細
第7試合
(8月20日)

Jakays戦
6-8
詳細
第8試合
(8月27日)

Werewolf戦
8-9
詳細
第9試合
(11月5日)

シェイカーズ戦
1-7
詳細
第10試合
(11月26日)

TOKYO MONSTERS戦
2-10
詳細
合計試合数:10 成績: 7 3 0

監督が語るCSへの展望

やるからには・・・ズバリ!優勝!!
と言いたいところですが、冷静に自チームの実力値を分析するとランキング上位チーム様との差はまだまだあるので、昨年以上の成績を残せればいいなぁ~と言うのが本音です。
昨年はベスト4というかなり奇跡的な成績でしたが、メンバー全員調子に乗らず地に足付けて、今年も1戦1戦目の前の試合に全力で挑みます!
今年1年間を通じて、皆さんに「少しは歯ごたえが出てきたな!」と言ってもらえるようなチームになれればと思っています!どうぞ宜しくお願いいたします!!


SYOU(130)
642 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!