【2018年 CS出場チーム分析】MuddyWaters

MIYABI Kグループ

2 位

総合点
26 / 50
打率
1試合平均/2017年
得点
1試合平均/2017年
長打率
1試合平均/2017年
盗塁
1試合平均/2017年
失点
1試合平均/2017年
防御率
1試合平均/2017年
 (E)
.249
79位(123チーム中)
 (C)
6.20
64位(123チーム中)
 (C+)
.361
77位(123チーム中)
 (D)
3.4回
69位(123チーム中)
 (B+)
3.30
14位(123チーム中)
 (C)
4.92
57位(123チーム中)
(さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく) (さらに詳しく)

MuddyWatersの戦力分析

Muddywatersは2017年のリーグ戦6勝3敗1分で2位に入ったチームである。
このチームがには少々珍しい特徴がある。
それはチーム防御率が4.92と5点近いにもかかわらず、1試合平均失点が3.3の少なさであるという点だ。
失点に関しては122チーム中14位とかなり上位にランクされていることから、失点を少なくしながら勝っていく戦い方をするチームだといえるだろう。
ちなみに打撃面に関しては、チーム打率.249が122チーム中80位、長打率も.361は122チーム中76位となっているので高くはない。
試合数 勝数 負数 引分 総得点 総失点 総得失差 平均得点 平均失点 勝率
2017106316233296.203.3066.7%

CS優勝への投手のキーマン

Muddywatersの投手のキーマンは昨年チームで唯一規定投球回数に達したミタニーだろう。
勝敗は2勝3敗と負け越しているものの、チーム防御率より1点以上少ない3.67でまとめているのだからなかなか優秀である。
21イニング投げて24奪三振というのも魅力を感じる点で、肝心な場面で三振がとれる点は強みだといえるだろう。


ミタニー(20)
1584 view

試合投球回完投勝利無四球完投完全試合勝利敗北セ-ブ被安打被本塁打奪三振与四球与死球暴投ボ-ク失点自責点防御率
2017621(0)100230201241933019113.67

CS優勝への野手のキーマン

Muddywatersの野手のキーマンには昨年主にクリーンアップを打ち、.417の打率を残したボミー能重である。
この選手は2015年の打率が.240だったが、2016年.379、そして昨年が.417と毎年打率を上げてきている選手だけに、今後もさらなる打撃力向上が期待される選手である。
昨年は出場試合数が前年の約半分の7試合に減ったのが少々残念だが、2013年に3本塁打を放っているように長打も期待出来るだけに、チャンピオンシリーズでも注目したい選手だ。

年度試合打席数打数得点安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併殺打打率長打率出塁率失策美技
20177191245100320014210.4170.500 0.57910

CSへの出場権を獲得するまでの道のり

2017年は貯金を3つ作ったMuddywatersだが、1試合0-0で引き分けた試合がある。

それは5/7の新宿REDEYE戦だ。新宿REDEYEは2017年リーグ戦を8勝1敗で優勝しているチームだが、そこのエースであるあきら投手とMuddywatersのはせP-投手が互角に投げ合い、7回までお互いにマウンドを譲らずに投げぬいての引き分けとなった。

この試合、はせP-はあきら投手の7奪三振を上回る13の三振を奪ったが、味方打線の援護がなく引き分けに終わった。
ただし、強豪チームと互角に戦えたということからもこのチームの力が証明されたともいえるだろう。

その他の試合は6勝3敗と余裕で貯金を作ったが、それはいわば当然の結果とも言えるのである。

MuddyWatersの試合結果(2017年)
第1試合
(3月12日)

ミッカボーズ戦
2-3
詳細
第2試合
(3月18日)

不動前ECE戦
0-10
詳細
第3試合
(5月7日)

新宿REDEYE戦
0-0
詳細
第4試合
(5月27日)

WANDS戦
7-8
詳細
第5試合
(6月4日)

ギャルソンジャイアンツ戦
8-3
詳細
第6試合
(7月2日)

MARVELL戦
1-12
詳細
第7試合
(7月30日)

YAKITORI RAKUDA戦
4-1
詳細
第8試合
(9月16日)

DLNプロパティーズ戦
7-6
詳細
第9試合
(10月8日)

チームポアンカレ戦
12-2
詳細
第10試合
(11月18日)

東京アクアホークス戦
7-2
詳細
合計試合数:10 成績: 6 3 1

監督が語るCSへの展望

一昔なら「優勝だあ!」なんて言えましたが、例年の連戦、年もとり、期待してた若手はことごとく去り、身体ぼろぼろで
ちょっとトーナメントを戦える状態でなく、できればサテライトで和気あいあい昔のスカイツリーグのように戦いたいっす
(大泣)

しかし、少しでも結果が出れば、何かしら湧き上がるもんが出て以外と頑張れるかもしれませんが????

な、何・・このCSの組み合わせ!!?オイオイ!なんじゃあ日大三高と東海大菅生と早実に囲まれた、都立高校のような、夢も希望もないトーナメント表は!!!!?????????

夢も希望もあるわけない、や~~~~~~ん!!!!!!!!!ず~~と雨降ればいいじゃあああああああ


KIKU(14)
1413 view

その他のCS出場チーム(2018年)

サテライトカップ

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!

「スカイツリーグ月間ベストナイン賞」受賞選手

2018年 草野球ワールドシリーズ特設サイトOPEN!